VDI クライアントのレジストリ設定

最終更新日:

レジストリキーを使用すると、VDI セットアップのトラブルシューティングやパフォーマンスを微調整できます。 レジストリキーやサブキーがない場合、新しく作成することもできます。 レジストリキーを作成または編集した後、Zoom クライアントを再起動すると、変更が有効になります。 レジストリキーをトラブルシューティング以外の用途に使用することは、おすすめしません。 特に LogLevel 値を変更すると、不要なファイルが大量に生成される可能性があります。

別途注記されている場合を除き、リストに含まれるレジストリキーはすべて、HKEY_LOCAL_MACHINE(HKLM) ハイブや HKEY_CURRENT_USER(HKCU)ハイブで動作します。 Zoom が現在のユーザー ディレクトリ内、ローカル コンピュータのディレクトリ内の順にキーを確認します。 HKLM ハイブと HKCU ハイブでキーが同一の場合、HKCU ハイブの値が使用されます。 キーを有効にするには、仮想マシンのレジストリ テーブルで設定する必要があります。

追加設定が必要な場合、VDI クライアントが AutoUpdate スイッチを除く MSI スイッチにも応答します。

レジストリキー

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: ServiceUnavailableTipMsg
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明: VDI プラグインを使用できないとき、管理者が定義したメッセージを表示します。 ない場合や文字列値が空の場合は、デフォルトのメッセージが使用されます。文字列値が空でない限り、発生したエラーすべてで、所定のエラー メッセージが表示されます。
コメント: レジストリ テーブルの文字列型で改行はサポートされません。 ユーザーが改行を必要としている場合は、改行を示す「\n」を使用してください。 コンテンツの文字列長は 1024 以内に収める必要があります。超えると設定の読み取りが失敗します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: ShareSubscribeFps
値の種類: DWORD
値の説明: ユーザー定義のサブスクリプション共有用フレームレートです。 取りうる値は 1 または 5 です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: ShareCaptureFps
値の種類: DWORD
値の説明: ユーザー定義の画面キャプチャ用フレームレートです。 取りうる値は 1~5 の任意の数です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: EnableDifferentVersionTip
値の種類: DWORD
値の説明: VDI クライアントと VDI プラグインのバージョンが一致しないときのエラー メッセージ表示をこの値で有効または無効に切り替えます。 ゼロ(0)の場合は、バージョンが一致しなくても警告メッセージが表示されません。その他の値では 1 が表示されます。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: UDPPortBegin, UDPPortEnd
値の種類: DWORD
値の説明: ユーザーが指定した UDP 接続時のポート範囲です。 開始ポートの範囲は(1000、64000)、終了ポートの範囲は(1100、65000)で、終了開始は 100 未満にすることはできません。

