不適切な行動をしている参加者についてのレポート フォローする

概要 

ミーティングを安全に行うためのミーティング中セキュリティ機能の一部として、ホストはミーティング中に参加者についてレポートを行うことができます。 ホストは通報する参加者を選択し、詳細情報を書き、必要に応じてファイルを添付します。 このレポートは、自動的に Zoom Trust and Safety チームに送信され、プラットフォームの誤用を評価し、必要に応じてユーザーをブロックします。 

この記事の内容: 

前提条件

  • 無料または有料のアカウント
  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: 5.4.2(58740.1105) 以降
    • macOS: 5.4.2(58740.1105) 以降
    • Linux: 5.4.53350.1027 以降
  • Zoom モバイルアプリ
    • Android: 5.4.2(524) 以降
    • iOS: 5.4.1(58706.1028) 以降
  • ミーティングのホストまたは共同ホストであること

レポート機能を有効化 

この機能はデフォルトで有効に設定されています。 自分のアカウントでこの機能を無効にした場合、または無効にしたい場合、以下の手順に従ってください。 

アカウント

アカウントの全ユーザーの通報機能を有効にするには:

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定]の順にクリックします。
  3. [ミーティング内(詳細)]で、 [Zoom にレポート] が有効であることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  5. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ロックする] をクリックして設定を確認します。

グループ

ユーザーグループの通報機能を有効にするには:

  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、次に [グループ管理] をクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4. [ミーティング内(詳細)]で、[Zoom にレポート] が有効であることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  6. (オプション)この設定をこのグループの全ユーザーに対して必須にする場合は、鍵型アイコンをクリックしてから、[ロックする] をクリックして、設定を確定してください。

ユーザー

自分のためだけに通報機能を有効にするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[設定] をクリックします。
  3. [ミーティング内(詳細)]で、 [Zoom にレポート] が有効であることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者に連絡する必要があります。 

ミーティング中に参加者についてレポート

ミーティングの際に、不適切な行動をしている参加者についてレポートを行うことができます。 レポートされた参加者はミーティングから退出させられます。

  1. ミーティング ホストとして、[参加者] をクリックします。
  2. レポートする参加者の名前にカーソルを置いてから、[さらに] をクリックします。
  3. レポートをクリックします。
  4. レポートする参加者を入力します。
  5. その参加者をレポートする理由を選択してください。
  6. (オプション)[デスクトップのスクリーンショットを含める] を選択して、デスクトップの現在のスクリーンショットを含めます。 S
  7. [送信] をクリックします。
    レポートが正常に送信されたことについて通知を受け取ります。
  1. ミーティングのホストとして、ミーティング コントロールの [参加者] をタップします。 
  2. レポートする参加者の名前をタップし、[削除] をクリックします。
  3. [削除して報告する] をタップします。
    参加者がミーティングから即座に削除されます。
  4. この参加者を通報する理由をタップします。
  5. (オプション)[写真を添付] をタップして、インシデントのスクリーンショットまたは写真を添付します。
  6. [送信] をタップします。 
  1. ミーティングのホストとして、ミーティング コントロールの [参加者] をタップします。 
  2. レポートする参加者の名前をタップし、[削除] をクリックします。
  3. [削除して報告する] をタップします。
    参加者がミーティングから即座に削除されます。
  4. この参加者を通報する理由をタップします。
  5. (オプション)[写真を添付] をタップして、インシデントのスクリーンショットまたは写真を添付します。
  6. [送信] をタップします。

過去のミーティングやウェビナーの参加者についてレポート

主催した過去のミーティングやウェビナーの参加者についてレポートすることができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ミーティング] または [ウェビナー] をクリックします。
  3. [前の] タブまたは [前のウェビナー] タブをクリックします。
  4. ミーティングまたはウェビナーの上にカーソルを置いてから、[Zoom へレポート] をクリックします。
  5. ミーティングやウェビナーが複数のセッションで構成されている場合、セッションの横にある [このセッションについてレポート] をクリックします。
  6. ドロップダウン メニューをクリックして、レポートする参加者を選択してから、[レポート] をクリックします。
    : ミーティングまたはウェビナーに 1 名の他の参加者しかいない場合にはこのオプションは表示されません。
  7. この参加者を通報する理由にチェックを入れてください。
  8. (オプション)補足情報を付け加えるには、コメントを入力します。
  9. (オプション)[ファイルを選択] をクリックして、問題を示すスクリーンショットや写真を追加します。
  10. [送信] をクリックします。

保留中、確認済み、完了済みのレポートの表示

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理] をクリックしてから、[レポート] をクリックします。
  3. [ユーザー アクティビティ レポート] タブをクリックします。
  4. [レポートされた参加者] をクリックします。
  5. 次のタブのいずれか 1 つをクリックします。
    • [確認待ち]: 確認待ちで、Zoom に送信されていないレポート。 レポートを送信するには、[確認] をクリックします。
    • [確認済み]: Zoom に送信されているが、決着していないか、解決していないレポート。
    • [完了済み]: Zoom に送信されていて、決着しているか、解決しているレポート。
Powered by Zendesk