注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



ミーティングとウェビナーの認証プロファイル フォローする

概要

認証プロファイルにより、ホストは、ミーティングまたはウェビナー参加を許可するユーザーをサインインしている参加者に限定することができます。また、特定のドメインのメールアドレスを使用するZoomユーザーに限定することもできます。 

Zoomにサインインせずに、あるいは指定されたメールドメインでサインインせずに、参加者がミーティングまたはウェビナーに参加しようとすると、次のいずれかのメッセージが表示されます:

  • Zoomにサインインしていない場合:
  • 指定以外のメールドメインでサインインしている場合:

認証プロファイルは、最初にアカウントレベルで設定する必要があります。認証プロファイルは、アカウントレベルでのみ追加できます。認証プロファイルを設定後、アカウントの一部のメンバーのみに適用する場合は、アカウントレベルで無効にし、グループレベルまたはユーザーレベルですべて無効にします。

この記事の内容:

前提条件

  • プロ、ビジネス、教育、またはエンタープライズアカウント
  • Zoomデスクトップクライアント:
    • Windows:4.6.0 (13614.1202)以降
    • macOS:4.6.0 (13610.1201)以降

認証プロファイルを有効にする 

初期設定とアカウントレベル

認証プロファイルは、プロファイルの構成時に、まずアカウントのメンバー全員に対して有効にする必要があります。プロファイルの構成後、アカウントの一部のメンバーのみに適用する場合は、アカウントレベルで無効にできます。 

  1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションパネルで、アカウント管理アカウント設定の順にクリックします
  3. ミーティングのスケジュールで、認証されたユーザーのみがミーティングに参加できるが有効になっていることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。認証ダイアログが表示されたら、オンにするをクリックして、変更を確認します。
  5. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、ロックするをクリックして設定を確認します。

認証プロファイルの作成

  1. ミーティング認証オプションの名前を入力します。
  2. 認証方法を選択するには、次のオプションのいずれかを選択します。
    • Zoomにサインイン - このオプションを使用すると、ユーザーは自分のZoomアカウントにサインインしている限り、ミーティングまたはウェビナーに参加できます。
    • 指定したドメインでZoomにサインイン - このオプションを使用すると、メールアドレスに特定のドメインが含まれているZoomユーザーがミーティングまたはウェビナーに参加できるようにルールを指定できます。間にコンマを使用して複数のドメインを追加するか、ドメインをリストするためにワイルドカードを使用できます。ドメインを含むCSVファイルをアップロードすることもできます。
  3. 保存をクリックします。
  4. 構成を追加をクリックして、選択する認証オプションをさらに追加できます。

アカウントレベルでの認証プロファイルの無効化

認証プロファイルをアカウントのすべてのメンバーに適用したくない場合は、この機能をアカウントレベルで無効にし、以下の手順に従ってグループレベルまたはユーザーレベルで有効にすることができます。

  1. アカウント設定を編集する権限を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションパネルで、アカウント管理アカウント設定の順にクリックします
  3. ミーティングのスケジュールで、切り替えをクリックして認証されたユーザーのみがミーティングに参加できるを無効にします。

グループ

認証されたユーザーのみがユーザーのグループのミーティングに参加できるようにするには:

  1. グループを編集する権限を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションパネルで、ユーザー管理、次にグループ管理をクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、設定タブをクリックします。
  4. ミーティングのスケジュールで、認証されたユーザーのみがミーティングに参加できるが有効になっていることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。認証ダイアログが表示されたら、オンにするをクリックして、変更を確認します。

    注記:オプションがグレー表示されている場合は、アカウントレベルでロックされていますので、同じレベルで変更する必要があります。
  6. (オプション)グループのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、ロックするをクリックして設定を確認します。

ユーザー

認証されたユーザーのみがあなた自身の利用のためにミーティングに参加できるようにするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションパネルで、設定をクリックします。
  3. ミーティングのスケジュールで、認証されたユーザーのみがミーティングに参加できるが有効になっていることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。認証ダイアログが表示されたら、オンにするをクリックして、変更を確認します。
    注記:オプションがグレー表示されている場合は、グループレベルまたはアカウントレベルでロックされているためです。Zoom管理者にお問い合わせください。

認証プロファイルの使用

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ミーティングまたはウェビナーをスケジュール作成します。 
  3. ミーティングオプションまたはウェビナーオプションで、認証されたユーザーのみが参加できるをクリックします。
  4. 複数の認証プロファイルが構成されている場合は、ドロップダウンから認証プロファイルを選択できます。
Powered by Zendesk