2020年6月14日の新規更新

最終更新日:

ウェブの新規更新

既存の機能の変更

  • 制限付きの発信者IDオプション
    発信者IDを選択する場合、電話ユーザーはデフォルトでメインの自動受付から電話番号のみを選択できます。以前は、電話ユーザーは任意の自動受付から番号を選択することができました。
  • 電話ユーザーをインポートするためのCSVフィールド
    電話ユーザーをインポートする場合、CSVには名と姓のフィールドが含まれます。以前は、CSVには姓と名のフィールドが1つしかありませんでした。

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • 電子メールとパスワードのログインを無効にする設定
      アカウントオーナーと管理者は、メールアドレスとパスワードを使用してZoomへのサインインを無効にできるようになりました。この設定は、Zoomウェブポータルの「詳細設定」、「セキュリティ」の下にあります。
    • 参加者の注釈を無効にする設定
      アカウントオーナーと管理者は、Zoomウェブポータルから参加者の注釈を無効にできるようになりました。画面を共有している参加者はまだ注釈をつけられますが、この設定が有効になっている場合、他の全参加者は注釈をつけることができません。この設定は、アカウント、グループ、およびユーザーのレベルで使用できます。
    • パスワード要件を満たすオプション
      アカウントオーナーまたは管理者は、大文字と小文字の両方を必要としたり、連続する文字(「12345」や「abcde」など)を含め、ミーティングのパスワードの最小要件を有効にできるようになりました。これらの設定を適用するには、ユーザーがZoomクライアント5.1.0以降を使用している必要があります。
    • 待機室をバイパスするためのホワイトリスト登録ドメインの構成
      アカウントオーナーと管理者は、待機室をバイパスできるドメインを追加できるようになりました。ユーザーがこのドメインの電子メールアドレスでZoomアカウントにサインインしているユーザーは待機室をバイパスして会議に直接参加します。
    • シングルサインオン(SSO)SAMLログのエクスポート
      アカウントオーナーと管理者は、問題のトラブルシューティングにSSOログをエクスポートできるようになりました。
    • アカウントのバーチャル背景を管理
      アカウントオーナー者と管理者は、アカウントのすべてのユーザーのZoomウェブポータルにバーチャルきるようになりました。バーチャル背景設定がロックされている場合、ユーザーは管理者がアップロードしたバーチャル背景にしかアクセスできず、Zoomクライアントから自分の背景を追加することはできません。この設定はアカウントレベルとグループレベルで利用でき、Zoomクライアントバージョン5.1.1が必要です。
  • ユーザー機能
    • イタリア語とベトナム語の言語サポート
      Zoomウェブポータルでは、ユーザーのブラウザー設定に基づいて、デフォルトでイタリア語またはベトナム語が使用できるようになりました。ユーザーは、ウェブポータルのフッターの言語のドロップダウン リストから、手動でイタリア語またはベトナム語を選択することもできます。
  • 電話機能
    • アカウント レベルのデータ保持ポリシーを設定
      アカウント所有者と管理者は、Zoom Phoneユーザー データがシステムに保持される時間を設定できます。このデータには、通話ログ、アドホック/自動通話録画、ボイスメールの録音/トランスクリプションが含まれます。
    • ボイスメールのトランスクリプションを無効化
      アカウントオーナーと管理者は、電話ユーザー、サイト、アカウント(単一サイト)のボイスメールのトランスクリプションを無効にするために、ポリシー設定を変更できます。
    • ボイスメールを無効化
      アカウントオーナーと管理者は、電話ユーザー、サイト、またはアカウント(単一サイト)のボイスメール受信ボックスを無効にするために、ポリシー設定を変更できます。
    • ノマドワーカー向け緊急サービス
      ノマドワーカー向け緊急サービスは、緊急時の通話のためにユーザーのロケーションを動的に検出して報告する機能を提供します。アカウントオーナーと管理者は、住所、IPアドレスの範囲、ワイヤレスアクセスポイント識別子を指定して、ロケーションを定義します。電話ユーザーが定義されたロケーションから緊急電話をかけると、関連する緊急連絡先が緊急対応者に送信されます。米国およびカナダのサイトでは、この動的なロケーションデータを、公安応答窓口(PSAP)と内部安全対応チームの両方に送信できます。
    • ノマドワーカー向け緊サービスにCSVファイルをアップロード
      アカウントオーナーと管理者は、CSVファイルをアップロードして、ロケーションを追加し、関連付けられているIPアドレス範囲、ワイヤレスアクセスポイント識別子、緊急アドレスを指定できます。
    • ノマドワーカー向け緊急サービスのための個人的なロケーション
      アカウントオーナーと管理者は、ユーザーがロケーションを定義して緊急連絡先を指定できるようにします。Zoomクライアントは、そのロケーションのIPアドレスまたはワイヤレスアクセスポイント識別子を自動的に保存します。電話ユーザーが定義されたロケーションから緊急電話をかけると、関連する緊急連絡先が緊急対応者に送信されます。
    • ユーザーの並べ替え
      アカウントオーナーと管理者は、Zoom Phoneにユーザーを追加するときにユーザーを並べ替えることができます。
    • 選択可能な発信者ID をコントロール
      アカウントオーナーと管理者は、電話ユーザーが発信者IDを、呼び出し キュー、自動受付、または共有回線グループに割り当てられた直接番号に変更できるかどうかをコントロールできます。
    • 呼び出しキューメンバーシップの機能強化
      アカウントオーナーと管理者は、複数のマネージャーを呼び出しキューに割り当てることができます。また、呼び出しキューからマネージャーを削除したり、メンバーのない呼び出しキューを作成したりすることもできます。
    • 呼び出しキュールーティングオプションの機能強化
      アカウントオーナーと管理者は、ボイスメールにルーティングされる代わりに受信通話が切断されるようにルーティング オプションを変更できます。また、呼び出しキューの営業時間を設定して、メンバーの勤務時間を上書きすることもできます。
    • 内部の安全対応チームとして呼び出しキューを設定
      アカウントオーナーと管理者が内部の安全対応チームとして呼び出しキューを設定すると、関連付けられた呼び出しキューの営業時間とオーバーフロー設定を変更することを促すプロンプトが表示されます。この呼び出しキューは内部の安全対応チームとしてラベル付けされ、緊急コールが呼び出しキューにルーティングされるときに一部の設定が制限されます。
    • 呼び出しキューマネージャーのコントロール特権
      アカウントオーナーと管理者は、呼び出しキューマネージャーが呼び出しキューの自動録音を有効または表示できるかどうかをコントロールできます。また、マネージャーが電話ユーザに呼び出しキューの録音を表示するためのアクセス権を付与できるかどうかをコントロールすることもできます。
    • 音声プロンプトのデフォルト言語を設定
      アカウントオーナーと管理者は、呼び出しキューと自動受信担当者の音声プロンプトのデフォルト言語を設定できます。これは、サイトレベルの設定をオーバーライドします。
    • 電話番号の表示名を設定
      アカウントオーナーと管理者は、電話番号の表示名を設定できます。これにより、発信者番号を選択するときに、電話ユーザーが番号を識別しやすくなります。
    • IVR用のボイスメールの案内応答をカスタマイズ
      アカウントオーナーと管理者は、現在の自動受信のボイスメール受信ボックスにルーティングするときにボイスメールの案内応答をカスタマイズできます。
    • 外部番号への通話の転送
      アカウントオーナーと管理者は、外部の電話番号に通話を転送するようにIVRメニューを設定できます。また、外部番号にオーバーフローするように呼び出しキューを設定することもできます。通話はプランレートで計測されます。
