Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

ブレイクアウト ルームに参加者を事前に割り当てる フォローする

概要

ミーティングのホストは、ミーティングのスケジュールを設定する時に、ミーティング参加者をブレイクアウト ルームに分割できます。 この分割操作は、参加者をどのように分割するかをすでに知っている場合に便利です。

また、ミーティング中にブレイクアウト ルームを管理することもできます。

この記事の内容:

前提条件

  • 事前割り当てオプションが選択された状態で、ブレイクアウト ルームが有効
  • ミーティングに対してエンドツーエンド暗号化が無効になっている
  • ホスト:
    • Windows または macOS の Zoom デスクトップ クライアント バージョン 5.3.0 以降
      : Linux クライアントまたは Zoom モバイルアプリからミーティングを開始した場合、事前に割り当てられた参加者がいるブレイクアウト ルームを表示することはできません。
  • 参加者:
    • Zoom デスクトップ クライアントまたはモバイル アプリ バージョン 5.3.0 以降 もしくは
    • ウェブ クライアント
      : 事前割り当てを使用してミーティングに参加する場合、参加者は、事前割り当てを適用するために、事前割り当てに使用されるメールアドレスに関連付けられた Zoom アカウントにサインインする必要があります。 サインインしていない場合または別のアカウントでサインインしていない場合、事前割り当ては適用されません。 

使用上の制限

  • 事前に割り当てることができるのは、Zoom アカウント(内部または外部の Zoom ユーザー)を持つ参加者のみです。
  • 外部の Zoom ユーザーである参加者を事前に割り当てるには、CSV ファイルをインポートします
  • 最大 200 名の参加者をブレイクアウト ルームに事前割り当てできる。
  • 定期的なミーティングをスケジュールした場合、事前に割り当てられたブレイクアウト ルームは、定期的なすべてのミーティングに適用されている場合にのみ機能します。 定期的なアイテム内の 1 つのミーティングを編集して、一意の事前割り当てを適用することはできません。
  • Zoom Rooms を事前割り当てることはできません。 ミーティング中に Zoom Rooms をブレイクアウト ルーム にのみ割り当てることができます。

ウェブポータルを使用したブレイクアウト ルームへの参加者の事前割り当て

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] と [ミーティングをスケジュール] をクリックします。
  3. ミーティングのオプションセクション内で、[ブレイクアウト ルームの事前割り当て] を選択して、[ルームを作成する] をクリックします。
  4. [ルーム] の横にあるプラスボタン をクリックして、ブレイクアウト ルームを追加します。
  5. 名前を変更するには、右側のパネルのデフォルトのブレイクアウト ルーム名にカーソルを合わせ、鉛筆ボタン をクリックします。
  6. [参加者の追加] テキスト ボックスで、内部参加者を名前またはメールアドレスで検索するか、または外部ユーザーのメールアドレスを手動で入力し、Enter キーを押して、参加者をブレイクアウト ルームに追加します。
  7. (オプション)次のオプションを使用して、ブレイクアウト ルームと参加者を編集します。
    • 参加者のメールアドレスをクリックしてドラッグし、並び順を変更します。
    • 参加者の名前にマウスを重ねると、参加者を別の部屋に移動したり、現在のルームから削除したりするためのオプションが表示されます。
    • ブレイクアウト ルームを削除するには、左側のパネルでルーム名にマウスを当て、ゴミ箱アイコン をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。

CSV ファイルを使用して参加者をブレイクアウト ルームに事前割り当てを行う

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] と [ミーティングをスケジュール] をクリックします。
  3. [ミーティングのオプション] セクション内で、[ブレイクアウト ルームの事前割り当て] を選択して、[CSV ファイル からインポート] をクリックします。
  4. 記入可能な サンプル CSV ファイルをダウンロードするには、[ダウンロード] をクリックします。
  5. Microsoft Excel などのスプレッドシート ソフトウェアで CSV ファイルを開きます。
    : 内部(同一アカウント内)または外部(同一アカウントではない)の Zoom ユーザー を指定できます。
  6. [事前割り当て済みルーム名] 列にブレイクアウト ルーム名、および割り当て済みの参加者のメールアドレスを [メール アドレス] 列に入力します。
  7. ファイルを保存します。
  8. ウェブポータルでファイルをドラッグ アンド ドロップします。
    Zoom は、メールアドレスに Zoom アカウントがあることを確認します。

ブレイクアウト ルームの割り当ての編集

ブレイクアウト ルームに参加者を事前に割り当て済みの場合は、ミーティングを開始する前に割り当てを編集できます。

: ミーティング中にブレイクアウト ルームを管理することもできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ミーティング] をクリックし、編集するミーティングをクリックします。
  3. ブレイクアウト ルームセクションで、[詳細を表示] をクリックします。
  4. 必要に応じて、ブレイクアウト ルームを編集します。 詳細については、前のセクション を参照してください。
  5. [保存] をクリックします。

事前割り当て済みのブレイクアウト ルームでのミーティングの開始

  1. ブレイクアウト ルームに事前に割り当てられた参加者とのミーティングを開始します。
  2. ミーティング コントロールの [ブレイクアウト ルーム] をクリックして、作成したブレイクアウト ルームにアクセスします。
    :
  3. [すべてのルームを開く] をクリックして、ブレイクアウト ルームを開始します。

割り当て済みのブレイクアウト ルームへの復元

ブレイクアウト ルームを開始した後、以前に指定したブレイクアウト ルームの割り当てに復元できます。 これは、ミーティング中にブレイクアウト ルームを変更した場合や、ミーティングに参加した後や、ミーティングを開始した後に、事前に割り当てられた参加者がミーティングに参加している場合に便利です。 

  1. ブレイクアウト ルームに事前に割り当てられた参加者とのミーティングを開始します。
  2. すべてのブレイクアウト ルームを終了するには、[すべてのルームを閉じる] をクリックします。
  3. [再作成] 、 [事前に割り当てたルームに復元] の順にクリックします。 
    参加者は、ミーティングのスケジュール時に指定したブレイクアウト ルームに再編成されます。

ブレイクアウト ルームの管理の詳細情報をご覧ください。

Powered by Zendesk