Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

通話のレコーディングのアクセスと共有 フォローする

概要

アカウント オーナーと管理者は Zoom Phone ユーザーまたはコールキューのレコーディングにアクセスできます。 また、通話のレコーディングを Zoom Phone ユーザーと共有したり、Zoom Phone ユーザーが自分の通話のレコーディングにアクセスできるかをコントロールすることもできます。

この記事の内容:

前提条件

  • プロ、ビジネス、または教育機関向けアカウント
  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • Zoom Phone ライセンス
  • ​アドホックまたは自動レコーディングを有効にするポリシー設定

通話レコーディングのアクセス

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システムの管理]、[ログ] の順にクリックします。
  3. [レコーディング] タブをクリックします。
  4. 上部の検索ボックスとドロップダウン メニューを使用して、通話レコーディングにフィルターをかけます。

通話レコーディングの特定

  • [発信元(From) / 宛先(To)] 欄: 発信元(From)と宛先(To)の発信者 ID 名と番号を表示します。
    • このエントリーでは、発信者 ID を持つ発信者(発信者が発信者 ID 名と番号を非表示にしている)を匿名として表示します。
    • 相手が社内のユーザーの場合は、相手のプロフィール名と内線電話が表示されます。
  • [オーナー / オーナー タイプ] 欄: 通話レコーディングの所有者が Zoom Phone ユーザーかコールキューかを示します。コールキューには、自動通話レコーディングのみが含まれます。 コールキューのメンバーがコール内コントロールを使用して通話レコーディングを開始した場合、そのレコーディングはメンバー / Zoom Phone ユーザーに属することになります。
  • [レコーディングタイプ] 欄: 通話レコーディングが自動、またはアドホック(Zoom Phone ユーザーがコール内コントロールを使用して手動で開始)で実行されたかを示します。

通話レコーディングの再生、ダウンロード、削除

通話レコーディングを管理するには、以下のオプションをクリックします。

  • 再生アイコン: レコーディングを再生し、文字起こしを表示します(ポリシー設定で有効な場合)。
  • 三点リーダー アイコン(
    • ダウンロード: レコーディングを MP3 ファイルとして保存します。
    • 削除: 選択した通話レコーディングを削除します。複数のエントリを一括で削除するには、連絡先名 / 番号の隣にあるチェック ボックスをクリックして、[削除] をクリックします。

通話レコーディングの共有

: Zoom Phone ロール管理を使用して、Zoom Phone ユーザーによる通話レコーディングのアクセスを許可します。

Zoom Phone ユーザー

ある Zoom Phone ユーザーに属するすべての通話レコーディングを共有し、このユーザーがレコーディングをダウンロードまたは削除できるかどうかをコントロールできます。

: Zoom Phone ユーザーは、Zoom ウェブポータルの共有通話レコーディングのみにアクセスできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[ユーザーとルーム] の順にクリックします。
  3. Zoom Phone ユーザーの名前をクリックします。
  4. [ユーザー設定] タブをクリックします。
  5. [自動通話レコーディング] または [アドホック通話レコーディング] のセクションまでスクロールダウンします。
  6. [管理] をクリックします。
  7. [メンバーを追加] をクリックし、以下の項目を指定します。
    • アクセス: レコーディングを共有したい Zoom Phone ユーザーの名前または内線番号を入力します。
    • 可能な操作: チェックボックスをクリックして、Zoom Phone ユーザーがレコーディングをダウンロードまたは削除できるかどうかを指定します。 通話レコーディングにアクセスする権限は、デフォルトで有効に設定されています。
      : Zoom Phone ユーザーがレコーディングの削除を許可されている場合、削除されたレコーディングは、オーナーを含むすべての Zoom Phone ユーザーに適用されます。
  8. [保存] をクリックします。

コールキュー

あるコールキューに属するすべての通話レコーディングを共有し、その Zoom Phone ユーザーがレコーディングをダウンロード、または削除できるかどうかをコントロールできます。

コールキューのレコーディングには、自動レコーディングのみが含まれます。 コールキューのメンバーが起動した通話録音は含まれません。 デフォルトでは、アカウント オーナーと管理者はコールキューに関連付けられた自動録音にアクセスできます。 ポリシー設定でコールキューの自動通話録音を有効にできます。

: Zoom Phone ユーザーは、Zoom ウェブポータルの共有通話レコーディングのみにアクセスできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[コールキュー] の順にクリックします。
  3. コールキュー名をクリックします。
  4. [自動通話レコーディング] のセクションまでスクロールダウンします。
  5. [管理] をクリックします。
  6. [メンバーを追加] をクリックし、以下の項目を指定します。
    • アクセス: レコーディングを共有したい Zoom Phone ユーザーの名前または内線番号を入力します。
    • 可能な操作: チェックボックスをクリックして、Zoom Phone ユーザーがレコーディングをダウンロードまたは削除できるかどうかを指定します。 通話レコーディングにアクセスする権限は、デフォルトで有効に設定されています。
      : Zoom Phone ユーザーがレコーディングの削除を許可されている場合、削除されたレコーディングは、オーナーを含むすべての Zoom Phone ユーザーに適用されます。
  7. [保存] をクリックします。

Zoom Phone ユーザーの通話レコーディングへのアクセスレベルの変更

Zoom Phone ユーザーが通話レコーディングにアクセスし、再生、ダウンロード、削除できるかどうかの設定を変更できます。 デフォルトでは、Zoom Phone ユーザーは自分のアドホック録音(コール内コントロールで開始したレコーディング)を再生、ダウンロード、削除することができます。

アドホックまたは自動レコーディング設定は、Zoom Phone ユーザーレベルでのみ変更できます。 サイトまたはアカウント レベルでは変更できません。

: Zoom Phone ユーザーのアドホックまたは自動レコーディングを有効または無効にするには、Zoom Phone ポリシー設定をご覧ください。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[ユーザーとルーム] の順にクリックします。
  3. Zoom Phone ユーザーの名前をクリックします。
  4. [ユーザー設定] タブをクリックします。
  5. [自動通話レコーディング] または [アドホック通話レコーディング] のセクションまでスクロールダウンします。
  6. [管理] をクリックします。
  7. 編集したい Zoom Phone ユーザーの右側にある三点リーダー()アイコンをクリックし、以下のいずれかのオプションをクリックします。
    • 削除: 選択した Zoom Phone ユーザーのすべてのアクセス権を削除します。
    • 権限を編集: 既存の権限を変更します。 チェック ボックスにチェックを入れて、Zoom Phone ユーザーのレコーディングのダウンロードまたは削除を許可するかどうかを指定します。 通話レコーディングにアクセスする権限は、デフォルトで有効に設定されています。
      : Zoom Phone ユーザーがレコーディングの削除を許可されている場合、削除されたレコーディングは、オーナーを含むすべての Zoom Phone ユーザーに適用されます。
  8. [保存] をクリックします。
Powered by Zendesk