アカウント向けのカレンダーと連絡先の連携管理

最終更新日:

管理者は、ユーザーがカレンダーと連絡先の連携を設定し、デフォルトのサービスを設定することを許可できます。 また、設定した構成をすべてのユーザーに強制的に使用させることもできます。
このように設定および構成した場合、ユーザーは独自のプロファイルで連携を有効にして認可する必要があります。

この記事では、次の項目についてご説明します。

管理者によるカレンダー管理と連絡先の連携管理の前提条件

  • アカウント オーナーまたは管理者の特権

カレンダーと連絡先の連携の設定方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブ内で、カレンダーと連絡先 セクションまで下にスクロールします。
  4. 次の設定を変更します。
  • カレンダーと連絡先の連携: ユーザーがカレンダーと連絡先の連携を設定することを許可します。 これはデフォルトで有効になっています。
    注:
    • ユーザーにデフォルトのサービスの使用を強制し、以下の関連する設定を変更させないようにするには、ロック  アイコンをクリックし、次に [ロック] をクリックして設定を確定します。カレンダーと連絡先サービスは、現在異なる権限を有するユーザーから切断されます。 これらのユーザーには、カレンダー / 連絡先の連携を設定することを求めるプロンプトが表示されます。
    • このプロンプトは、クライアント バージョン 5.2.2 以降の場合にのみ表示されます。 これより古いバージョンのクライアントでは、ユーザーにメッセージが表示されません。
  • ユーザーに対してデフォルトのカレンダーと連絡先サービスを選択する: ユーザーに対してデフォルトで選択済みのカレンダーと連絡先サービスを選択します。 ユーザーがカレンダーと連絡先の連携を設定する時に、デフォルトのサービスが選択されます。
    以下のサービスを設定することができます。
    • Office 365(Microsoft Graph API で承認): [EWS URL で承認] が選択されていないことを確認してください(これはデフォルトの設定です)。 カレンダーと連絡先の権限を指定します。
      : この設定はハイブリッド Office 365 環境に対応していません。 
    • Office 365(EWS API で承認):  [EWS URL で承認] を選択して、EWS URL を入力します。 これにより、Zoom による受信箱への全アクセスが許可されます。 権限を制御することはできません。
    • Exchange: Exchange とのカレンダー連携の設定方法は 2 種類あります。
    • Google: カレンダーと連絡先の権限を指定します。

カレンダーと連絡先の権限

: Zoom は Office 365 に対して次の権限を使用します。 詳細情報については Microsoft のサポートサイトにアクセスしてください。

  • 管理者の場合は、[カレンダー / 読み取り] を選択: Calendars.Read
  • 管理者が[カレンダー / 書き込み] を選択する場合: Calendars.ReadRead
  • 管理者の場合は、[連絡先 / 読み取り] を選択: Contact.Read
  • 管理者の場合は、[連絡先 / 書き込み] を選択: Contact.ReadWrite

詳細設定の変更方法

次のオプションは、カレンダーと連絡先の連携の設定で変更できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [カレンダーと連絡先] で、次の設定を変更します。
  • サインイン時に Office 365 カレンダーの連携をユーザーに要求する: サインイン時に Office 365 と連携するようにユーザーに要求します。 この設定は、SSO の有無に関わらず機能します。 ご利用のアカウントに SSO がある場合は、Office 365 に対して SSO ベースのカレンダーと連絡先の連携設定を参照します
    • ユーザーの初回サインイン時にユーザーに要求する: ユーザーの初回サインイン時のみ、Zoom はユーザーを Office 365 にリダイレクトします。 この時にユーザーが連携を設定しない場合、ユーザーは手動でカレンダーと連絡先の連携を設定できます
    • ユーザーがカレンダーを連携するまで毎回要求する: ユーザーがサインインしてもカレンダーと連絡先の連携を設定しない場合、Zoom は毎回ユーザーを Office 365 にリダイレクトします。
  • 指定のドメインのユーザーのみがカレンダーと連絡先サービスの連携を実行可能: 指定されたドメインのユーザーのみがカレンダーと連絡先サービスを連携することを許可します。
    :
    • 許可されたドメインに属するデフォルトのユーザーは影響を受けません。
    • すでにカレンダーと連絡先の連携を設定したが、許可されたドメインに属していないデフォルトのユーザーには、連携を設定するためのプロンプトが表示されます。
    • 新しいユーザーは、許可されたドメインに属している場合にのみ、カレンダーと連絡先の連携を設定できます。
    • 複数のドメインを追加する場合は、各ドメイン名の間にコンマを使用します。
  • アカウント全体の代理として Office 365 カレンダーの連携権限に同意するオフにすると、Office 365 管理者は該当のアカウントの代理としてカレンダー連携に同意する必要があります。 Office 365 で構成されている設定と同じ設定を必ず選択してください。
  • Office 365 カレンダー連携に対して OAuth 2.0 を強制する: オンにすると、カレンダー サービスはプロトコル OAuth 2.0 で認証されます。

カレンダー連携のプライバシー設定の順守方法

Zoom ウェブポータルで他のユーザーにスケジュール作成特権を割り当てる場合、Outlook または Google カレンダーで非公開になっているミーティングをそのユーザーが管理できるかどうか、選択できるようになりました。 非公開のイベントを管理できない場合、招待リンク、ミーティングのトピック、出席者リストは表示できません。

たとえば、エグゼクティブがアシスタントにスケジュール作成特権を割り当てて、非公開イベントの管理権限を付与しない場合、アシスタントは、エグゼクティブがカレンダー上で指定された時間に「非公開ミーティング」を予定していることを表示できますが、ミーティング招待リンク、ミーティング トピック、ミーティング出席者リストなどの他のミーティングの詳細は表示できません。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。