Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

電話機用ホットデスクの使い方 フォローする

概要

ホットデスク機能とは、Zoom Phone ユーザーが各自の内線番号と PIN を使って、プロビジョニングされている固定電話に一時的にサインインできる機能です。 ここでは、ホットデスク機能の使用例を紹介します。

  • シェアオフィスやコワーキング スペース: 複数の会社の Zoom Phone ユーザーが、それぞれの電話番号とボイスメールを通じてアクセスできる状態で、1 つの電話機を利用することができます。
  • 出張中の営業チームやフィールド チーム: 営業担当者がオフィスを離れて仕事をしていても、ホットデスク機能が有効になっている電話機にサインインすると簡単に連絡を取ることができます。また担当者固有の電話番号と内線番号を使えることから専門性を確保できます。
  • 24 時間 365 日体制のコールセンター: コンタクト センターのシフトワーカーは、1 つのデスクを共有しながら、ボイスメール ボックスと電話番号を別のシステムとして管理しています。
  • 外出中または出張中の従業員: 外出や出張の多い従業員は、自分の固定電話でホットデスクを有効にし、他の従業員が自分の固定電話にサインインすることを許可できます。

:

  • ホットデスクを有効にしていなくても、[サインアウト] ソフトキーが表示されます。 ホットデスクを有効にした固定電話にサインインする際に、[サインアウト] を押した後に [サインイン] を押さないようにしてください。
  • [サインアウト] ソフトキーは、お客様のセキュリティとプライバシーのためのものです。 このソフトキーを使うと、デスクを離れるときに電話機からサインアウトして、他者が自分の電話機にアクセスして電話をかけることを防ぐことができます。 [サインイン] を押すと、内線番号とボイスメール用 PIN を入力して電話機にサインインし直すことができます。

この記事の内容:

前提条件

ホットデスクの有効化

管理者

管理者は、割り当てられた固定電話または共用エリア電話機のホットデスクを有効にすることができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、割り当てられたデバイスまたは共用エリア電話機のページに移動します。
    • 割り当てられた電話機: [電話システム管理]、[電話機とデバイス] の順にクリックします。
    • 共用エリア電話機: [電話システム管理]、[ユーザーとルーム] の順にクリックします。 [共用エリア電話機] タブをクリックします。
  3. ホットデスクを有効にしたいデバイスの表示名をクリックします。
  4. [ポリシー] タブをクリックします。
  5. トグルボタンをクリックしてホットデスクを有効にします。

ユーザー

ユーザーは、自分に割り当てられた電話機に対してホットデスクを有効にすることができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで [電話] をクリックします。
  3. 下にスクロールして [固定電話] のセクションに移動します。
  4. 対象の電話機の [ホットデスクを許可] のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。

セッションのタイムアウト制限の設定(管理者)

管理者は、ホットデスクを有効にした電話機に対してセッションのタイムアウト時間を設定することもできます。 ホットデスク機能を備えた電話機にサインインしているユーザーは、制限時間に達すると自動的にサインアウトされます。 詳しくは、アカウント レベルの固定電話設定をご覧ください。

ホットデスクの使い方

固定電話でホットデスクが有効になっている場合、その電話機に一時的にサインインすることができます。 ユーザーがサインアウトすると、その電話機は元のオーナーに再割り当てされるか、再び共用エリア電話機として機能します。 通常、共用エリア電話機のホーム画面には [未割り当て] と表示されます。

: 管理者は、ホットデスクのセッション タイムアウト制限を設定できます。 制限時間に達すると、電話機はホットデスク セッションから自動的にサインアウトします。

サインイン

  1. 次のいずれかの方法で電話機にサインインします。
    • 電話機のホーム画面で [外部参加者] ソフトキーを押します。
      重要: 割り当てられた電話機にサインインしている場合は、[サインアウト]を押した後に [サインイン] を押さないようにしてください。 これにより、元のオーナーからデバイスの登録が解除され、ホットデスクが無効になります。
    • *91」をダイヤルして電話をかけます。コードについて詳しくは、DTMF コードをご覧ください。
  2. 音声ガイダンスに従って、内線番号とボイスメール用 PIN を入力します。
    電話機が再起動してお客様の情報を登録します。 電話機が自動的に再起動しない場合は、手動で再起動を行ってください。

サインアウト

電話機の使用を終えたら、以下のいずれかの方法でサインアウトできます。

  • ソフトキー メニューの 2 ページ目にある [サインアウト] ソフトキーを押します。
  • *92」をダイヤルして電話をかけます。コードについて詳しくは、DTMF コードをご覧ください。

電話機が再起動して元のオーナーに再割り当てされるか、再び共用エリア電話機として機能します。 電話機が自動的に再起動しない場合は、手動で再起動を行ってください。

ホットデスクを使った電話の表示とリモートでのサインアウト

管理者

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、割り当てられたデバイスまたは共用エリア電話機のページに移動します。
    • 割り当てられた電話機: [電話システム管理]、[電話機とデバイス] の順にクリックします。
    • 共用エリア電話機: [電話システム管理]、[ユーザーとルーム] の順にクリックします。 [共用エリア電話機] タブをクリックします。
  3. ホットデスクが有効になっている電話機の現在のサインイン状況を確認するには、[Hot Desking] 列をご覧ください。
    : ホットデスクが有効になっているデバイスを確認するには、電話機の表示名をクリックしてその設定を表示します。
  4. (省略可)[サインインしているホットデスク デバイスのみを表示] を選択します。
  5. [ホットデスク] 列で、対象の電話機の [サインアウト] をクリックして、アクティブなホットデスク セッションからサインアウトします。

ユーザー

自分の電話機でホットデスクが有効になっている Zoom Phone ユーザーは、他のユーザーを自分の電話機からリモートでサインアウトすることができます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで [電話] をクリックします。
  3. 下にスクロールして [固定電話] のセクションに移動します。
  4. リモートでサインアウトする電話機の上にカーソルを合わせて、[サインアウト] をクリックします。
Powered by Zendesk