Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

よくあるご質問(FAQ): OnZoom イベントのホストになるには フォローする

概要

この記事の内容:

ホストの基本操作

イベントを開催する前に、OnZoom にアクセスし、OnZoom ホストになるための申請を行う必要があります。

OnZoom イベント オプション

ホストは 1 回のみ、またはシリーズのイベントを作成できます。 イベントのチケットには、無料、有料、または無料と有料のハイブリッドがあります。 有料イベントのチケット料金は、1 ドル以上に設定してください。 有料イベントは、イベント開催日の 28 日以上前には作成できません。

OnZoom ハードウェア パートナー

イベントの種類に応じて、OnZoom ハードウェア パートナーに投資することで、セッションの質を高めることができます。 動きの多いイベント(エクササイズのレッスン、技術的なデモ実演、現地見学など)で最高のビデオ品質を確保するには、イベントをサポートするために必要なビデオ ハードウェアを用意することをお勧めします。 ​音楽やオーディオ関連のイベントでは、Zoom と互換性のあるマイクを備えたハードウェア パートナーが最高のオーディオ品質を提供します。

OnZoom のハードウェア パートナーは以下の通りです:

イベント セキュリティのベスト プラクティス

イベントのセキュリティを強化するため、イベント作成時のデフォルトの設定のままで実行することをお勧めします。

セキュリティ オプションを有効にすると、イベントの質が向上し(例: 参加者のバックグラウンド ノイズを抑制)、ホストとしてコントロールしやすくなりますが(例: 中断が減る)、イベントのインタラクティブ性が低下する可能性があります。

: イベントの混乱を防ぐため、無料チケットでイベントに参加した出席者は、プロフィール写真を表示できません。

: ホストは、10~15 分前にイベントを開始しておくのがベストです。 
共同ホストが必要な場合は、プライベートの無料チケットを作成し、ミーティングが始まったら共同ホストに昇格させてください。

イベントを作成する際、以下のイベント オプションを有効にしてください。

  • イベントに参加する
    • イベント開始時のビデオ
    • 出席者は、開始時間の 15 分前から参加できる
    • 待機室
    • OnZoom ディレクトリにイベントをリストアップする
  • イベントのセキュリティ
    • 出席者は 1:1 のチャット メッセージを送信できる
    • 出席者はスクリーンの表示名を変更できる
    • 出席者は画面を共有できる
  • クラウド レコーディングとライブ ストリーミング配信
    • クラウドにミーティングを録画
      : イベントのメインルームでの活動のみが録画され、イベント内のブレイクアウト ルームでの活動は録画されません。

プライベート イベントとチケット

ホストは、招待制のプライベート イベントをスケジュールすることができます。ホストの意向により、OnZoom イベント ディレクトリに掲載しない選択もできます。

​イベントで使用できるチケット タイプがプライベート チケットのみの場合、イベントのホストがゲストリストに登録していない、またはログインしていない OnZoom ユーザーは、イベントに登録できません。

プライベート チケットとパブリック チケットの両方に対応するイベントでは、イベントページから登録が可能です。

OnZoom ユーザーが、プライベート チケットとパブリック チケットの両方に対応するイベントに登録した場合、パブリックに公開されたチケットのみが表示されます。 プライベート チケットは、ゲスト リストに登録されていない OnZoom ユーザーには表示されません。

ホストは、以下の方法でユーザーをゲストリストに追加できます。

  • メールを 1 件ずつ追加する
  • CSV ファイルからメールをインポートする
  • 特定のドメインを追加する

: イベントの開始前、あるいはイベント開催中、いつでもゲストリストにユーザーを追加できます。

チケットの管理

チケットの売上追跡

今後開催されるイベントのチケット売上を追跡するには:

  1. OnZoom にサインインします。
  2. ページの右上の [管理] をクリックします。
  3. [予定されているイベント] をクリックします。
  4. チケットの販売状況を確認したいイベントの右側にある [...] ボタンをクリックし、[イベントサマリーを表示] をクリックします。

終了したイベントのチケット販売状況を確認する

終了したイベントのチケット販売状況を確認するには:

  1. OnZoom にサインインします。
  2. ページの右上の [管理] をクリックします。
  3. [過去のイベント] をクリックします。
  4. チケットの販売状況を確認したいイベントの右側にある [...] ボタンをクリックし、[イベントサマリーを表示] をクリックします。

特定のイベントの注文を確認する

特定のイベントの注文状況を確認するには:

  1. OnZoom にサインインします。
  2. ページの右上の [管理] をクリックします。
  3. 注文状況を確認したいイベントの右側にある [...] ボタンをクリックし、[イベントサマリーを表示] をクリックします。

特定イベントの払い戻し請求を確認し、承認する

特定イベントの払い戻し請求を確認し、承認するには:

  1. OnZoom にサインインします。
  2. ページの右上の [管理] をクリックします。
  3. 払い戻しを確認したいイベントの右側にある [...] ボタンをクリックし、[イベントサマリーを表示] をクリックします。
  4. [払い戻し] をクリックします。
  5. 払い戻しを請求する購入者の右側にある [払い戻しを承認] をクリックします。

: OnZoom では、メールアドレスなど出席者の情報は提供していませんが、ホストは [イベントサマリーを表示] をクリックすると、イベントの登録者のスクリーン表示名のリストが確認できます。

イベントの編集

[管理] タブを開き、[イベント] をクリックすることで、ホストは作成したイベントや公開したイベントを編集することができます。

OnZoom のイベントでは、チケットの販売前に、日時、チケット販売期間、キャンセル ポリシーをいつでも編集することができます。 チケットの販売開始後は、新しい種類のチケットの追加のほか、イベントのコピーや画像の編集のみ可能です。 招待者付きのプライベート チケットの場合、イベント情報を発表した後、ホストはチケットのタイプを編集して、招待者を増やすことができます。

