Zoom for Home デバイスのプロビジョニング

最終更新日:

サポート対象の Zoom for Home デバイスと Zoom Room デバイスは、管理者が Zoom ウェブポータルから個人の Zoom Room としてユーザーにプロビジョニングできます。 これにより、管理者はユーザーの基本的な設定と管理が可能になるため、ホームユーザーの設定プロセスが合理化されます。

この記事では、次の項目についてご説明します。

Zoom for Home デバイスをプロビジョニングするための前提条件

  • ルーム管理へのアクセス権を持つロール
  • バージョン 5.1.2 以降の Zoom Rooms 専用ハードウェア
  • バージョン 5.9.0 以降の macOS 版 Zoom Rooms
  • バージョン 5.9.1 以降の Windows 版 Zoom Rooms

: Zoom for Home スマート ディスプレイは、この方法ではプロビジョニングできません。

ライセンスの許諾

Zoom Rooms 最大 49 ルームを使用せずに、組織内のすべてのユーザーに対して、デバイスをプロビジョニングできます。 ただし、オプションである個人の Zoom Rooms プロデバイス機能を有効にするには、Zoom Rooms 最大 49 ルームが必要です。

個人の Zoom Rooms プロデバイス機能

個人の Zoom Room プロデバイスは、スマート ギャラリーを使用する機能など、高度な Zoom Rooms 機能を利用できます。

デバイスのプロビジョニング方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ルーム管理] > [Zoom Rooms] の順にクリックします。
  3. [ルームを追加]をクリックします。
  4. ルームに名前を付けます。 [ルームタイプ]ドロップダウンをクリックし、[パーソナル Zoom Room]をクリックします。
  5. ルームを割り当てるユーザーを選択し、[完了]をクリックします。
  6. (オプション)デバイスで高度な機能を利用する場合、[プロデバイスする] の横にある切り替えボタン をオンにします。

デバイスの設定方法

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [ルーム管理] > [Zoom Rooms] の順にクリックします。
  3. [ルーム] カテゴリをクリックし、変更するルームの横にある [編集] をクリックします。

ホームユーザーが設定を完了する方法

ユーザーが設定手順を完了するとデバイスの画面にプロンプトが表示され、作成したプロビジョニング済みの個人の Zoom Room をタップしてデバイスを有効にできます。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。