    • 名前によるダイヤルディレクトリの機能強化
      名前によるダイヤル ディレクトリが有効になっている場合、アカウントオーナーまたは管理者は、電話ユーザーを除外または含めることによってディレクトリを作成できます。
    • すべての呼び出しキューと自動受付の表示名のハイパーリンク
      呼び出しキューと自動受付のすべての表示名はハイパーリンクされるため、アカウントオーナーと管理者は、関連付けられている設定に簡単にアクセスできます。
    • 設定に必要ない主要な会社番号
      最初のZoom Phoneのセットアップでは、アカウントオーナーと管理者は、会社代表番号を設定する必要はありません。これは最初のセットアップ後に実行できます。
    • 電話番号を発信または着信として設定
      アカウントオーナーと管理者は、電話番号を発信または着信の番号に設定できます。発信番号は、電話をかける場合にのみ使用できます。着信番号は、電話を受ける場合にのみ使用できます。
    • 会社代表番号を保留番号に変更
      アカウントオーナーと管理者は、会社代表番号をZoom Phoneにポーティング中の番号に変更できます。保留中の番号が確認された場合、保留番号を発信者IDとして使用することもできます。
    • アドホック録画のアナウンスを無効化
      アカウントオーナーと管理者は、アドホック録画を開始する前に再生されるアナウンスを無効にすることができます。アナウンスはデフォルトで有効になっています。このポリシー設定は、電話、サイト、またはアカウント(単一サイト)のレベルで変更できます。
    • 番号オーダーフォーム
      アカウントオーナーと管理者は、直接購入できない場合に、ウェブポータルを使用して、電話番号を取得する要求を送信できます。以前は、外部フォームを使用して番号を要求する必要がありました。
    • デスクフォン用ホットデスク
      アカウントオーナーと管理者は、アカウントの電話ユーザーがボイスメールPINを入力してデスクフォンを一時的に使用できるようにします。これにより、電話ユーザーは共有デバイスを簡単に使用できます。
    • 共通エリア電話のオーバーフローオプションを設定
      アカウントオーナーと管理者は、通話に応答がない場合、受信通話を共通エリアの電話にルーティングできます。
    • ノマドワーカー向け緊急サービスのための個人的なロケーション
      ユーザーは、ロケーションを定義し、緊急連絡先を指定できます。Zoomクライアントは、そのロケーションのIPアドレスまたはワイヤレスアクセスポイント識別子を自動的に保存します。電話ユーザーが定義されたロケーションから緊急電話をかけると、関連する緊急連絡先が緊急対応者に送信されます。
    • 緊急連絡先を変更する際の対処方法
      電話ユーザーが緊急連絡先を変更すると、推奨アドレスが表示されます。候補の住所または入力した住所を使用することを選択できます。
    • 委任の責任を承諾または辞退
      代理人として割り当てられたユーザーは、通話が転送される前に委任の責任を承諾または辞退できます。代理人は、承諾または辞退するまで保留中として表示されます。
  • 開発者向け機能
    • 呼び出しキューの録音を取得する新しいAPIを追加しました
      • GET /v2/phone/call_queues/{callQueueId}/recordings
    • 共有回線グループ管理用の新しいAPIが追加されました
      • POST /v2/phone/shared_line_groups -PATCH /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLingGroupId}
      • GET /v2/phone/shared_line_groups
      • GET /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}
      • DELETE /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}
      • POST /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}/members
      • DELETE /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}/members/{memberId}
      • DELETE /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}/members
      • POST /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}/phone_numbers
      • DELETE /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}/phone_numbers/{phoneNumberId}
      • DELETE /v2/phone/shared_line_groups/{sharedLineGroupId}
    • 自動受付管理のための新しいAPIが追加されました
      • POST /v2/phone/auto_receptionists
    • サイト一覧・サイト取得APIに新しい応答フィールド(「country」)が追加されました
      • GET /v2/phone/sites
      • GET /v2/phone/sites/{siteId}
    • ユーザー一覧APIに新しい応答フィールド(「calling_plans」)が追加されました
      • GET /v2/phone/users
    • ユーザープロフィール取得APIに新しい応答フィールド (「site_admin」)が追加されました
      • GET /v2/phone/users/{userId}
    • 以下のAPIのpage_numberを置き換える新しい応答フィールド(「next_page_token」)を追加しました
      • GET /v2/phone/users/{userId}/call_logs
      • GET /v2/phone/call_logs
      • GET /v2/phone/user/{userId}/recordings
      • GET /v2/phone/users/{userId}/voice_mails
    • APIを使用して無料試用プランをプロ以上のプランにアップグレードできるようにします。
      • PATCH /accounts/{accountId}/plans/base/status
    • ZAKトークンAPIを取得するために新しいフィールド(「ttl」)を追加しました
      • GET /users/{userId}/token
    • アカウントのベーシックユーザー数に対して厳密な制限を追加しました。アカウントには、保留中のユーザーを含めて最大9999人のユーザーしか指定できません。
      • POST /users
      • PATCH /users/{userId}
      • PUT /users/{userId}/status
    • アカウント設定APIに新しいフィールド値(“option”:“security”)を追加しました
      • GET /accounts/{accountId}/settings
      • PATCH /accounts/{accountId}/settings
    • アカウントとユーザーの設定APIに新しいフィールドを追加しました(“have_upper_and_lower_characters”,“consecutive_characters_length”,“weak_enhance_detection”)
      • GET /accounts/{accountId}/settings
      • PATCH /accounts/{accountId}/settings
      • GET /users/{userId}/settings

