Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

問題レポートの送信 フォローする

概要

Zoomミーティングやウェビナーで、またはZoomアプリケーションで問題が発生する場合があります。問題レポートはをZoomに送信することで、サポートチームが問題のトラブルシューティングと解決に役立てることができます。Zoomでチケットをまだ開いていない場合は、レポートを送信する前に、まずサポート付きのチケットを開くことが推奨されます。

より詳細な分析が必要な場合、サポートは、インストールする必要がある特別なトラブルシューティングバージョンを提供します。インストール後、問題を複製し、以下の手順に従ってログを取得します。

この記事の内容:

前提条件

  • Mac OS 用デスクトップクライアントのバージョンが4.6.0 (13614.1202)以降であること
  • Windows用デスクトップクライアントのバージョンが4.6.0 (13610.1201)以降であること

デスクトップクライアント

  1. Zoomデスクトップクライアントにサインインします。
  2. 設定アイコンをクリックします。
  3. 統計をクリックします。
  4. レポートの送信をクリックします。
  5. 機能の選択をクリックして、報告する問題の種類を選択します。
  6. 機能を選択したら、問題の選択をクリックして、報告する問題を選択します。また、問題が発生した日時を指定することもできます。 
  7. 詳しい報告で、問題に関する詳細情報を追加します。 
  8. 問題レポートでZoomサポートに送信されるクライアントによって生成されるログ ファイルのログ ファイルを追加をクリックします。
  9. 最後に、すでにサポートチケットを持っている場合は、チケットIDを持っているをクリックし、チケット番号を入力します。  
  10. 送信をクリックします。 

モバイルアプリ

  1. Zoomモバイルアプリにサインインします。
  2. 設定アイコンをタップします。
  3. 概要をタップしてから問題を報告をタップします。
  4. レポートを送信する1つ以上の機能を選択します。
  5. 次へをタップします。
  6. 以下を指定します。
    • 問題:報告する問題を選択します。可能であれば、問題の詳細な説明で問題を説明するテキストボックスを表示する場合は、その他をタップします。 
    • 発生時刻:問題が発生した日時を指定します。 
    • ログの送信: クライアントによって生成されたログ ファイルをZoomサポートに送信できるようにします。
    • チケット所有:すでにサポートチケットを持っている場合は、チケット番号を入力します。  
  7. 送信をタップします。 

トラブルシューティングのバージョンからのログ取得

:これらの手順では、サポートチケットを開いており、サポートチームからZoomアプリのトラブルシューティングバージョンが提供されている必要があります。

  1. サポートチームが提供するリンクからインストールパッケージをダウンロードしてください
  2. ダブルクリックするとインストールを開始します。
  3. 新しいMacクライアントにログインします。更新の要求はすべて無視してください。
  4. 問題を複製します。
  5. ログフォルダを開くまたはConsole.app > ~/Library/Logs > zoom.usをクリックします。
  6. 最新のログファイルを圧縮し、チケットを使用して名前を付けます。チケットの例:「4444.zip」または「yourname.zip」
  7. Zip形式のログを送信するか、Dropboxにアップロードしてリンクを送信してください
  8. ログ送信後、Zoomのこのトラブルシューティングバージョンをアンインストールし、こちらで再インストールしてください

ログフォルダの検索

  1. 検索ツールを開きます。
     
  2. 画面の上部にある移動をクリックします。
  3. オプション/altキーを押し続けると、ライブラリフォルダが表示されます。 
  4. ログフォルダを開きます。 
  5. zoom.usフォルダをクリックするか右クリックします。
  6. "zoom.us"を圧縮を選択します。 
  7. サポートチケットにこのzipファイルを送信します。
  1. サポートチームが提供するリンクからインストールパッケージをダウンロードします。
  2. ダブルクリックしてインストールを開始します。
  3. 新しいPCクライアントにログインします。更新を要求される場合は、無視してください。
  4. 問題を再現します。 
  5. 次の場所にあるログファイルに移動します。
    • Win7+:C:\Users\your account\AppData\Roaming\Zoom\logs
    • XP:C:\Documents and Settings\your account\Application Data\Zoom\logs
      : これらのフォルダはお使いのコンピューター上で隠しファイルになっている可能性があります。%appdata% を検索するか、すべての隠しファイルとフォルダを一時的に表示することができます。
  6. 最新のログファイルを圧縮し、チケットを使用して名前を付けます。チケットの例:「4444.zip」または「yourname.zip」
  7. Zip形式のログを送信するか、Dropbox/Google Drive にアップロードしてリンクを送信してください
  8. ログ送信後、Zoom のこのトラブルシューティングバージョンをアンインストールし、こちらで再インストールします。
  1. サポートチームが提供するリンクからインストールパッケージをダウンロードしてください
  2. 必要に応じてパッケージをインストールします。ほとんどのバージョンでは、ソフトウェアセンターからインストールする必要があります。Linuxの各種ファイルの種類とフレーバーのインストール手順を参照してください。
  3. 新しいLinuxクライアントにログインし、同じテストケースを実行して問題を再現します。
  4. ミーティングを終了する
  5. ターミナルを開き、次の入力を行ってログフォルダに移動します。
    cd ~/.zoom
  6. ログフォルダを圧縮します。以下を実行する Ubuntu 14.04 のユーザーtar:
    tar -cvvf logs.tar logs
  7. ファイルを送信する際の便宜上、新しく圧縮されたファイルを移動することができます。次の手順では、新しく圧縮されたログ フォルダをドキュメント フォルダに移動します。
    mv logs.tar /home/[Your Name]/Documents
  8. Zipログを送信するか、Dropboxにアップロードしてリンクを送信してください
  9. ログ送信後、Zoomのこのトラブルシューティングバージョンをアンインストールし、こちらで再インストールしてください
Powered by Zendesk