ユーザー グループの管理(従来型の体験)

最終更新日:

重要: 2022 年 6 月 1 日から Zoom のエンジニアリング チームがすべてのアカウントで新しい管理者体験への移行と有効化を開始します。 この移行プロセスの間、ダウンタイムは発生しない予定ですが、新しい管理者体験の有効日は、各アカウントで異なる場合があります。 移行が完了すると、アカウント オーナーにメールが届きます。 この新しい管理者体験では、[チャット グループ] が [ユーザー グループ] に統合され、[グループ] として表示されます。 アカウントで新しい管理者体験がまだ有効になっていない場合のみ、この記事の説明に従ってください。 有効になっている場合は、更新されたユーザーグループの記事の説明に従ってください。

グループ管理では、アカウントのユーザー グループの設定をオンまたはオフに切り替えることができます。 グループ管理者がグループのメンバーと設定を管理できるように設定することもできます。 グループ管理者は、自分が管理するグループがグループ内のユーザーのプライマリ グループとして設定されているかどうかも確認できます。 グループ管理者は、アカウント管理者である必要も、ユーザー グループを編集するためのロール権限も持っている必要はありません。

設定は、オンまたはオフを切り替えることも、アカウント レベルでロックすることもできます。 アカウントやグループに対してロックされていない場合は、ユーザーが各自、設定を調整できます。 詳細については、階層設定をご覧ください。

グループ管理者がグループのメンバーと設定を管理できるように設定することもできます。 グループ管理者は、自分が管理するグループがグループ内のユーザーのプライマリ グループとして設定されているかどうかも確認できます。 グループ管理者は、アカウント管理者である必要も、ユーザー グループを編集するためのロール権限も持っている必要はありません。

チャット グループを作成して、アカウント内のユーザーを、デスクトップ クライアントおよびモバイルアプリ内の [連絡先] タブ([すべての連絡先] の下)に表示されるグループに割り当てることもできます。

この記事では、次の項目について説明します。

グループとグループレベルの設定を管理するための前提条件

  • プロ、ビジネス、または教育機関向けアカウント
  • アカウント オーナーまたは管理者の特権

新規グループを追加する方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. ページ右側の [グループの追加] をクリックします。
  4. 新規グループの名前と説明を入力します。
  5. [追加] をクリックします。
    これで、このグループはグループ一覧に表示されるようになりました。

グループ管理者を設定する方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. 管理者を設定するグループの名前をクリックします。
  4. [メンバー] セクションで、[グループ管理者] の横にあるプラスアイコン(+)をクリックします。
  5. グループ管理者として設定するユーザーの名前またはメールアドレスを 1 つ以上入力します。
  6. [追加] をクリックします。

グループ管理者の権限の管理

ロールに割り当てられた権限や範囲はいつでも変更できます。 管理者は [ロール管理] でカスタム範囲を定義することにより、グループレベルでミーティングおよびウェビナーのユーザー、ダッシュボード、レポート、クラウド レコーディングを管理できます。

グループにメンバーを追加する方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. グループに追加する各ユーザーの横にあるチェック ボックスをオンにします。
  4. ユーザーリストの上部にある [グループ] をクリックします。
  5. ユーザーの一覧を確認します。
  6. [ユーザー グループ] のドロップダウン メニューからグループの名前を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

CSV ファイルのアップロード

アカウント オーナーと管理者は、CSV ファイルをアップロードしてユーザー グループをインポートすることもできます。 CSV アップロードを使用してユーザーを編集する場合、ユーザー グループ情報を追加、変更、更新、または削除することで、ユーザーを管理できます。

ユーザーのメイングループを設定する方法

ユーザーのメイングループを設定することで、ユーザーのデフォルト設定が定義されます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックします。
  4. [メンバー] セクションで、[メンバーの総数] の横にある数をクリックします。
  5. メイングループを設定するユーザーの横にある省略記号アイコン more-button__1_.png をクリックします。
  6. [メイングループとして設定] をクリックします。
  7. 確認ダイアログで [保存] をクリックして、このユーザーのメイングループとしてこのグループを設定することを確認します。

グループ管理の詳細設定を変更する方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [ユーザー グループの変更] セクションまでスクロールして、以下について設定を行います。
    • デフォルトのユーザー グループを設定: 今後、アカウントに追加されるすべてのユーザーのデフォルト グループを設定します。
    • ユーザー グループの切り替え: ユーザーをグループ間で移動します。
    • ドメイン ユーザーをグループに追加: 管理対象ドメインのメールアドレスを持つすべてのユーザーを特定のグループに追加します。

グループに対してミーティング、レコーディング、およびオーディオ カンファレンスの設定を変更する方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. リストから該当するグループ名をクリックします。
    このメイン設定は、[ミーティング]、[レコーディング]、[オーディオ カンファレンス] の各タブにあります。
  4. 切り替えボタンをクリックして、設定を有効または無効にします。
  5. ロックアイコン をクリックして設定をロックします。 設定をロックすると、グループ メンバーは個々に変更することができなくなります。
    : 設定はアカウント レベルでもロックできます。 これは設定の隣に表示されます。 設定がアカウント レベルでロックされている場合、[アカウント設定] で変更する必要があります。

その他の利用可能なグループ設定

ミーティング、レコーディング、オーディオ カンファレンス設定のほか、以下の設定にもアクセスできます。

: 特定の前提条件に基づく設定もあります。 自分のグループの設定が表示されない場合は、設定に関する記事を参照して、アカウントが前提条件を満たしているかを確認します。

ミーティング タブ

  • ミーティング内(詳細)
  • 招待メールのブランディング: [編集] をクリックして、メール テンプレートをカスタマイズします。 スケジュール ミーティング メール テンプレートの詳細については、こちらを参照してください。
    : バニティ URL がある場合は、追加のメール テンプレートをカスタマイズできます。
  • その他
    • チャット経由の Zoom のサポートへの問い合わせを許可する: Zoom のサポートとのライブチャットをするには、ウェブポータルの右下にあるフロートボタンでヘルプを表示します。
    • ユーザーにクライアントのアップデートを求める: 旧バージョンの Zoom を使用しているユーザーは、以下で指定する最小バージョンのクライアントにアップデートする必要があります。 この設定は、アカウント レベルでも使用できます。

レコーディング タブ

  • ホストのクラウド レコーディングへのアクセスを禁止する: ホストがミーティングのクラウド レコーディングを表示できないようにします。 この場合、レコーディング管理特権を持つ管理者のみがクラウド レコーディングにアクセスできます。
  • クラウド レコーディングのダウンロード: クラウド レコーディングへのリンクを持つすべての人がレコーディングをダウンロードできます。

Zoom Phone タブ

Zoom Phone のグループレベルのポリシー設定を表示します。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。