Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

カレンダーと連絡先を連携するための、アカウント レベルの設定 フォローする

概要

管理者は、ユーザーがカレンダーと連絡先の連携を設定し、デフォルトのサービスを設定することを許可できます。 また、設定した構成をすべてのユーザーに強制的に使用させることもできます。

この記事の内容:

カレンダーと連絡先連携のセットアップ

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブ内で、[カレンダーと連絡先] セクションまで下にスクロールします。
  4. 次の設定を変更します。

カレンダーと連絡先の連携: ユーザーがカレンダーと連絡先連携をセットアップすることを許可します。 これはデフォルトで有効になっています。

:

  • ユーザーにデフォルトのサービスの使用を強制し、以下の関連する設定を変更させないようにするには、ロック  アイコンをクリックし、次に [ロック] をクリックして設定を確定します。 カレンダーと連絡先サービスは、現在異なる権限を有するユーザーから切断されます。 これらのユーザーには、カレンダー/連絡先の連携を設定することを求めるプロンプトが表示されます。
  • このプロンプトは、クライアントバージョン 5.2.2 以上の場合にのみ表示されます。 これより古いバージョンのクライアントでは、ユーザーにメッセージが表示されません。

ユーザーに対してデフォルトのカレンダーと連絡先サービスを選択する: ユーザーに対してデフォルトで選択済みのカレンダーと連絡先サービスを選択します。 ユーザーがカレンダーと連絡先の連携をセットアップする時に、デフォルトのサービスが選択されます。
以下のサービスを設定することができます。

  • Office 365(Microsoft Graph API で承認): [EWS URL で承認] が選択されていないことを確認してください(これはデフォルトの設定です)。 カレンダーと連絡先の許可を指定します。
    : この設定はハイブリッド Office 365 環境をサポートしません。 
  • Office 365(EWS API で承認): [EWS URL で承認] を選択して、EWS URL を入力します。 これにより、Zoom による受信箱への全アクセスが許可されます。 アクセス許可を制御することはできません。
  • Exchange: Exchange とのカレンダー連携のセットアップ方法は 2 種類あります。
  • Google: カレンダーと連絡先の権限を指定します。

カレンダーと連絡先権限

: Zoom は Office 365 に対して次の権限を使用します。 詳細情報については Microsoft のサポートサイトにアクセスしてください。

  • 管理者の場合は、[カレンダー/読み取り] を選択: Calendars.Read
  • 管理者の場合は、[カレンダー/書き込み] を選択: Calendars.ReadRead
  • 管理者の場合は、[連絡先/読み取り] を選択: Contact.Read
  • 管理者の場合は、[連絡先/書き込み] を選択: Contact.ReadWrite

詳細設定の変更

次のオプションは、カレンダーと連絡先の連携の設定で変更できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブ内で、[カレンダーと連絡先] セクションまで下にスクロールします。
  4. 次の設定を変更します。
  • サインイン時に Office 365 カレンダーの連携をユーザーに求める: サインイン時に Office 365 と連携するようにユーザーに求めます。 この設定は、SSO の有無に関わらず機能します。 ご利用のアカウントに SSO がある場合は、Office 365 に対して SSO ベースのカレンダーと連絡先の連携セットアップを参照します
    • ユーザーの初回サインイン時にユーザーに求める: ユーザーの初回サインイン時のみ、Zoom はユーザーを Office 365 にリダイレクトします。 この時にユーザーが連携をセットアップしない場合、ユーザーは手動でカレンダーと連絡先の連携を設定できます
    • ユーザーがカレンダーを連携するまで毎回求める: ユーザーがサインインしてもカレンダーと連絡先の連携のセットアップを行わない場合、Zoom は毎回ユーザーを Office 365 にリダイレクトします。
  • 指定のドメインのユーザーのみがカレンダーと連絡先サービスの連携を実行可能: 指定されたドメインのユーザーのみがカレンダーと連絡先サービスを連携することを許可します。
    :
    • 許可されたドメインに属するデフォルトのユーザーは影響を受けません。
    • 既にカレンダーと連絡先の連携を設定したが、許可されたドメインに属していないデフォルトのユーザーには、連携を設定するためのプロンプトが表示されます。
    • 新しいユーザーは、許可されたドメインに属している場合にのみ、カレンダーと連絡先の連携を設定できます。
  • アカウント全体の代理として Office 365 カレンダーの連携権限に同意するオフにすると、Office 365 管理者は該当のアカウントの代理としてカレンダー連携に同意する必要があります。 Office 365 で構成されている設定と同じ設定を必ず選択してください。
  • Office 365 カレンダー連携に対して OAuth 2.0 を強制する: オンにすると、カレンダー サービスはプロトコル OAuth 2.0 で認証されます。
Powered by Zendesk