チケット販売後にイベントの日時やキャンセル ポリシーを変更しなければならない場合、ホストは一旦イベントをキャンセルし、購入したチケットを払い戻した後、イベントを再掲載する必要があります。

イベントの複製

[管理] タブの [イベント] をクリックし、複製したいイベントの右側にある [...] アイコン、次に [複製] をクリックすることで、下書き作成したイベント、公開されたイベント、または過去のイベントを複製することができます。

イベントのキャンセル

[管理] タブを開き、[イベント] をクリックすることで、ホストはイベントをキャンセルできます。

ホストが有料イベントをキャンセルした場合、チケット料金は自動的に登録者に払い戻されます。

: PayPal の取引手数料については払い戻し対象ではないため、PayPal との契約に基づいてホストの PayPal ビジネス アカウントから引き落とされる場合があります。

イベントの下書きの削除

イベントを削除できるのは、公開する前の場合のみです。 イベントの下書きが公開されたら、イベントは有効になり、キャンセルできなくなります。

チケットの支払いオプション

  • PayPal: OnZoom で有料イベントを開催し、支払いを回収するには、PayPal ビジネス アカウントが必要です。 PayPal ビジネス アカウントが未設定の場合は、アカウントを作成し、有料イベントを開催する OnZoom アカウントとリンクさせてください。

: PayPal ビジネス アカウントの作成に使用したメールアドレスが、Zoom やOnZoom の登録に使用したメールアドレスと一致していることを確認してください。

  • クレジット カード: 有料チケットは、クレジット カードによる直接決済でも購入できます。

チケットのキャンセルと払い戻し

: 払い戻しは有料イベントのみに対応します。

ホストは、アカウント レベルでイベントの注文キャンセル ポリシーを設定することができます。

デフォルトのポリシーでは、イベント開始の 1 時間前までにチケットをキャンセルした場合、料金が全額払い戻しされます。 チケットのキャンセルは、一切受け付けないという選択肢もあります。

出席者は、キャンセル ポリシーの範囲外でホストに払い戻しを請求することもできます。 キャンセル ポリシーの範囲以外の払い戻しは、ホストの独自の裁量によります。 イベントが終了して 14日が経過した場合、OnZoom の利用規約の記載の通り、イベントの払い戻しを請求または開始することはできません。

払い戻し請求が処理できなかった場合、OnZoom アカウントにリンク付けされている PayPal ビジネス アカウントへの資金の追加を指示する通知が届き、払い戻し処理が再試行されます。 払い戻し請求が正常に処理されるまで、ホストの権限が制限されます。 権限が制限されている期間中も、予定されているイベントを開催することはできますが、追加チケットを販売する機能が停止されます。

最初の払い戻し請求の日から 7 日後に払い戻し処理ができなかった場合、ホスト権限が凍結(停止)されます。 ホスト権限を再開にするには、PayPal ビジネス アカウントに十分な資金があることを確認し、Zoom サポートまでご連絡ください。

売上入金と手数料

チケット収益から PayPal ビジネスアカウントへの売上入金は、通常、イベントの翌日に行われます。 注文 1 件あたりの PayPal の取引手数料は、ホストの PayPal との契約に基づいて決まり、支払い前にチケット収入から差し引かれます。

チケットの払い戻し、または無料提供の際の PayPal のエラー メッセージ

チケットの払い戻しを開始、またはチケットを無料提供すると、PayPal からエラー メッセージが表示されますが、原因は次の 2 つが考えられます。

  • PayPal アカウントには、処理したい金額をカバーする残高が必要です。 銀行やクレジットカードから引き出す個人の PayPal アカウントとは異なり、払い出しの委託先をカバーする十分な残高がない場合、このエラーが表示されます。 また、PayPal のテスト環境(sandbox)アカウントは有効アカウントとは残高が別計上になるので、テスト環境アカウントでテストを行う前に、十分な資金があることを確認してください。
  • 送信される通貨コードは、国や口座の法令により受取人が受け取ることができません。

PayPal Instant Payment Notifications(IPN)を無効にする

IPN とは「支払い(その他の取引イベントを含む)に関するメッセージを、PayPal からお客様のウェブサイト(複数可)のバックエンド システムに直接送信する PayPal の機能」です。

PayPal IPN メッセージを無効にするには:

  1. PayPal アカウントにサインインします。
  2. ページの右上にある アイコンをクリックします。
  3. ページのトップにある [セラーツール] をクリックします。
  4. Instant Payment Notifications の右側の [更新] をクリックします。
  5. [IPN 設定を選択] ボタンをクリックします。
  6. [IPN メッセージを受け取らない(無効化)] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。

税金控除

対象となるホストは、オンボーディング プロセス中の [Zoom 税金控除] フォームから、または [ホスト] ダッシュボードの [請求] セクションにある [税金設定] から、免税措置を申請できます。 申請が受理された場合、参加者が購入した有料イベントのチケットから消費税が徴収されません。

寄付

​ホストは、イベントの資金調達者を有効にして作成し、公開後にイベントページに反映させることができます。​今後開催されるイベントや過去のイベントの参加者チケット ダッシュボードからアクセスできます。 集まった資金の 100% が指定の非営利団体 501 (c)(3) に寄付されます。 Zoom がすべての手数料を負担します。

フラグ付きイベント

Zoom がイベントにフラグを付けた場合、または他のユーザーから通報を受けた場合、Zoom トラスト&セーフティ チームがレビューを行います。この作業は、最大 72 時間かかる場合があります。

Powered by Zendesk