Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

Zoom オンプレミス導入 フォローする

概要

Zoom オンプレミス導入を利用すると、組織の社内ネットワーク内にミーティングコネクターの仮想マシンを導入できます。 その際、ユーザーおよびミーティングのメタデータについては、引き続き Zoom パブリック クラウドで管理されます。 ただし、すべてのミーティング トラフィック(ビデオ、音声、ミーティング内チャット、およびデータ共有)は、オンプレミスのミーティングコネクター、バーチャルルームコネクター、およびレコーディングコネクターを通じて組織のプライベート クラウドでホストされます。

オンプレミスのミーティングコネクター環境は、ミーティングコネクター コントローラ、マルチメディア ルーター、およびレコーディングコネクターといった複数の種類の仮想マシンで構成されます。 これらすべてに、ミーティングコネクター コントローラを導入する必要があります。 ミーティングコネクター コントローラには、ゾーン コントローラ(ZC)とマルチメディア ルータ(MMR)の 2 つのサーバー プロセスが含まれています。 マルチメディア ルータ(MMR)の VM には MMR プロセスしか含まれません。 ミーティングのトラフィックは MMR を介して処理され、ゾーン コントローラはミーティングに接続する MMR の決定を助けます。

ミーティングコネクターに加えて、バーチャルルームコネクターもあります。 これは、SIP/H.323 のルームシステムが Zoom Meeting に接続できるようにする、スタンドアロン プロセスの仮想マシンです。 これには、ミーティングコネクターのセットアップは必要ありません。

定員

ミーティングとウェビナー

マルチメディア ルータ(MMR)はそれぞれ最大 200 人の同時参加者をサポートします。 システムのスコープに応じて、必要な MMR とミーティングコネクター コントローラを計算する必要があります。 たとえば、特定の時点で最大 1,000 人のミーティング参加者をサポートする必要がある場合、少なくとも 5 つの MMR(1 つのミーティングコネクター VM と 4 つの追加 MMR VM)を導入する必要があります。 この設定は、最大 1,000 人の同時ミーティング参加者をサポートします。

オンプレミス サービスのネットワーク スキーマなどの、ミーティングコネクターのコンセプトの詳細については、「ミーティングコネクターのコア コンセプト」を参照してください。

ミーティングコネクターの導入方法については、「ミーティング コネクター入門」を参照してください。

クラウド レコーディング

オンプレミスのレコーディング コネクター(RC)は、CPU コアごとに最大 2 つの同時録音をサポートできます。 同時録画が可能な数を増やすには、VM リソースを増やすか、複数のレコーディング コネクターを導入する必要があります。

レコーディング コネクターの導入方法については、「レコーディング コネクター入門」を参照してください。

SIP/H.323 デバイス

デフォルトでは、バーチャル ルームコネクター(VRC)は 1 度に 2 つの SIP/H.323 接続をサポートできます。 より多くの SIP/H.323 の同時接続をサポートするために、VM にリソースを追加することができます。 たとえば、特定の時点で最大 4 つの SIP/H.323 デバイスをサポートする必要がある場合は、1 つの VRC、8 CPU コア、および少なくとも 8.4 GB のメモリが必要です。 または、それぞれ 4 CPU コアと 8 GB のメモリを搭載した 2 つの VRC VM を導入することもできます。 大規模な導入には、ロードバランサーを使用することもできます。 

バーチャルルームコネクターの導入手順については、「バーチャルルームコネクター入門」を参照してください。

電話

電話での接続には、Zoom Cloud を利用する必要があります。 これをサポートするには、ミーティングコネクターは、次の方法でパブリックからアクセスできる必要があります。

高可用性構成

オンプレミス導入では、高可用性(HA)がサポートされます。 これを構成するために、ゾーン コントローラは、フェールオーバーをサポートできるよう、ゾーン コントローラ 1、ゾーン コントローラ 2 として設定されます。

複数ゾーンの導入

オンプレミス導入では、複数の地理的ゾーンがサポートされます。 /opt/zoom/conf/ssb.cfg ファイル内の値を変更することにより、手動で構成できます。 詳細については、「複数のゾーンでのミーティングコネクターの導入」を参照してください。

Powered by Zendesk