Nomadic 緊急サービスの設定

最終更新日:

概要

Nomadic 緊急サービスは、緊急通話の際の Zoom Phone ユーザーの現在地を動的に検出し、報告する機能を備えています。 この機能を有効にするには、管理者が必要に応じてロケーションとサブ ロケーションを定義し、それぞれにネットワーク データと特定の緊急連絡先を提供する必要があります。

ユーザーが定義されたロケーション内から緊急通話を発信すると、対応する緊急連絡先を救急隊員(緊急対応者)に送信されます。 米国およびカナダのサイトでは、この動的なロケーションデータを、公安応答窓口(PSAP)と内部安全対応チームの両方に送信できます。 米国およびカナダ以外のサイト、および Bring Your Own Carrier (BYOC) 通話プランをご利用のお客様には、動的な位置情報を社内安全対応チームにのみ送信します。 PSAP が取得する緊急連絡先は、発信者の電話番号に基づいています。

Nomadic 緊急サービスの一環として、個人の緊急連絡先を有効にすることもできます。 これによってユーザーはロケーションを定義し、緊急連絡先を指定することができます。 Zoom デスクトップ クライアント / モバイルアプリでは、Zoom Phone ユーザーが未定義のロケーションにいる場合、プロンプトが表示され、デフォルトのアドレスを使用していることが通知されます。 住所の修正または確認時に新しい場所を追加できます。 クライアントは、ロケーションの IP アドレスまたはワイヤレスアクセスポイント識別子を自動的に保存します。 Zoom Phone ユーザーが定義されたロケーションから緊急電話をかけると、関連する緊急連絡先が緊急対応者に送信されます。

この記事の内容:

前提条件

  • Zoom Phone ライセンス
  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • 緊急連絡先と通話の設定
  • Zoom デスクトップ クライアント(バージョン 5.4.7 以降)またはプロビジョニング済みの固定電話

使用上の制限

  • Zoom モバイルアプリでは、Nomadic 緊急サービスが使用できません。 アプリでは、緊急電話をかける際に、常に携帯電話のネイティブ キャリアを使用します。
  • 共用エリア電話機は、Nomadic 緊急サービスをサポートしません。 この機能が必要な場合、Zoom Phone ユーザーを追加して、固定電話を割り当ててください。

ロケーションの優先順位

Zoom Phone ユーザーが緊急通話を発信した場合、Zoom Phone はこのメソッド(該当する場合)で緊急連絡先を判断します。 このメソッドは、優先順位(高いものから低いもの)の高い順に並んでいます。

  1. 定義されたロケーションの BSSID(ワイヤレス アクセス ポイント ID)
  2. 定義されたロケーションの IP アドレス
  3. Zoom Phone ユーザーの GPS 座標
  4. Zoom Phone ユーザーが設定したデフォルトの緊急連絡先(ユーザーが個人的にデフォルトを設定している場合)
  5. サイトレベルのデフォルトの緊急連絡先

Nomadic 緊急サービスの有効化

: アカウント全体に対して、Nomadic 緊急サービスを有効化する前に、Zoom Phone ユーザーのサブセットでテストして、ロケーション データを蓄積できます。 ロケーション データを蓄積した後、ブート ストラップ モードで Nomadic 緊急サービスを有効にして、ロケーション データの改善方法を確認することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. 複数のサイトがある場合: 編集したいサイト名をクリックします。
  4. [緊急サービス] タブをクリックします。
  5. Zoom Phone ユーザー全員または特定のユーザーの Nomadic 緊急サービスを有効にします:
    • アカウントまたはサイトの Zoom Phone ユーザー全員: [Nomadic 緊急サービス] トグルをクリックします。
    • 特定の Zoom Phone ユーザー: [Nomadic 緊急サービスの内線をテスト] で [追加] をクリックして、特定のユーザーに対して有効にします。
  6. (オプション)Nomadic 緊急サービスの機能を有効にする:
    • パーソナル ロケーションを許可する: Zoom Phone ユーザーが検出可能な個人用緊急連絡先を設定できるようにします。
    • ブート ストラップ モードを有効にする: 検出可能な企業のロケーションのデータセットを構築するモードです。 これにより、ユーザーは自分の現在地を会社の所在地として報告したり、既存の会社所在地のネットワーク データを報告することができます。 ユーザーが報告したロケーションやネットワーク データは、定義された会社のロケーションとして使用する前に、管理者の承認を得る必要があります。 これらの操作を行うと、管理者にメールで通知(最大で 1 日 1 件)が届きます。
      : この機能を利用するには、Zoom デスクトップ クライアントのバージョン 5.4.0 以上が必要です。
    • 緊急サービスのデータ メンテナンス用メール受信者: Nomadic 緊急サービスのロケーションや緊急連絡先に関するアラートや警告を受ける内部または外部のメールアドレスを入力します。 例としては、エンドポイント(ユーザー、電話機、ロケーション)に緊急連絡先がない場合、あるいはブートストラップ モードが有効で、保留中のロケーションやネットワーク データを送信した場合に通知が送られます。