: 同じ VM マシンを共有するユーザーが複数いる場合は、1 人のユーザーに割り当てられている 8 つのポートを推奨します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: DisableBoostPowerScheme
値の種類: DWORD
値の説明: 無効にする場合は値として 1 を指定します。 値ゼロ(0)を指定します。ほかの値を指定しても有効にはなりません。 この設定は、CPU が 2 コア以下のシンクライアントにのみ適用されます。 デフォルトでは、この設定が設定されていないか 0 に設定されている場合、vdi クライアントはシンクライアントの電源設定を高パフォーマンス モードに設定します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: FallbackMode
値の種類: DWORD
値の説明: 次のように数字はそれぞれ特定の 1 モードに対応しています。
(1)通常モード(普通の Zoom クライアントと同様に動(4)作)
(2)画面共有型ミーティングとして実行(オーディオとビデオはデフォルトでミュート)
(3)ミーティングや参加ができないことを伝えるポップアップを表示
(4)エラー メッセージを伝えるダイアログを表示。 ユーザーがプロンプトを閉じたとき Zoom アプリが終了。 
(5)ビデオが無効。
(6)ビデオと共有が無効。
(7)ビデオとコンピューター オーディオが無効。
コメント: レジストリ設定が設定されていない場合のデフォルト モードは 1 です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: LogLevel
値の種類: DWORD
値の説明: 次のとおり値でログの出力が決まります。
(0)ログ出力なし
(1)エラーログを出力
(2)警告ログを出力
(3)情報ログを出力
(4)すべてのログを出力
コメント: ゼロ(0)に設定されている場合、Null ログファイルが生成されている可能性があります。
毎回、VDI プラグインの初期化手順のログが作成されます。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
: AllowEnableLog
値の種類: DWORD
値の説明
(0)ユーザーがログを有効にできない
(1)ユーザーがログを有効にできる
コメント: ユーザーは LogLevel を追加することで、HKCU\Software\Zoom\VDI\Config からのログを有効にできます。 AllowEnableLog が 1 に設定されている場合、ユーザーはこの場所で、MaxLogFileSize と MaxLogCount も使用することができます。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
値:
LogReserveHours
値の種類:
DWORD
値の説明:
持続時間(時間数)のログが維持されます。 数値として設定
コメント
: 0 に設定します。設定されていない場合、その後は制限がありません。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
値:
LogReserveSize
値の種類:
DWORD
値の説明:
保持するログファイルの合計サイズ(MB 数)。 数値として設定
コメント
: 0 に設定します。設定されていない場合、その後は制限がありません。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
値:
MaxLogFileSize
値の種類:
DWORD
値の説明:
MB 単位で 1 から 100 までの値。
コメント:
Windows のシンクライアントに適用可能です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
値:
MaxLogFileCount
値の種類:
DWORD
値の説明:
8~50 の値。
コメント:
Windows のシンクライアントに適用可能です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI 
値: DisableUDPBridge
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)制限
(1)VM とシンクライアントの間で UDP 接続のデータ ストリーム転送不可
コメント: シンクライアントが UDP で仮想デスクトップの VM に接続できない場合、このキーの値を 1 に設定すると、ミーティング参加プロセスが迅速化する可能性があります。 シンクライアントでこのキーが設定されると、VM の設定は上書きされることになります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: DisableICABridge
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)無制限
(1)ICA 接続でのデータ ストリーム転送不可
コメント: シンクライアントで MMR にアクセスできず、シンクライアントから VM への UDP 接続を使用できない場合は、このキーの値を 1 に設定していると、「ユーザーの Zoom 設定とネットワーク ステータスどおりに Zoom プラグインでサーバーにアクセスすることができません」というメッセージが表示され、ミーティングの参加や開始を試みても成功しません。 シンクライアントでこのキーが設定されると、VM の設定は上書きされることになります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: DisableMMRDirect
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)無制限
(1)シンクライアントでの MMR への接続不可
コメント: ネットワーク ファイアウォールでシンクライアントから Zoom MMR への Zoom 接続プロセスが無効になっている場合、このキーを 1 に設定すると、ミーティング参加手順が迅速化する可能性があります。 シンクライアントでこのキーが設定されると、VM の設定は上書きされることになります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: AudioAECLevel
値の種類: DWORD
値の説明:
(1)シンプルな AEC
(2)高度な AEC
コメント: デフォルトの値は 1 です。 高度な AEC はシンプルな AEC よりも高品質のオーディオを提供しますが、シンクライアントでより多くの CPU パワーを使用します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: SortBuddyMaxCount
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)会社のメンバーがソートされます。
(x)数が設定された値以下の場合、会社のメンバーがソートされます。
コメント:

