Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

高度なデスクトップ クライアント設定 フォローする

概要

デスクトップ クライアントには、オーディオ、ビデオ、画面共有などの高度なオプションが備わっています。 これらのオプションは、オーディオやビデオのフィードを詳細にコントロールするだけでなく、トラブルシューティング サポートを行います。

: これらの機能は、テクノロジーに精通した上級ユーザーを想定しています。 デバイスのハードウェアの構成やソフトウェアの設定を知らずに、これらのオプションを切り替えると、ユーザー体験のレベルが低下する可能性があります。

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 5.3.0 (52651.0920) 以降
    • macOS: 5.3.0 (52651.0920) 以降
    • Linux: 5.3.465578.0920 以降

高度なビデオ オプション

これらのオプションにアクセスするには:

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. プロフィール画像をクリックし、[設定] をクリックします。
  3. [ビデオ] タブをクリックします。
  4. [詳細] をクリックします。
  5. 以下のオプションが使用できます(OSによって異なる場合があります):

macOS

  • ノイズ除去でビデオ品質を最適化する: ソフトウェアベースのノイズ除去を有効に設定し、ミーティングの参加者に送信するためのクリアなビデオ画像を生成します。
  • ビデオ受信用のハードウェア アクセラレーションを使用する: ハードウェア リソースを利用して、受信したビデオフィードのレンダリングを改善します。必要なハードウェア リソースがシステムにない場合は、画質が低下する恐れがあります。

Windows

  • ノイズ除去でビデオ品質を最適化する: ソフトウェアベースのノイズ除去を有効に設定し、ミーティングの参加者に送信するためのクリアなビデオ画像を生成します。
  • ハードウェア アクセラレーションを以下の操作に使用します。
    • ビデオ処理: ハードウェア リソースを利用して、ビデオ フィードのレンダリングを改善します。必要なハードウェア リソースがシステムにない場合は、画質が低下する恐れがあります。
    • ビデオ送信: ハードウェアリソースを利用して、送信するビデオフィードのレンダリングを改善します。必要なハードウェア リソースがシステムにない場合は、画質が低下する恐れがあります。
    • ビデオ受信: ハードウェア リソースを利用して、受信したビデオ フィードのレンダリングを改善します。必要なハードウェア リソースがシステムにない場合は、画質が低下する恐れがあります。
  • ビデオ レンダリング方法: ビデオをレンダリングするグラフィック APIを選択できます。デフォルトでは、自動に設定されています。
  • ビデオ レンダリング ポスト処理: ビデオをキャプチャした後、ビデオを処理します。デフォルトでは、自動に設定されています。
  • ビデオ キャプチャ方法: ビデオに使用するマルチメディア フレームワークを選択できます。デフォルトでは、自動に設定されています。

Linux

  • ノイズ除去を有効にする: ソフトウェアベースのノイズ除去を有効に設定し、ミーティングの参加者に送信するためのクリアなビデオ画像を生成します。

高度なオーディオ オプション

これらのオプションにアクセスするには:

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. プロフィール画像をクリックし、[設定] をクリックします。
  3. [オーディオ] タブをクリックします。
  4. [詳細] をクリックします。
  5. 以下のオプションが使用できます(OSによって異なる場合があります):

macOS

  • エコー除去: マイクや室内の音響効果によるオーディオのエコーを除去するソフトウェア ベースのエコー除去技術。

Windows

  • Windowsオーディオ デバイスドライバーによるシグナル処理: Windowsのオーディオ ドライバーによる音声信号処理をコントロールします。 この設定を無効にすると、Zoom にオーディオ デバイスからの未処理の音声が提供されます。 一部のデバイスのマイクのトラブルを解消する場合があります。
  • エコー除去: マイクや室内の音響効果によるオーディオのエコーを除去するソフトウェア ベースのエコー除去技術。

高度な画面共有オプション

これらのオプションにアクセスするには:

