固定電話のプロビジョニングの概要

最終更新日:

この記事では、Zoom Phone 卓上電話機のプロビジョニングを始める上でのポイントを説明します。 プロビジョニング プロセスの概要と、詳細を知るための関連記事へのリンクを提供します。

以下の固定電話のプロセスにしたがってください。

  1. 対応する固定電話を探す方法
  2. 固定電話を Zoom ウェブポータルに追加する方法
  3. プロビジョニングのプロセスを開始する方法
  4. プロビジョニング済み電話機のカスタマイズ方法
  5. プロビジョニングの問題のトラブルシューティングを実行する方法
  6. ゼロタッチ プロビジョニング URL

(1)対応する固定電話を探す方法

Zoom Phone は、Polycom、Yealink、Cisco、AudioCodes などの様々なモデルに対応します。 これらのモデルは、一部の電話機能のみサポートしていることにご留意ください。

: お使いの電話機がゼロタッチ プロビジョニングをサポートしていることを確認してください。

(2)固定電話を Zoom ウェブポータルに追加する方法

サポートしている固定電話を用意したら、まず電話を Zoom ウェブポータルに追加します。

: 新しい電話を初めて起動する前、または以前に使用した電話を出荷時設定にリセットする前に、必ず電話機を Zoom ウェブポータルに追加してください。 電話機のモデル名と MAC アドレスは、電話機の下部または背面にあるラベルに記載されています。

(3)プロビジョニングのプロセスを開始する方法

電話機に応じて、2 つのプロビジョニング方法があります。

ゼロタッチ プロビジョニング

ゼロタッチ プロビジョニング対応の電話機の場合は、電話機のウェブ インターフェースを設定せずに電話機を自動でプロビジョニングできます。

  • 使用歴のある電話機は、プロビジョニングをトリガーするために工場出荷時設定にリセットする必要があります。 指示に従って、Polycom または Yealink デバイスを工場出荷時設定にリセットしてください。
  • お使いの電話機が開封したばかりの新品のものであれば、ゼロタッチ プロビジョニングは自動的にトリガーされます。

:

  • 電話機が数回再起動し、プロビジョニングが完了します。 プロビジョニング完了後、電話機のファームウェアが最新のサポート バージョンに自動更新されます。
  • ゼロタッチ プロビジョニングのファイア ウォールのルールを確認するには、Poly または Yealink のサポートサイトを参照してください。

補助プロビジョニング

ゼロタッチ プロビジョニングに問題が発生する場合や、お使いの電話機が非対応である場合は、次の手順を実行する必要があります:

  1. 電話機を工場出荷時設定にリセットし、電話機のファームウェアをアップグレードします。 Polycom または Yealink の指示にしたがってください。
  2. 電話機のウェブ インターフェースにアクセスし、プロビジョニングを設定します。 Polycom または Yealink の補助プロビジョニングの指示にしたがいます。

: プロビジョニング完了後、Polycom と Yealink 電話機のファームウェアが最新のサポート バージョンに自動更新されます。

プロビジョニング済み電話機のカスタマイズ方法

プロビジョニング完了後、次の方法で電話機をカスタマイズできます。

管理者またはユーザー

管理者専用

プロビジョニングの問題のトラブルシューティングを実行する方法

固定電話をプロビジョニングできない場合は、次のトラブル シューティングをお試しください。

  • ゼロタッチ プロビジョニングのファイアウォールのルールを確認するには、Poly または Yealink のサポートサイトをご覧ください。
  • 卓上電話機が Zoom Phone 対応であることを確認してください。 一部の Polycom の旧バージョンモデルは Zoom Phone 非対応であることをご留意ください。
  • もう一度指示にしたがってデバイスを工場出荷時設定にリセットし、最新のファームウェアをインストールしてください( Polycom または Yealink の記事を参照)。 お使いの電話機が古いファームウェアの場合、プロビジョニングの完了が妨げられる可能性があります。
  • デバイスによる ZTP サーバーへの接続が切断された場合、そのデバイスを再同期できます。
  • プロビジョニングを完了するときに、別のプロビジョニング サーバーが電話と通信しないようにしてください。
  • 補助プロビジョニングを使用する場合は、正しい補助プロビジョニング URL をコピーして入力していることを確認してください。
  • Polycom デバイスのプロビジョニングに問題がある場合は、そのデバイスが販売終了モデルではないことを確認してください。 このようなモデルは Zoom Phone をサポートしません。
  • Polycom SoundStation IP 6000 のプロビジョニングに問題がある場合は、当社の補助プロビジョニングガイドを参照してください。
  • 問題が解決しない場合は、Zoom サポートにお問い合わせください。 固定電話からログをエクスポートするように求められる場合があります。 PolycomYealink の記事を参照してください。

ゼロタッチ プロビジョニング URL

ほとんどの認定デバイスは、製造会社をベースとした単一の ZTP URL を使用しています。

製造会社 ZTP URL

AudioCodes

https://provpp.zoom.us/api/v2/pbx/provisioning/audiocodes
Poly https://provpp.zoom.us/api/v2/pbx/provisioning/polycom
Yealink https://provyp.zoom.us/api/v2/pbx/provisioning/yealink

 

: 単一の ZTP URL は Poly OBi シリーズ ATA や D230 DECT フォンではサポートされていません。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。