Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

ミーティングとウェビナーの変換 フォローする

概要

ミーティングとウェビナーのプラットフォームは似た機能を提供しますが、いくつかの点で重要な違いがあります。 ミーティングはすべての関係者が視聴でき、他の人と共有できるコラボレーション イベントとして設計されている一方で、ウェビナーは、ホストと指定されたパネリストが共有および表示できるように設計されており、出席者のみがプレゼンテーションを視聴できます。 ミーティングとウェビナーの機能を並べて比較しましょう。 

イベントをミーティングまたはウェビナーのいずれかでスケジュールしたが、後でもう片方の形式が良いと判断した場合、Zoom Web ポータル内でイベントを変換できます。

前提条件

  • ホスト ユーザー タイプはライセンスを取得し、ウェビナー アドオンが割り当てられている
  • スケジュール ミーティングでは、自動生成されたミーティング ID を使用する必要がある。PMI でスケジュールすることはできない

ミーティングをウェビナーに変換する

ミーティングからウェビナーへの変換時、登録用 URL を変えずに、すでに登録しているユーザーは以前と同じリンクで参加でき、ミーティングの設定と登録者もウェビナーに転送されます。 

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ミーティング] をクリックします。 
  3. ウェビナーに変換したいミーティングの名前をクリックします。 
  4. [開始] ボタンと [編集] ボタンの右側にある、[このミーティングをウェビナーに変換する] をクリックします。 
  5. [変換] をクリックすると、このミーティングのウェビナーへの変換が確定します。

ウェビナーからミーティングへの変換

ウェビナーからミーティングに変更する時、Q&A、複数回答式の質問、ウェビナー関連のメール設定、ウェビナー後のアンケートなどのウェビナー専用機能は失われます。 登録ページの URL は変更されますが、旧登録ページは新しいページにリダイレクトされ、ロゴとバナーはブランディングから保持されます。 ウェビナーが登録されている場合、パネリストは登録者に変換され、すでに登録されているユーザーは以前と同じリンクで参加することができます。 登録レポートは、ウェビナー レポートからミーティング レポートに移動し、参加者レポートは [使用状況] / [アクティブなホスト] に移動します(管理者の場合)。 ウェビナーが定期に開かれており、変換前に既に 1 つ以上のセッションが実行されている場合、ウェビナーとして実行されるセッションのレポートはウェビナー レポートの下に表示されます。 

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ウェビナー] をクリックします。 
  3. ミーティングに変換したいウェビナーの名前をクリックします。 
  4. [開始] ボタンと [編集] ボタンの右側にある、[このウェビナーをミーティングに変換する] をクリックします。
  5. [変換] をクリックすると、このウェビナーのミーティングへの変換が確定します。
Powered by Zendesk