Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

ミーティング中のセキュリティオプション フォローする

概要

ミーティングコントロールのセキュリティアイコンを利用すると、ミーティングをホストまたは共同ホストして、ミーティング中にオプションを有効/無効にすることにより、ミーティングを保護して、ミーティング中の中断を最小化できます。設定のほとんどは、ミーティング前にアカウント、グループ、ユーザーの設定からコントロールできます。アカウントグループまたはユーザーレベルで適用される場合、これらの設定はミーティングにデフォルトで適用されます。セキュリティアイコンはそれらを1か所に統合し、ミーティング中にアクセスしやすいようにします。 

オプションが有効/無効にされ、アカウント管理者によりロックされる場合、これらはミーティング内でホストや共同ホストにより変更できなくなります。 

利用可能なセキュリティ設定は以下の通りです。

  • ミーティングをロックする:新しい参加者がミーティングに参加しないように、ミーティングをロックします。
  • 待機室を有効化:新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
  • 参加者が以下を利用できるようにします。
    • 画面共有:参加者が画面共有を開始できます。 
    • チャット:参加者がチャット機能を利用できます。 
    • 自分自身の名前を変更:参加者は、参加者パネルから名前を変更できます。
    • 共有コンテンツに注釈をつける:参加者がミーティング中に共有されたコンテンツについて注釈をつけることができます。ホストが共有されている際に、ホストは注釈を有効/無効にできます。 
  • 参加者を削除: ミーティングから参加者を削除できます。ミーティング設定削除された参加者が参加し直すことを許可が有効にされていない限り、参加者は参加し直すことはできません。
  • レポート:Zoomの信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。どのユーザーをレポートするか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。 

前提条件

  • Zoomデスクトップクライアント
    • Windows:4.6.10(20033.0407)以降
    • macOS:4.6.10(20041.0408)以降
    • Linux:3.5.383291.0407 以降
    • Chrome OS:3.6.5(4111.0413)以降
  • Zoomモバイルアプリ
    • Android:4.6.20000.0407 以降
    • iOS:4.6.10(20012.0407)以降
  • Zoomウェブクライアント
  • ミーティングのホストまたは共同ホストである必要があります

手順

  1. Zoomミーティングを開始します
  2. セキュリティをクリックします
  3. 以下の設定をメニューから有効にできます。 
    • ミーティングをロックする:新しい参加者がミーティングに参加しないように、ミーティングをロックします。
    • 待機室を有効化:新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
    • 参加者が以下を利用できるようにします。
      • 画面共有:参加者が画面共有を開始できます。 
      • チャット:参加者がチャット機能を利用できます。 
      • 自分自身の名前を変更:参加者は、参加者パネルから名前を変更できます。
      • 共有コンテンツに注釈をつける:参加者がミーティング中に共有されたコンテンツについて注釈をつけることができます。ホストが共有されている際に、ホストは注釈を有効/無効にできます。 
    • 参加者を削除: ミーティングから参加者を削除できます。ミーティング設定削除された参加者が参加し直すことを許可が有効にされていない限り、参加者は参加し直すことはできません。
    • レポート:Zoomの信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。どのユーザーをレポートするか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。 
  1. Zoomミーティングを開始します。
  2. ミーティングコントロールで 更に表示をタップします。 
  3. ミーティング設定をタップします。
  4. セキュリティで、以下の設定をメニューから有効にできます。
    • ミーティングをロックする:新しい参加者がミーティングに参加しないように、ミーティングをロックします。
    • 待機室を有効化:新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
    • 参加者が以下を利用できるようにします。
      • 画面共有:参加者が画面共有を開始できます。
      • チャット:参加者がチャット機能を利用できます。
      • 自分自身の名前を変更:参加者は、参加者パネルから名前を変更できます。
    • レポート:Zoomの信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。どのユーザーをレポートするか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。 

ウェビナー

ウェビナーをホストしている際は、セキュリティメニューには類似のオプションセットが表示されます。

  • ウェビナーをロックする:新しい参加者がウェビナーに参加しないように、ウェビナーをロックします。
  • 待機室を有効化:新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
  • パネリストが以下を利用できるようにします
    • 画面共有:パネリストが画面共有を開始できます。
    • ビデオの開始:パネリストがビデオをウェビナーで開始できます。 
    • 自分自身の名前を変更:パネリストは、参加者パネルから名前を変更できます。
    • 注釈:パネリストが画面共有で注釈を行えます。 
  • 参加者が以下を利用できるようにします。
    • 挙手:参加者がウェビナー中に挙手機能を利用できます。 
    • チャット:参加者がチャット機能を利用したり、チャットできる人を設定したりできます。 

ミーティング

  1. Zoomミーティングを開始します。
  2. ミーティングコントロールで 更に表示をタップします。 
  3. ミーティング設定をタップします。
  4. セキュリティで、以下の設定をメニューから有効にできます。
    • ミーティングをロックする:新しい参加者がミーティングに参加しないように、ミーティングをロックします。
    • 待機室を有効化: 新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
    • 参加者が以下を利用できるようにします。
      • 画面共有:参加者が画面共有を開始できます。
      • チャット:参加者がチャット機能を利用できます。 
      • チャット:ホストがミーティング中に参加者がチャットする相手を設定できます。 
      • 自分自身の名前を変更:参加者は、参加者パネルから名前を変更できます。
      • 注釈:パネリストが画面共有で注釈を行えます。
    • レポート:Zoomの信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。どのユーザーをレポートするか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。 
  1. Zoomミーティングを開始します
  2. セキュリティをクリックします
  3. 以下の設定をメニューから有効にできます。 
    • ミーティングをロックする:新しい参加者がミーティングに参加しないように、ミーティングをロックします。
    • 待機室を有効化:新しい参加者に対して、あるいは現在の参加者を待機室に移動するために、待機室を有効にします。
    • 参加者が以下を利用できるようにします。
      • 画面共有:参加者が画面共有を開始できます。 
      • チャット:参加者がチャット機能を利用できます。 
      • 自分自身の名前を変更:参加者は、参加者パネルから名前を変更できます。
      • 共有コンテンツに注釈をつける:参加者がミーティング中に共有されたコンテンツについて注釈をつけることができます。 
    • 参加者を削除: ミーティングから参加者を削除できます。Meeting settings(ミーティング設定)Allow removed participants to rejoin(削除された参加者が参加し直すことを許可) が有効にされていない限り、参加者は参加し直すことはできません。
    • レポート:Zoomの信頼・安全チームにユーザーをレポートできます。どのユーザーをレポートするか選択し、問題について詳細を提供できるようになります。スクリーンショットなどの証拠をアップロードすることもできます。 
Powered by Zendesk