注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



Zoom Roomsをバージョン5.0.5に更新する フォローする

概要

2020年8月16日までに、Zoom Roomsおよびコントローラーでバージョン5.0.5以降が実行されていることを確認してください。Zoom RoomsとZoom Roomsコントローラーのバージョン5.0.5は7月5日にリリース予定です。この日にはルームとコントローラー間の暗号化が強化されるため、ルームが機能するにはこの最小バージョンが必要です。強化された暗号化の詳細を参照してください

Zoom Roomsまたはコントローラがバージョン5.0.5以上を実行していない場合、8月16日からZoom RoomsコントローラーはZoom Roomsコンピューターから切断され、ルームはなくなります。Zoomクライアントは、最高の直接共有エクスペリエンスを得るためにバージョン5.1.1以上である必要があります。

5月30日の時点で、GCM 暗号化はすべてのミーティングで有効になっています。バージョン5.0.0以上を実行していないZoom RoomがZoomミーティングに参加しようとすると、Zoom Roomsは参加できなくなり、エラー メッセージが表示されます。管理者はZoom Roomsをアップグレードする必要があります。

Zoom 5.0 GCMの一般的な FAQについては、GCM暗号化用Zoomクライアントバージョン5.0の更新を参照してください。

この記事の内容:

Zoomウェブポータルを使用してZoom Roomsをアップグレードする

IT管理者は、最小バージョン要件を満たすために、ZoomウェブポータルでZoom Roomを 5.0.5以降にアップグレードできます。

  • Neat Bar Zoom RoomsアプライアンスはNeatにより自動的にアップグレードされます。 5.0.5への自動アップグレードは、7月中旬に開始予定です。
  • Poly X30、X50、G7500、DTEN Zoom Roomsアプライアンスは個別にアップグレードする必要があります(ロケーション別およびアカウント別の更新はサポートされません)。
  • Poly X30、X50、G7500は、7月中旬にZoom Roomsバージョン5.0.5のファームウェアをリリース予定です。

Zoom Roomsコントローラーのアップグレード

2020年8月16日: Zoom Roomsでは、Zoom RoomsコントローラーとZoom Rooms間の暗号化が強化される予定です。最小バージョン以下で実行されるZoom Roomsコントローラー(Zoom Roomsスケジュール作成ディスプレイを含む)は、機能しなくなります。2020年8 月16日までにZoom Rooms Controllerが正常に動作するように、Zoom Roomsコントローラーのソフトウェアを更新して、最小バージョン5.0.5の要件を満たすようにしてください。 今後のリモートソフトウェア更新を有効にするために、Zoom RoomsコントローラーをZoomデバイス管理に登録することをお勧めします。

埋め込みAndroid Zoom Roomsコントローラーのアップグレード

  • Poly TrioでのZoom Roomsコントローラーのアップグレード
  • Crestron MercurとCrestron TSS/ TSWのZoom Roomsコントローラーのアップグレード: Crestronは7月中旬に自動更新メカニズムを介 してすべてのデバイスのバージョンを5.0.5にアップグレードします
  • Yealink CP960でのZoom Roomsのアップグレード Yealinkは、7月下旬にZoom Roomsバージョン5.0.5のファームウェアをリリース予定です。

トラブルシューティング

既知の問題: Poly TrioがZoom Roomsから切断される

Poly Trioで実行されているZoom Rooms 5.0.0に関する既知の問題により、コントローラーがZoom Roomsから切断される場合があります。この問題はAndroid Zoom Roomsコントローラー5.0.5で修正されています。Polyは7月下旬に修正を含むファームウェアバージョンをリリースする予定です。この問題は、Poly Trioにのみ影響します。

Polyファームウェアが利用可能になる前にこの問題が発生した場合:

  1. Zoomウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーションメニュー内で、ルーム管理Zoom Roomsの順にクリックします。
  3. Zoom Roomsの表示名またはロケーション名の隣の編集をクリックします。
  4. ミーティングタブをクリックして、次のミーティング設定をオフにします。
    • 次回ミーティングのアラート: ミーティングに参加していないときに、コントローラーにアラートを表示するチェックボックスをオフにします。
    • スケジュールされたミーティングの自動開始

よくあるご質問(FAQ)

Zoom RoomsコントローラーがZoom Roomsへの接続を失いました。どうすればよいですか?
Zoom Roomsとコントローラーは8月16日から5.0.5の最小バージョンが必要になるため、Zoom Roomsまたはコントローラーがこれらの要件を満たしていない場合は、ルーム管理者がアップグレードする必要があります。 

Zoom RoomsとZoomコントローラーを同時にアップグレードする必要がありますか?
Zoom RoomsとZoom Roomsコントローラーを機能させるためには、8月16日までにZoom RoomsとZoom Roomsコントローラーのバージョンを5.0.5にアップグレードするあります。できるだけ早く両方をアップグレードすることをお勧めしますが、どちらを先にアップグレードしても問題ありません。 

8月16日より前に新しいZoom Roomsを展開する場合またはバージョン5.xでZoom Roomsにサインインする場合、ペアリングコードを使用するには、Zoom Rooms コントローラーをバージョン5.0以上にアップグレードする必要があります。または、Zoom RoomsとZoom Roomsコントローラーで個別にサインインするか、アクティベーションコードを入力することもできます。8月16日以降、すべてのZoom RoomsとZoom Roomsコントローラーは、接続するためにバージョン5.0.5を求められます。

これはどのようにZoom Roomsでの画面共有に影響を与えますか?
8月16 日より、Zoomクライアントは、最高のダイレクト共有エクスペリエンスをお届けするために、バージョン5.1.1以上を要求します。

バージョン5.1.1以降でないZoomクライアントは、Zoom Roomsで共有できますが、そのエクスペリエンスは異なります。パスコードが有効になっている場合は、共有を開始するためにパスコードを入力する必要があります。待機室が有効になっている場合は、見つめる前に許可を得る必要があります。 

Zoom Roomsからミーティングに参加しようとしましたが、「問題が発生しました。エラーコード: 1137」というメッセージが表示されました
Zoom Roomsのバージョンが4.5.0以前であることが原因です。Zoom RoomsはGCMをサポートしていないため、ミーティングするにはバージョン5.0以降にアップグレードする必要があります。

Zoom Rooms 5.0のOS要件はありますか?
macOS版のZoom Roomsがある場合は、macOSバージョン 10.10以降が必要です。

Powered by Zendesk