ミーティングやウェビナーでの言語通訳 フォローする

概要

ミーティングやウェビナーに通訳を含めたいユーザーは、言語通訳機能を有効にすることができます。この設定により、ホストはWebポータル上、またはZoomセッション中に参加者を通訳者として指定できます。ミーティング、またはウェビナーが開始されるとホスト(主催者)は通訳機能を開始できます。これにより、通訳者は自分の音声チャンネルにアクセスできるようになります。参加者は、選択した言語を聞くためにオーディオチャンネルを選択できます。

この記事の内容:

  • 言語通訳機能のセットアップ
  • ミーティングでの言語通訳機能の使用方法

前提条件

  • ウェビナー、ビジネス、エデュケーション、エンタープライズアカウント
  • Zoomデスクトップクライアント (MacまたはPCバージョン 4.5.3261.0825以降)
  • Zoomモバイルアプリ (iOSまたはAndroidバージョン 4.5.3261.0825以降)

※ この機能はベータ版です。機能を有効にするには、Zoomテクニカルサポートにお問い合わせください。

手順

言語通訳機能のセットアップ

  1. Zoom Webポータルにサインインし、[設定]をクリックします。
  2. [ミーティング中(詳細)]の項目内にある言語通訳機能を有効にします。
  3. [ミーティング]に移動し、[新しいミーティングをスケジュールする]をクリックします。
  4. ミーティングの言語通訳機能を有効にするボックスにチェックを入れます。
  5. 通訳者の情報を入力します。通訳者に割り当てた言語がそれぞれ、ミーティング内のオーディオチャンネルとなります。
  6. さらに追加したい場合は、[通訳者の追加]をクリックします。通訳者を削除する場合は、Xアイコンをクリックします。
  7. 完了したら[保存]をクリックします。

※ このプロセスはウェビナーでの言語通訳を有効にする場合も、同様のステップで追加いただけます。Webポータル上の[ウェビナー]に移動し、[新しいウェビナーのスケジュール]をクリックして、手順4~7を実行します。

ミーティングでの言語通訳の使用方法

    1. ミーティングが開始したら、[通訳(Interpretation)]をクリックします。
    2. 必要に応じて、メニューから通訳者を追加または削除できます。開始をクリックすると、通訳セッションが開始します。           
    3. ホスト(主催者)が[スタート]をクリックすると、通訳者は通訳者として割り当てられたというメッセージを受け取ります。
    4. 通訳者と参加者は、ミーティングオプションで[通訳(Interpretation)]をクリックし、言語チャンネルを選択できるようになりました。           
    5. 通訳者は、ミーティングの元音声を聞きます。言語チャンネルの参加者は、通訳者の音声を聞くことができます。
    6. 通訳セッションを終了するには、ホスト(主催者)はミーティングオプションで[通訳(Interpretation)]をクリックし、[言語通訳の管理]をクリックします。
    7. メニューが表示されたら、ホスト(主催者)は[終了]をクリックしてセッションを停止できます。                                                       
    8. ホスト(主催者)は、言語通訳の管理をクリックして、セッション中に通訳者の設定を変更することもできます。

※ 通訳セッションのクラウド録画では、ミーティングではなく元の音声のみが記録され、通訳チャンネルの音声は記録されません。通訳セッションのローカル録画は、録画者のオーディオを録音しますが、複数の音声チャンネルは録音しません。

この記事は役に立ちましたか?
Powered by Zendesk