親ロケーションの追加

Nomadic 緊急サービスの物理的なロケーションを定義する必要があります。 親ロケーションやサブ ロケーションには、物理的な住所(例: 123 Main Street, 6th floor)のほか、ネットワーク IP アドレスの範囲やワイヤレス アクセス ポイントの識別子も定義できます。 典型的な階層構造は、Zoom Phone サイトを都市レベルで作成し、オフィスやビルごとにロケーションを作成し、各ビル内では特定のフロアやスイートに対するサブ ロケーションを定義するというものです。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. [緊急連絡先とロケーション] のセクションまで下方向にスクロールします。
  5. [ロケーション] で、[管理] をクリックします。
  6. 複数のサイトの有無に応じて、以下のいずれかのオプションに従って操作してください。
    • 複数のサイトがない場合: 左側のパネルでサイトを 1 つ選択してください。
    • 複数のサイトがある場合: 左側のパネルで選択し、ロケーションに追加してください。
  7. [ロケーションに追加] をクリックします。
  8. 必要なフィールドに情報を入力します。
  9. [保存] をクリックします。

サブ ロケーションの追加(オプション)

すでにロケーションを設定している場合は、サブ ロケーションを追加して緊急連絡先をさらに細分化することができます。 たとえば、ビル内の特定のフロアやスイートをサブ ロケーションとして追加することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. [緊急連絡先とロケーション] のセクションまで下方向にスクロールします。
  5. [ロケーション] で、[管理] をクリックします。
  6. 複数のサイトの有無に応じて、以下のいずれかのオプションに従って操作してください。
    • 複数のサイトがない場合: 左側のパネルのサイトでメインのロケーションを選択してください。
    • 複数のサイトがある場合: 1 つサイトを選択した後、事前に作成したメインのロケーションを選択してください。
  7. [サブ ロケーション] タブをクリックします。
  8. [サブ ロケーションを追加] をクリックします。
  9. 必要なフィールドに情報を入力します。
  10. [保存] をクリックします。

親ロケーションとサブ ロケーションのフィールド

  • 名前: 緊急事態を識別する名前を入力します。
  • 緊急連絡先: 現在の緊急連絡先を選択し、ロケーションと関連付けます。 新しい緊急連絡先を追加することもできます。
    : ロケーションの国 / 地域は変更できません。 新しいロケーションを追加する必要があります。
  • IP アドレス: ロケーションに関連付ける IPv4 アドレスまたは範囲を指定します。
  • BSSID(オプション): ロケーションに関連付ける BSSID(アクセス ポイントの MAC アドレス)を指定します。
  • SIP グループ(オプション): アカウントに SIP グループとトランクが設定されている場合は、緊急連絡先に関連付ける SIP グループを指定します。
    : これはオプションで、通常は Nomadic 緊急サービスには使用しません。 SIP グループは、サイトがロケーション ベースのルーティング(LBR)をサポートするように設定されている場合に使用され、ロケーションに通話をルーティングすることができます。 通常、LRB はインドのサイトで必要です。

CSV ファイルを使用したロケーションのインポート

CSV ファイルをアップロードすることで、複数のロケーションを一括で追加できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. [緊急連絡先とロケーション] のセクションまで下方向にスクロールします。
  5. [ロケーション] で、[管理] をクリックします。
  6. 複数のサイトの有無に応じて、以下のいずれかのオプションに従って操作してください。
    • 複数のサイトがない場合: 左側のパネルでサイトを 1 つ選択してください。
    • 複数のサイトがある場合: 左側のパネルでロケーションをインポートするサイトを選択します。
  7. [インポート] をクリックします。
  8. [CSV サンプル] をクリックして、サンプル ファイルをダウンロードすると、各フィールドに関する注意事項が画面に表示されます。
  9. 表計算ソフトで CSV サンプルを開き、フィールドに必要事項を入力します。
    :
    • 親ロケーションの一意な識別子: 親ロケーションの一意な識別子を指定します。 サブ ロケーションをインポートする場合のみ、このフィールドを指定します。 親ロケーションをインポートする場合は、空白にしておきます。 現在のアドレスの CSV ファイルをエクスポートすることで入手できます。
    • ロケーションの一意の識別子(必須): ロケーションの一意の識別子を指定します。 ID が一意であることを確認します。 ID には連続した数字を指定することができます。
    • 会社の住所: このロケーションの緊急連絡先をフィールドに入力します。 過去に作成した緊急連絡先を使用するか(正確に入力)、新しい連絡先を指定することができます。 Zoom は、新しいアドレスの検証を試みますが、アドレスの検証がうまくいかない場合は、ロケーションのインポートが失敗することがあります。
  10. Zoom ウェブポータルに戻り、[CSV のアップロード] をクリックして、完成した CSV ファイルを選択します。

