注意: アクセス数が増加し、大変つながりにくくなっています。FAQ(よくある質問)の回答を閲覧したり、当社にお問合せいただくことはできますが、通常よりアクセスに時間がかかる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。



FAQ(よくあるご質問):ミーティング待機室とパスコード要件(2020年9月27日) フォローする

概要

9月27日から、シングルライセンスユーザー、2つ以上のライセンスを持つプロアカウント、10~100件のライセンスを持つビジネスアカウントに対して、すべてのミーティングでパスコードまたは待機室を使用することが義務付けられます。詳細については、カスタマーサクセスマネージャーまたはZoomサポートまでお問い合わせください。ミーティングのセキュリティ設定はユーザーがコントロールできます。セキュリティと使いやすさを考慮したオプションが揃っています。

注記:無料アカウントユーザーについては、ミーティング用パスワード(パスコード)がすでに義務付けられています。. 100件以下のライセンスを持つ政府向けZoomアカウントについては、2020年10月18日から、パスコードまたは待機室が必要になります。 

よくあるご質問(FAQ)

パスワードとパスコードの違いは何ですか?
 今回の変更に伴い、ミーティング固有のコードを「パスコード」と呼び、「パスワード」という名称を廃止します。パスコードは、招待されたミーティング参加者がアクセス用のミーティングIDとともに提供されます。

「パスワード」は、Zoomアカウントのサインイン認証情報を指します。セキュリティ保護のベストプラクティスとして、パスワードを共有しないようにしてください。

9月27日までに待機室またはパスコードを有効にしなかった場合、どうなりますか?
どちらも有効にされていない場合は、Zoomが待機室を有効にします。

この設定は、政府向けZoomの顧客にどのような影響がありますか?
100件以下のライセンスを持つ政府向けZoomのお客様の場合、2020年10月18日からパスコードまたは待機室が必要になります。 

すでにパスコードまたは待機室を有効に設定している場合、何か変更がありますか?
 いいえ、現在選択している設定のままになります。ユーザーまたは管理者は、随時、セキュリティ設定を変更できます。

今回の設定変更は、ミーティングをスケジュール設定する際のカレンダー統合に影響はありますか?
 パスコードまたは待機室を有効にしている場合、ミーティングのスケジュール設定に変更はありません。

パスコードを既存のミーティングに追加した場合、パスコードを含めて、カレンダー招待を再送してください。新しいミーティングにパスコードを追加した場合、パスコードは自動的にミーティングリンクに埋め込まれます(この機能を無効にしている場合を除く)。

新規または既存のミーティングで待機室を有効に設定しても、カレンダー招待には影響ありません。

待機室とは何ですか?また、どのような仕組みになっていますか?
 待機室機能は、セッションに参加する前に参加者を待機室に配置することで、参加者がミーティングに入るタイミングをホスト側でコントロールできます。待機室の選択項目、「ホストの前に参加する」(図示しない)のオプション、待機室に誰を配置するかを確認することをおすすめします。

ドメインで待機室や待機室機能を回避する方法については、このサポート記事を確認してください。

待機室またはパスコードを有効にするにはどうしたら良いですか?
管理者やユーザーは、Zoomウェブポータルにサインインし、アカウントレベルでパスコードや待合室を有効にすることができます。
アカウントでパスコードを有効にする場合は、詳細なサポート記事をご覧ください。重要:既存のミーティングにパスコードを追加した場合、パスコードを含めて、カレンダー招待を再送してください。
アカウントで待機室を有効にする場合、このサポート記事をご覧ください。

ミーティングレベルで待機室を有効にする場合、ミーティングを開始し、ミーティング内セキュリティコントロールを使用して待機室を有効にするか、待機室がアカウントで有効にしている場合、個別のミーティングを編集して、待機室を追加します。

パスコードは、ウェブ、デスクトップ、モバイルクライアントからミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
セキュリティ方法としてパスコードを選択している場合、パスコードは自動的にミーティングのリンクに埋め込まれます(この機能を無効にしている場合を除く)。ミーティング参加者は、クリック1回でミーティングに参加できます。手動でミーティングIDを入力した場合、パスコードも手動で入力する必要があります。

パスコードは、電話でミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
ミーティングのセキュリティ設定は「電話で参加する際、パスコードを要求する」を選択しない限り、電話のパスコード要件に影響を及ぼすことはありません。

待機室は、電話でミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
待機室のあるミーティングの場合、参加者は通常どおり、ダイヤルインします。参加者が待機室に入室したことを示すプロンプトが鳴りますので、ホストは参加者の入室を許可します。

待機室は、電話でミーティングに出席するホストにどのような影響がありますか?
ミーティングで待機室が有効に設定されており、「ホストの前に参加」が無効の場合、ホストはミーティングを開始し、ホストキーを入力して待機室を無効にします。ホストは待機室が無効にされたことを示す音声のプロンプトが聞こえたら、出席者全員の参加が許可されます。*5を押すと、ミーティングをロックまたはロック解除できます。

パスコードは、カンファレンスルームコネクター(CRC)でミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
 カンファレンスルームコネクターで管理されるSIP/H.323デバイスの場合、パスコードは自動的にミーティング情報とワンタッチ参加カレンダーのミーティングリンク(この機能を無効にしている場合を除く)に埋め込まれます。CRCにミーティングが表示されますので、クリックするだけで参加できます。

