Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

2 要素認証(2FA)の設定と使用 フォローする

概要

2 要素認証(2FA)は、通常の Zoom サインインに加えて、モバイルアプリまたはテキスト メッセージに送信されたワンタイム パスワードを必要とする、2 段階のサインイン方法です。 この認証方法を使うと、Zoom ウェブポータル、デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、または Zoom Room にサインインする際、まず自分の携帯電話にアクセスしないといけなくなるため、セキュリティを強化することができます。

管理者は、二要素認証(2FA)の設定を有効化することで、ユーザーに対して二要素認証(2FA)でのサインインを必須とすることができます。 ユーザーが 2FA アプリにアクセスできなくなった場合、管理者は既存の 2FA 設定をリセットすることもできます。

この記事の内容:

前提条件

2FA の有効化

  • アカウント オーナーまたは管理者特権

2FA の設定と使用

  • SMS を受信できる電話番号、または
  • 時間ベースのワンタイム パスワード(TOTP)プロトコルをサポートしている 2FA アプリを搭載した Android または iOS デバイス。 推奨アプリは次のとおりです。
  • Windows、macOS、または Linux 版 Zoom デスクトップ クライアント 5.2.2 以上
  • Windows 版または Mac 版カンファレンス ルーム向け Zoom Rooms 5.2.1 以降
  • 業務用メール(メールとパスワード)でサインインするユーザー

2FA の有効化(管理者)

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[詳細] 、次に[セキュリティ] の順にクリックします。
  3. [2 要素認証でサインイン] のオプションが有効になっていることを確認します。
  4. 次のいずれかのオプションを選択して、2FA を有効にするユーザーを指定します。
    • アカウントの全ユーザー:アカウント内のすべてのユーザーに対して 2FA を有効にします。
    • 特定のロールのあるユーザー:指定されたロールを持つユーザーに対して 2FA を有効にします。 鉛筆アイコンをクリックしてロールを選択し、[OK] をクリックします。
    • 特定のグループに属しているユーザー:指定されたグループに属するユーザーに対して 2FA を有効にします。 鉛筆アイコンをクリックしてグループを選択し、[OK] をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。
    2FA を設定する手順をユーザーと共有することができます。

ユーザーの 2FA のリセット

ユーザーが 2FA アプリにアクセスできなくなった場合、現在の 2FA 設定をリセットできます。 たとえば、ユーザーがデバイスを紛失したり、2FA アプリをアンインストールしたり、2FA アプリから Zoom を削除したりした場合です。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. 2FA をリセットするユーザの横にある [編集] をクリックします。
  4. [2 要素認証] セクションで、[リセット] をクリックします。
    リセット後、ユーザーが Zoom にサインインすると、ウェブポータルで 2FA を設定するように求められます。

2FA の設定(ユーザー)

Zoom 管理者が 2 要素認証(2FA)を有効にしている場合は、Zoom ポータルにサインインするときに 2FA を設定する必要があります。

  1. 管理者が 2FA を有効にした後、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. 認証方法として [認証アプリ] または [SMS] を選択します。
  3. 選択した内容に応じて、次のいずれかの手順にに従ってください。

認証アプリ

  1. モバイルデバイスで 2FA アプリを開きます。
  2. QR コードをスキャンするオプションをタップします。 カメラまたは QR コードアイコンを探します。
  3. Zoom ウェブポータルの QR コードをスキャンします。
    2FA アプリは 6 桁のワンタイム パスワードを生成します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 6 桁のパスワードを入力し、[認証] をクリックします。
    リカバリー コードの一覧が表示されます。 モバイル デバイスを紛失した場合は、生成された 6 桁のパスワードの代わりにリカバリー コードを使用してサインインすることができます。
    :パスワードを認証できなかった場合は、 [戻る] をクリックして QR コードをもう一度表示してください。
  6. [ダウンロード] または [印刷] をクリックして、リカバリー コードを保存します。 各リカバリー コードは 1 度しか使用できません。
  7. [完了] をクリックします。

SMS

  1. 電話番号の国コードを選択します。
  2. 2FA パスワードを受け取る電話番号を入力します。 ハイフンは入力しないでください。
  3. [コードを送信] をクリックします。
    Zoom から、6 桁のワンタイム パスワードが電話番号に送信されます。
  4. Zoom から送信された SMS を開きます。
  5. SMS でパスワードをコピーし、Zoom ウェブポータルに貼り付けます。
  6. [認証] をクリックします。
    リカバリー コードの一覧が表示されます。 モバイル デバイスを紛失した場合は、生成された 6 桁のパスワードの代わりにリカバリー コードを使用してサインインすることができます。
    :パスワードを認証できなかった場合は、 [戻る] をクリックして、もう一度やり直してください。
  7. [ダウンロード] または [印刷] をクリックして、リカバリ ーコードを保存します。 各リカバリー コードは 1 度しか使用できません。
  8. [完了] をクリックします。

2FA を使用してサインイン(ユーザー)

  1. Zoom ウェブポータル、デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、または Zoom ルームにサインインします。
    SMS を使用して 2FA を設定した場合は、[コードを送信] をクリックします。
    Zoomは、2FA アプリが生成したパスワード、または SMS で送信されたコードを要求します。
  2. 携帯電話で 2FA アプリを開くか、Zoom からの SMS を表示します。
  3. 2FA アプリまたは SMS に表示される 6 桁のワンタイム パスワードを入力します。
  4. [認証] をクリックします。

2FA リカバリー コードを使用してサインイン(ユーザー)

2FA コードにアクセスできなくなった場合(たとえば、デバイスを紛失した、2FA アプリをアンインストールした、2FA アプリから Zoom を削除したなど)は、2FA を設定したときに取得したリカバリー コードを使用してサインインできます。

:管理者に連絡して 2FA の設定をリセットすることもできます。 Zoom ウェブポータル、デスクトップ クライアント、またはモバイルアプリにサインインすると 、もう一度 2FA を設定するように求められます。

  1. Zoom ウェブポータル、デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、または Zoom ルームにサインインします。
  2. [リカバリー コードを入力] または [代わりにリカバリー コードを入力] をクリックします。
  3. 設定中に取得したリカバリー コードのいずれかを入力します。 各リカバリー コードは 1 度しか使用できません。
  4. [認証] をクリックしてサインインします。
  5. (オプション)2FA デバイスにアクセスできなくなった場合は、 既存の 2FA 設定を編集して新しいデバイスを追加することも可能です。

2FA 設定の編集(ユーザー)

2FA を設定した後に、デバイスを削除する場合、別のデバイスで 2FA を設定する場合、またはリカバリー コードを表示する場合は、既存の設定を編集することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[プロフィール] をクリックします。
  3. [2 要素認証] セクションで、次のオプションを使用して、新しいデバイスで 2FA を設定するか既存の設定を削除します。
Powered by Zendesk