Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

Zoom Phone ユーザー設定を変更する フォローする

概要

Zoom Phone にユーザーを追加した後、Zoom Phone ユーザーの設定を変更できます。

:

この記事の内容:

前提条件

  • プロ、ビジネス、または教育機関向けアカウント
  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • Zoom Phone ライセンス

Zoom Phone ユーザーの設定へのアクセス

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[ユーザーとルーム] の順にクリックします。
  3. 設定を調整する Zoom Phone ユーザーの名前をクリックします。

Zoom Phone ユーザー設定のカスタマイズ

次の設定をカスタマイズできます。

プロフィール タブ

  • サイト複数のサイトがある場合にのみ表示される): Zoom Phone ユーザーが所属するサイトを表示します。 ドロップダウン メニューを使用して別のサイトを選択し、ユーザーを別のサイトに移動します。
  • [パッケージ]: [割り当てる] をクリックして、発信通話パッケージを割り当てます。 割り当てられたパッケージの横にある [x] をクリックします。
  • 内線番号: [編集] をクリックして、Zoom Phone ユーザーに割り当てられた内線番号を変更します。
    :
    • 一部の内線番号は特別なサービス番号であり、使用できません
    • 内線番号は 3~6 桁です。 内線番号の桁数を長くしなければならない場合は、Zoom にお問い合わせください。
    • 複数のサイトがあり、有効なサイトコードがある場合は、内線番号とサイトコードの合計が、内線番号の最大長以下である必要があります。
    • 内線を既に使用されている内線に変更しようとすると、その内線に関連付けられている表示名がエラー メッセージに表示されます。
  • 番号: [割り当てる] をクリックして、Zoom Phone ユーザーに直通電話番号を割り当てます。 この設定はパッケージを割り当てたときのみ表示されます。
  • 緊急連絡先: 緊急通報に電話する場合、第一応答者に提供される緊急連絡先を表示します。 [管理] をクリックして、Zoom Phone ユーザーの緊急連絡先を変更するか、個人の位置情報を追加します。
    : Zoom Phone ユーザーが緊急アドレスを変更できるかどうかを制御するには、[ポリシー] タブをクリックします。
  • [個人の緊急連絡先]: [管理] をクリックして、 nomadic 緊急サービス機能の一部を表示または追加します。
  • 発信者 ID(Zoom Phone ユーザー通話パッケージを有する場合のみ表示): Zoom デスクトップ クライアントまたは Zoom モバイルアプリを使って通話を行う場合、デフォルトの発信者 ID 番号を選択します。 ユーザーは、電話をかける前に発信者 ID 番号を変更できます。
    :
  • (パッケージを割り当てる場合にのみ表示されます): 発信ダイヤルに使用される国コードを選択します。
  • 市外局番(パッケージが割り当てられている場合のみ表示): [設定] または [編集] をクリックして、発信に使用する市外局番を変更します。Zoom Phone ユーザーは、市外局番なしでダイヤルすると、この市外局番が使用されます。
  • タイムゾーン: Zoom Phone ユーザーが自分のプロフィールで設定しているタイムゾーンです。

ポリシータブ

[ポリシー設定] を利用すると、特定の Zoom Phone 機能を有効または無効にできます。

[履歴] タブ

選択したユーザーの通話履歴を閲覧します。 

[ユーザー設定] タブ

: アスタリスク (*) 付きの設定は、Zoom Phone ユーザーに適用される場合にのみ表示されます。 たとえば、Zoom Phone ユーザーが固定電話を割り当てた場合のみ、固定電話が表示されます。

通話処理

: Zoom Phone ユーザーが自分のプロフィールで正しいタイムゾーンを設定したことを確認してください。

カスタム時間を設定した後、この時間中に着信をルーティングする方法をカスタマイズできます。

  • 営業時間: [編集] をクリックして、電話に応対する時間帯を変更できます。 営業時間を午後 11 時 30 分以降に設定することもできます。これは、夜勤シフトのあるユーザー向けに使用されます。 時間を手動で入力することで、10 分単位で営業時間を設定することもできます(例: 午後 11:10)。
  • 営業時間外: 営業時間をカスタマイズした場合、営業時間外も設定できます。
  • 休日: [管理] をクリックして、特定の日を休日として指定します。

メンバーシップ

  • コールキュー: ユーザーが属するコールキューのリストを表示します。
  • 監視: 通話を監視する権限を Zoom Phone ユーザーに付与した場合は、[表示] をクリックすると、監視可能な Zoom Phone ユーザー、コールキュー、または共有回線グループを閲覧できます。
  • 監視対象: 他の Zoom Phone ユーザーが Zoom Phone ユーザーを監視できる場合、[表示] をクリックして、この権限を持つ Zoom Phone ユーザーを確認します。
  • 共有回線グループ: Zoom Phone ユーザーがメンバーになっている共有回線グループを表示します。 所属できるのは、1 つの共有回線グループのみです。
    • 共有回線グループからの着信を受ける: 共有回線グループから転送された着信通知を有効または無効にします。この設定は、デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、固定電話に適用されます。

代理通話機能とアシスタント

現在のユーザーに代わって電話をかけたり受けたりする別の Zoom Phone ユーザーを割り当てます。

固定電話

  • キーと配置: 回線キー設定を変更します。
  • 固定電話: 該当のユーザーにプロビジョニングされた電話機またはデバイスを表示します。 ユーザーの電話の追加とプロビジョニングの詳細については、こちらをご覧ください。
    • ホットデスク機能を許可する: 固定電話のホットデスク機能を有効にすると、他の Zoom Phone ユーザーの電話機にサインイン、またはサインアウトできるようになります。
    • 電話画面のロック: 電話画面をロックできるソフトキーを有効にします。 Zoom Phone ユーザーは、自分の携帯電話のロックを解除するために自分の PIN を入力する必要があります。 この機能は一部のデバイスではサポートされていません。
  • PIN コード: Zoom Phone ユーザーの PIN を入力するには、[表示] または [編集] をクリックします。 PIN は、固定電話でボイスメールのチェックホットデスク画面ロックを行うために使用されます。 また、ボイスメールの PIN に必要な最小の長さを設定することもできます。

ボイスメールと通話記録

その他

  • ブロックリスト: Zoom Phone ユーザーのブロックリストを管理します
  • 保留音: Zoom Phone ユーザーが通話を保留にすると、保留音が通話相手の保留音で再生されます。 ドロップダウン メニューからオーディオを選択するか、[オーディオ ライブラリ] をクリックして、オーディオをカスタマイズします。 保留音を再生しない場合は、[無効] を選択します。
  • 音声プロンプトの言語: ドロップダウン メニューを使用し、自動音声プロンプトのデフォルト言語を選択します。 このプロンプトは、発信者に対して再生され、追加の説明をおこないます。 たとえば、ボイスメールに電話が転送された場合、自動プロンプト(「ピーッという発信音が鳴ったらメッセージをレコーディングしてください」)に続いて、ボイスメール応答メッセージが流れます。 キーを押すか、話すのを止めると、レコーディングが止まります。
  • ユーザーのステータス: ユーザーの Zoom Phone のライセンスのステータスが表示されます。 該当のユーザーを無効しても、そのユーザーは依然として [ユーザーとルーム] には表示されますが、通話を発信または受信することはできません。 通話履歴やボイスメール メッセージなどのユーザー情報は、アカウントを再アクティブ化する場合に備えて保持されます。
Powered by Zendesk