解決済みの問題

  • Zoomウェブポータルでミーティングのサブセットを編集しようとすると、ホストがウェビナーページにリダイレクトされる問題が解決しました
  • 一部のユーザーがスケジュール作成権限を削除できないという問題を解決しました
  • ウェビナー確認メールの参加リンクで一部のユーザーが登録ページに戻る必要がある問題が解決しました
  • ドメインの管理に関連するメールを受信していないユーザーがいる問題を解決しました
  • 「サードパーティーエンドポイント(H323/SIP)に対して暗号化が必要」がオンプレミスアカウントのミーティングコネクタ接続にも影響する問題を解決しました
  • ウェビナー不在者を取得中に誤って「権限なし」エラーが発生したバグを修正しました。
    • GET /v2/past_webinars/{webinarId}/absenteese
  • 自動作成ユーザーオプションが既存のユーザーを自動的にアカウントに引き込むことを許可していたバグを修正しました。
    • POST /users
  • ミーティングAPIの作成を使用する際に、特定のPMI設定が上書きされる問題を修正しました。
    • POST /users/{userId}/meetings
  • アカウント設定取得APIを使用して誤ったセキュリティ パスワード設定が返されるバグを修正しました。
    • GET /accounts/{accountId}/settings
  • マイナーなバグ修正

Zoom Phoneデバイスの新規更新

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • デスクフォン用ホットデスク
      アカウントオーナーと管理者は、アカウントの電話ユーザーがボイスメールPINを入力してデスクフォンを一時的に使用できるようにします。これにより、電話ユーザーは共有デバイスを簡単に使用できます。
    • 共通エリア電話のオーバーフローオプションを設定
      アカウントオーナーと管理者は、指定した時間が経過しても通話に応答がない場合、受信通話を共通エリア電話にルーティングできます。
  • ユーザー機能
    • デスクフォンの管理者パスワード
      電話のユーザーは、デスクフォンの製造元から提供されるデフォルトのパスワードを使用している場合は、デスクフォンのデフォルトの管理者パスワードを変更する必要があります。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。