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: PingServerFromThinClient
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)VDI VM からの ping。
(1)シンクライアントからの ping。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: IncompatibleTipMsg
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明: ユーザー定義文字列
コメント: 組織内のヘルプデスクのプロセスに合わせ、ミーティングの互換性がないというメッセージを設定します。 デフォルトのメッセージは「Zoom Media プラグインにはミーティングとの互換性がありません。システム管理者にご相談ください」です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: FallbackModeTipMsg
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明: VDI プラグインを使用できず、フォールバック モードが 1、2、5、6、または 7 に設定されているとき、ユーザーが定義したメッセージを表示します。 このレジストリ キーが存在しない場合や文字列値が空の場合は、ダイアログ メッセージは表示されません。
コメント: レジストリ テーブルの文字列型で改行はサポートされません。 ユーザーが改行を必要としている場合は、改行を示す「\n」を使用してください。 コンテンツの文字列長は 1024 文字以内に収める必要があります。超えると vdi クライアントによる設定の読み取りが失敗します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: MinPluginVersion
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明: 2.1.5~最新
コメント: 既存のシンクライアント プラグイン導入に合わせてバージョンを設定します。 この設定のデフォルト バージョンは 2.1.5 です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: ForceWallView3x3
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)デフォルト値です。 720HD を使用して、5x5 を使用するかどうかを判断します。
(1)3x3 を強制的に使用します。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\Meetings
: DoTComplianceMode
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)デフォルトどおりエフェクトなし
(1)ミーティング中は終始、ビデオが強制的にオンになり、ユーザーによるビデオ無効化は不可。 ユーザーによるオーディオのオンとオフの切り替えは可能
(2)ビデオとコンピュータのオーディオが無効。 電話でのダイヤルインまたはアウトのみが可能。 PMI ミーティングの場合、ホストは、電話とコンピュータのオーディオ設定を確認してから開始する必要があります。 ホストが PMI 上で有効にしている場合、VDI クライアントはコンピュータ オーディオを有効にします。
コメント: このキーは HKLM ハイブで使用する必要があります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\Meetings
: HideAdvancedSettings
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)デフォルト値です。 詳細設定が表示されます。
(1)詳細設定が非表示になります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\Meetings
: AlwaysShowVideoPreviewDialog
値の種類: DWORD
値の説明: 1
コメント各ユーザーがビデオをオンにしてミーティングに参加する前に、ビデオ プレビューに本人の姿が表示され、参加に当たりビデオのオン / オフを指定するオプションが提示されます。 このキーを HKLM ハイブで使用する必要があります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\Meetings
: DisableDirectConnectionPK
値の種類: DWORD
値の説明
コメント: ミーティングへのログイン / 参加に関連する要求にのみ影響があります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: AllowPluginDSCPMarking
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)DSCP マーキングがプラグイン トラフィックにありません(アカウントで有効になっている場合)。
(1)DSCP マーキングをプラグイン トラフィックに追加する。
コメント: プラグイン サイドでこれが機能するには、DSCP マーキング が Zoom ウェブポータルで有効になっている必要があります。

キー: SOFTWARE\WOW6432Node\Zoom VDI\PerInstall
値: uniquedatadir
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明: 「YES」という文字列を使用すると、%appdata%\zoomvdi\data パス内の固有のフォルダーが有効になります 
コメント: 該当するデバイスのユーザー プロフィールに特化して固有のデータ フォルダーを有効にするには、この設定を設定します。

キー: SOFTWARE\WOW6432Node\Zoom VDI\PerInstall
: DisableDirectConnection2Web
値の種類: 文字列値(REG_SZ)
値の説明:
コメント: REST API に関連するすべてのウェブ サービスに影響があります。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: DisableShareOffload
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)VDI ビュー共有がオフロードする。
(1)VDI ビュー共有がオフロードしない。
コメント:
デフォルトの値は 0 です。 値 1 は単純な判断方法を使用します。 共有を表示する時に、ウィンドウをすばやく移動しても、共有ウィンドウに遅延はありません。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: EnableShareAudioSound
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)「サウンドを共有」オプションが非表示になります。
(1)「サウンドを共有」オプションが表示されます。
コメント:
デフォルト値は 0 です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: EnableOptimizeForVideo
値の種類: DWORD
値の説明:
(0)「ビデオ クリップ用に最適化」オプションが非表示になります。
(1)「ビデオ クリップ用に最適化」オプションが表示されます。
コメント:
デフォルト値は 0 です。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
値: EnableWMIProvider
値の種類: DWORD
値の説明: VDI クライアントでインプロセス WMI プロバイダーを有効にするには、値 1 を指定します。 値としてゼロ(0)を指定するか、プロバイダーを無効にする場合は使用できません。

キー: SOFTWARE\Policies\Zoom\Zoom Meetings\VDI
: DSCPValueForAudio、DSCPValueForVideo
値の種類: DWORD
値の説明:
両方の値は、適用される DSCP タグに設定する必要があり、1~63 の間である必要があります。そうでない場合は Zoom ウェブポータル(アカウント設定)の値が設定されます。 この値が設定されている場合はアカウント設定が上書きされ、ユーザーがアカウントにログインする必要はありません。
コメント: オーディオとビデオ に DSCP タグを適用します。 デフォルト(ビデオの場合は 40、オーディオの場合は 56)以外の値を使用する場合、DSCP タグには管理者特権が必要であり、VDI クライアント トラフィックにタグを付けるために「EnableIndependentDataPort」キーが 1 に設定されます。

 

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。