CSV ファイルによるロケーションの更新

CSV ファイルをアップロードすることで、複数のロケーションを一度に更新することができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. [緊急連絡先とロケーション] のセクションまで下方向にスクロールします。
  5. [ロケーション] で、[管理] をクリックします。
  6. 複数のサイトの有無に応じて、以下のいずれかのオプションに従って操作してください。
    • 複数のサイトがない場合: 左側のパネルでサイトを 1 つ選択してください。
    • 複数のサイトがある場合: 左側のパネルでロケーションを更新するサイトを選択します。
  7. [エクスポート] をクリックすると、現在のロケーションを記載した CSV ファイルをダウンロードできます。
  8. 表計算ソフトウェアを使用して CSV ファイルを開き、このフィールドに必要事項を入力します。
  9. Zoom ウェブポータルに戻って、[インポート] をクリックします。
  10. [ロケーションの更新] タブをクリックします。
  11. [CSV をアップロード] をクリックして、完成した CSV ファイルを選択します。

個人の緊急連絡先の表示

Nomadic 緊急サービスでパーソナル ロケーションを有効にした場合、Zoom デスクトップ クライアントでは、Zoom Phone ユーザーが未定義のロケーションにいると、Zoom デスクトップ クライアントはプロンプトを表示し、デフォルトのアドレスを使用している旨を通知します。 住所の修正または確認時に、新しいロケーションを追加できます。 クライアントは、ロケーションの IP アドレスまたはワイヤレスアクセスポイント識別子を自動的に保存します。 Zoom Phone ユーザーが定義されたロケーションから緊急電話をかけると、関連する緊急連絡先が緊急対応者に送信されます。

以下の手順に従って、個人用緊急連絡先を表示します。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[会社情報] の順にクリックします。
  3. [アカウント設定] をクリックします。
  4. [緊急連絡先とロケーション] のセクションまで下方向にスクロールします。
  5. [ロケーション] で、[管理] をクリックします。
  6. 複数のサイトの有無に応じて、以下のいずれかのオプションに従って操作してください。
    • 複数のサイトがない場合: 左側のパネルでサイトを 1 つ選択してください。
    • 複数のサイトがある場合: 左側のパネルでロケーションをインポートするサイトを選択します。
  7. 左側のパネルで [個人用ロケーション] をクリックします。
  8. Zoom Phone ユーザーを選択します。

Nomadic 緊急サービスのプロセス

この手順では、ブート ストラップ モードとパーソナル ロケーションで Nomadic 緊急サービスを有効にする場合の詳細なプロセスを説明します。

: Zoom Phone ユーザーは、Zoom デスクトップ クライアント(バージョン 5.4.7 以降)またはプロビジョニング済みの固定電話が必要です。

  1. ブート ストラップ モードとパーソナル ロケーションで Nomadic 緊急サービスを有効にした後、初めてデスクトップ クライアントにサインインすると、Zoom Phone ユーザーに位置情報の許可を有効にするよう求めるメッセージが表示されます。
  2. Zoom Phone が新たなネットワークの変更(IP アドレスまたは MAC アドレス)を検出すると、ユーザーに緊急連絡先の確認または更新を求めるメッセージが表示されます。
  3. Zoom Phone は、Zoom Phone ユーザーのネットワーク データを既存の会社またはパーソナル ロケーションに関連付けようとします。
    • 検出可能なロケーション: ネットワーク データが既存のロケーションと関連付けられている場合、プロンプトが表示され Zoom Phone ユーザーは検出された緊急連絡先を確認、または更新することができます。 Zoom Phone ユーザーがアドレスを確認すると、ウェブポータルにリダイレクトされ、アドレスのロケーションを選択します。 アドレスはロケーションに関連付けられます。
    • 検出できないロケーション: 新しいネットワーク データが既存のロケーションに関連付けられていない場合、Zoom Phone ユーザーに緊急連絡先を追加するよう求めるプロンプトが表示されます。
  4. 緊急連絡先を更新または追加する場合、ユーザーは次の処理を実行することができます。
    • サイトに追加されている会社の所在地を選択
    • 会社の所在地として新しい緊急連絡先を追加
    • 保存されているパーソナル ロケーションの選択
    • パーソナル ロケーションとして新しい緊急連絡先の追加
  5. Zoom Phone ユーザーが最初の 2 つのオプションのいずれかを実行すると、会社の所在地に関する保留中のデータを確認、承認するようメール通知がユーザー(および指定されたメール宛先)に送信されます。 Zoom ウェブポータルにサインインして、会社の所在地データを確認し、保留中にします。 承認されると、そのロケーションは会社の所在地として自動的に追加されます。

Nomadic 緊急サービスの追跡と改善

ロケーションのセットを構築した後は、Nomadic 緊急 サービスのダッシュボードを使って、検知ロケーションに存在しない Zoom Phone ユーザーの数などの指標を追跡します。 また、ダッシュボードを使って、ユーザーにロケーションの許可を有効にするようプロンプトを表示させることもできます。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。