管理されていないSIP/H.323デバイスやインスタントミーティングのパスコードを入力するプロンプトが表示されます。

待機室は、カンファレンスルームコネクター(CRC)でミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
セキュリティの方法として待機室を選択した場合、SIP/H.323デバイスを経由してミーティングに出席した参加者は、参加者が入室するまで待機室に配置されます。待機室にどの参加者を配置するかは、設定でカスタマイズできます。

パスコードは、Zoom Roomsでミーティングに出席する参加者にどのような影響がありますか?
 パスコードを選択した場合、カレンダー統合機能があり、「ミーティングリストからミーティングに参加する場合、パスコードは不要」を有効に設定しているZoom Roomsとバージョン4.5.0以降のコントローラーでは、手動でパスコードを入力せずに、ミーティングリストから参加できます。

パスコードを選択し、ルームの参加者がミーティングIDを入力して参加する場合、ミーティングに入る前にパスコードを尋ねられますので、手動で入力する必要があります。

待機室は、Zoom Roomsでミーティングに出席する参加者にどのよう
な影響がありますか?セキュリティの方法として待機室を選択した場合、Zoom Roomsを経由してミーティングに出席した参加者は、参加者が入室するまで待機室に配置されます。待機室にどの参加者を配置するかは、設定でカスタマイズできます。

この変更はウェビナーにどのように影響しますか?
9月27日のリリースでは変更はありません。ウェビナーではデフォルトでパスコードが有効に設定されていますが、管理者とユーザーはウェビナーのパスコードを無効にすることもできます。

管理者が既存のミーティングのパスコードをロックすると、どうなりますか?
既存のミーティングの場合、パスコードは自動的に生成され、すべてのミーティングに適用されます。新しいパスコードを含めた招待を再送信します。

管理者が新しいミーティングのパスコードをロックすると、どうなりますか?
新しいミーティングの場合、パスコードは自動的に生成され、新しいミーティングと招待状に必ず適用されます。

管理者が待機室をロックすると、どうなりますか?
待機室がすべてのミーティングに適用されるようになります。待機室のゲストのミーティング参加を許可する必要があります。管理者がこの機能をロックしていない限り、待機室にどの参加者を配置するかは、設定でカスタマイズできます。

管理者が待機室とパスコードを両方ロックすると、どうなりますか?
既存のミーティングの場合、パスコードと待機室のいずれかがすべてのミーティングに義務付けられます。パスコードは自動的にミーティングリンクに埋め込まれ、新しいパスコードを含めて招待状を再送信する必要があります。設定によって、待機室を回避できないミーティング参加者は、ミーティングの入室を許可するまで待機する必要があります。待機室にどの参加者を配置するかは、設定でカスタマイズできます。

新しいミーティングの場合、すべてのミーティングでパスコードと待機室のいずれかが義務付けられます。パスコードはミーティングリンクに自動的に埋め込まれ、ミーティング情報に含まれます。設定によって、待機室を回避できないミーティング参加者は、ミーティングの入室を許可するまで待機する必要があります。待機室にどの参加者を配置するかは、設定でカスタマイズできます。

管理者が選択した設定をロックすると、どうなりますか?
管理者が選択した設定を無効にすることはできません。この機能に変更はありません。

私のミーティングは待機室とパスコードのどちらが設定されているか確認できますか?
はい。ユーザーがウェブポータルにサインインすると、[ミーティング]タブに、パスコードなしでスケジュールされたミーティングのリストが表示されます。これには赤い警告アイコンが付きます。

待機室機能を避けるため、認定ドメインを設定するにはどうしたら良いですか?
管理者が待機室設定をロックしていない限り認定ドメインのリストを設定して、待機室を回避できるユーザーを指定できます。

管理者:

パスコード/待機室の選択はすべてのユーザーに影響しますか?
 はい。アカウントまたはグループレベルのいずれかでデフォルトを定義できます。この設定は新しいミーティングに影響を及ぼしますが、ユーザーまたはミーティングレベルで設定をカスタマイズできます。今後開催されるミーティング、またはスケジュール設定済みのミーティングに特定の設定をしたい場合は、設定をロックすることもできます。すべてのミーティングにパスコードまたは待機室のいずれかが適用されます。いずれも有効にされていない場合は、待機室が適用されます。

現在、私のアカウントでは待機室とパスコードのどちらが有効に設定されているか確認できますか?
はい。有料アカウントの管理者は、以下のレポートを見ると、パスコードなしでスケジュール設定されたミーティングがどれかがわかります。

選択項目をすべてのユーザーについてロックできますか?あるいはユーザーのみにロックできますか?
はい、アカウントまたはグループレベルでロックできます。注記:すべてのユーザーミーティングに適用する選択を行う場合は、設定をロックする必要があります。

選択項目をロックしないと、どうなりますか?
パスコードまたは待機室、あるいは両方を有効にするよう、設定を変更できます。すべてのミーティングで、パスコードまたは待機室のいずれかが有効に設定されています。

パスコード/待機室を新たに選択すると、これまでのオプションが上書きされますか?
選択したオプションをロックしていない限り、ユーザーがすでにセキュリティオプションを選択済みの場合は、上書きされません。すべてのミーティングに適用するには、セキュリティ設定をロックする必要があります。

この記事の内容はLTIインテグレーションにも適用されますか?
はい。

Powered by Zendesk