Zoom コミュニティが登場しました!
Zoom コミュニティでは、Zoom のすべてのお客様が集まり、質問をしたり、解決策を見つけたり、仲間とコラボレーションしたりすることができます。
コラボレーションを始めるには、Zoom アカウント情報でログインしてください。

コールパークを使用する フォローする

概要

​コールパークは、Zoom Phone ユーザーは通話を保留にして、他の Zoom Phone ユーザーが任意の電話や Zoom デスクトップ クライアント / モバイルアプリから呼び出しを再開できるようにする機能です。 通話をパークすると、Zoom Phone は検索コードを生成します。 他の Zoom Phone ユーザーは、検索コードを使用して呼び出しに応答できます。 管理者は、指定した時間が経過してもパークされた通話に応答がない場合にルーティング ルールを設定できます。

この記事の内容:

前提条件

: DTMF コードを使って通話をパークすることもできます。

コールパークと通話転送の比較

コールパークを使用する前に、通話転送との違いをご確認ください。 コールパークがお客様のユースケースに合うかどうかを判断することができます。

  • 外部の電話番号や Zoom Phone ユーザーの内線番号に直接転送されるのではなく、通話が保留されます。
  • 別の Zoom Phone ユーザーは、検索コードを使って、プロビジョニングされたデバイスや Zoom デスクトップ クライアント / モバイルアプリで通話を再開することができます。
  • 検索コードを使用するデバイスまたはクライアントは、コールをパークした Zoom Phone ユーザーと同じアカウントに属している必要があります。
  • 一般的にコールパークは、Zoom Phone ユーザーがデスクを持たない、または着席していない可能性がある業種で有効です。 たとえば、倉庫の場合、通話を一時停止し、インターホンで検索コードをアナウンスすれば、他の従業員が共用エリア電話機を使って通話を再開することができます。

コールパーク設定の変更(管理者)

Zoom Phone の管理者は、通話をパークできる期間(有効期限)や、有効期限を過ぎた後の通話のルーティング方法を変更できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. 複数のサイトの有無に応じて、コールパーク設定にアクセスします:
    • 複数のサイトを有効にしている場合: 編集したいサイト名をクリックします。
    • 複数のサイトを無効化した場合、[アカウント設定] をクリックします。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. コールパーク セクションで、以下の設定を変更します:
    • パークした通話の有効期限: パークした通話の有効期限を指定します。
    • パークした通話が応答されない場合: 有効時間が過ぎた後、パークされた通話をルーティングする方法を指定します。

通話のパーキング(デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリ)

  1. Zoom デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリにサインインします。
  2. 電話を発信、または受信します
  3. コール内コントロールで [その他] をクリック、またはタップします。
  4. [パーク] をクリックまたはタップします。
    自動音声で 3 桁の検索コード(前に * が付く)が流れます。 コード付きの通知も表示されます。
  5. 3 桁の検索コードをメモして、パークされた通話に応答できる Zoom Phone ユーザーに送信します。

コールのパーキング(固定電話)

: コールパークに対応した固定電話があることをご確認ください。 一般的な注意事項です。 その他に不明な点がある場合は、メーカーのサポートサイトをご覧ください。

Polycom VVX シリーズ

  1. 電話を発信、または受信します
  2. [その他] を押すか、タップします。
  3. [パーク] を押すか、タップします。
    3 桁の検索コード(前に * が付く)が音声で流れます。
  4. 3 桁の検索コードをメモして、パークされた通話に応答できる Zoom Phone ユーザーに送信します。

Yealink T4 または T5 シリーズ

  1. 電話を発信、または受信します
  2. [パーク] を押すか、タップします。
    3 桁の検索コード(前に * が付く)が音声で流れます。
  3. 3 桁の検索コードをメモして、パークされた通話に応答できる Zoom Phone ユーザーに送信します。

パークしたコールの再開

通話がパークされた後、検索コードを持っている Zoom Phone ユーザーは、以下の手順で通話を再開することができます。

: 検索コードを使用するデバイスまたはクライアントは、通話をパークした Zoom Phone ユーザーと同じアカウントに属している必要があります。

  1. 以下のいずれかのプラットフォームで、ダイヤルパッドにアクセスします。 詳細は、こちらのリンクをご覧ください。
  2. 検索コードをダイヤルし、電話をかけます。 *801 など、コードの前に必ずスター(*)をつけてください。
    パークされた電話に応答します。 通話に応答する本人ではない場合、通話をパークし、他へ転送してください。
Powered by Zendesk