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. プロフィール画像をクリックし、[設定] をクリックします。
  3. [画面共有] タブをクリックします。
  4. [詳細] をクリックします。
  5. 以下のオプションが使用できます(OSによって異なる場合があります):

macOS

  • 画面共有を __ フレーム/秒に制限: 画面共有のフィードを特定のフレーム/秒に制限します。 画面共有の帯域幅要件を満たしていない場合に有効にすることができます。
  • 共有コンテンツの周囲にグリーンの枠線を表示する: 画面共有の際、どの画面が共有されているかを識別できるように、デスクトップ/モニターの画面の端にグリーンの枠を表示します。
  • 選択したアプリ ウィンドウのみを共有する
  • 画面共有に TCP 接続を使用する: 共有画面のコンテンツが表示されない場合、あるいは他のユーザーに共有画面のコンテンツが表示されない場合、このオプションを有効にします。
  • 画面キャプチャ モード: 画面共有のために画面をキャプチャする方法を指定します。
    • 自動: 画面共有に使用する最適な方法を自動的に選択します。
    • ウィンドウ フィルタリングありの共有: この方法では、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウを表示せずに画面を共有することができます。
    • ウィンドウ フィルタリングありの高度な共有: この方法は、画面を共有し、モーション検知(ウィンドウを動かしたり、ムービーを再生したりしたとき)を含み、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウは表示されません。
    • ウィンドウ フィルタリングなしの高度な共有: この方法は、画面を共有し、モーション検知(ウィンドウを動かしたり、ムービーを再生したりしたとき)を含み、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウを表示します。
    • 以前のオペレーティング システム: このオプションは、最新の Windows または macOS オペレーティング システムを使用していない場合、または特定のビデオ ドライバがない場合に適用できます。 このオプションを有効にしていない場合、ホストが画面を共有している間、参加者の画面に空白の画面が表示されることがあります。
      : [画面共有中に Zoom ウィンドウを表示] が有効になっている場合、画面キャプチャ モードがその設定を上書きします。

Windows 

  • 画面共有を __ フレーム/秒に制限: 画面共有のフィードを特定のフレーム/秒に制限します。 画面共有の帯域幅要件を満たしていない場合に有効にすることができます。
  • 共有コンテンツの周囲にグリーンの枠線を表示する: 画面共有の際、どの画面が共有されているかを識別できるように、デスクトップ/モニターの画面の端にグリーンの枠を表示します。
  • 画面共有に TCP 接続を使用する: 共有画面のコンテンツが表示されない場合、あるいは他のユーザーに共有画面のコンテンツが表示されない場合、このオプションを有効にします。
  • 画面キャプチャ モード: 画面共有のために画面をキャプチャする方法を指定します。
    • 自動: 画面共有に使用する最適な方法を自動的に選択します。
    • ウィンドウ フィルタリングありの共有: この方法では、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウを表示せずに画面を共有することができます。
    • ウィンドウ フィルタリングありの高度な共有: この方法は、画面を共有し、モーション検知(ウィンドウを動かしたり、ムービーを再生したりしたとき)を含み、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウは表示されません。
    • ウィンドウ フィルタリングなしの高度な共有: この方法は、画面を共有し、モーション検知(ウィンドウを動かしたり、ムービーを再生したりしたとき)を含み、Zoom デスクトップ クライアントのウィンドウを表示します。
    • レガシー オペレーティング システム: このオプションは、最新の Windows または macOS オペレーティング システムを使用していない場合、または特定のビデオ ドライバがない場合に適用できます。 このオプションを有効にしていない場合、ホストが画面を共有している間、参加者の画面に空白の画面が表示されることがあります。
      : [画面共有中に Zoom ウィンドウを表示] が有効になっている場合、画面キャプチャ モードがその設定を上書きします。
  • 以下の設定用にハードウェア アクセラレーションを有効にします。
    • 画面共有: 共有画面の表示に関する問題が報告された場合は、このオプションを無効にします。
    • 共有画面またはホワイトボードで注釈をつける: 共有画面で注釈がつけられない場合は、このオプションを無効にします。
    • ハードウェア アクセラレーションを使用してビデオ共有を最適化

Linux

  • 画面共有を __ フレーム/秒に制限: 画面共有のフィードを特定のフレーム/秒に制限します。 画面共有の帯域幅要件を満たしていない場合に有効にすることができます。
  • 共有コンテンツの周囲にグリーンの枠線を表示する: 画面共有の際、どの画面が共有されているかを識別できるように、デスクトップ/モニターの画面の端にグリーンの枠を表示します。
  • 画面共有に TCP 接続を使用する: 共有画面のコンテンツが表示されない場合、あるいは他のユーザーに共有画面のコンテンツが表示されない場合、このオプションを有効にします。
Powered by Zendesk