カスタムの免責事項を作成する

最終更新日:

概要

管理者は、ユーザーがミーティングやウェビナーを開始または参加したときや、ウェブポータル、デスクトップ クライアントまたはモバイル アプリでアカウントにサインインしたときに、カスタムの免責事項を表示できます。ユーザーは免責事項に同意する必要があり、もし [キャンセル] をクリックした場合は、セッションの開始や参加、サインインは行われません。

アカウント オーナーまたは管理者が免責事項を更新するたびにユーザーに免責事項が表示され、さらに、指定された頻度で再び表示されます。

この記事の内容:

前提条件

  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • クレジットカード決済の無料アカウント、プロ、ビジネス、教育機関向け、エンタープライズ 、API パートナー アカウント
  • ミーティングやウェビナーの免責事項を確認するためには、ユーザーはデスクトップ クライアント、モバイルアプリまたはウェブ クライアントに参加するか、使用を開始する必要があります。
  • 内部ユーザーは、免責事項を確認するためには、 Zoom ウェブポータル、デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリにサインインする必要があります。

ミーティングの免責事項を有効にする

アカウント

アカウントのすべてのユーザーに対して有効にするには:
  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [ミーティング内(詳細)] にある[ミーティングの開始時または参加時にカスタム免責事項を表示] が有効であることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 確認ダイアログが表示されたら、[有効にする] をクリックして変更を確定します。
  6. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

グループ

ユーザーのグループに対して有効にするには:
  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、次に [グループ管理] をクリックします。
  3. リストから該当するグループ名をクリックし、[ミーティング ] タブをクリックします。
  4. [ミーティング内(詳細)] にある[ミーティングの開始時または参加時にカスタムの免責事項を表示] が有効であることを確認します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 確認ダイアログが表示されたら、[有効にする] をクリックして、変更を確定します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、アカウントレベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  6. (オプション)この設定をこのグループの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定を確定してください。

ミーティングやウェビナーの免責事項の設定およびカスタマイズ 

アカウント オーナーまたは管理者が免責事項を更新するたびにユーザーに免責事項が表示され、さらに、指定された頻度で再び表示されます。

  1. 免責事項が有効になっていることを確認します。
  2. [免責事項の管理] をクリックします。
  3. 次の設定を変更します:
    • 表示対象: 免責事項を内部ユーザーまたは外部ユーザーに表示するかを指定します。 少なくとも 1 つは選択する必要があります。
      • 内部参加者: ミーティングを開始または参加する内部ユーザーに免責事項を表示します。
      • 外部参加者: 内部ユーザーが主催するミーティングに参加する外部ユーザーに対して免責事項を表示します。
      • 内部ユーザーと外部ユーザーに対して同じ免責事項を表示しますか?: 上記の両方のオプションを選択した場合は、どちらのタイプのユーザーにも同じ免責事項を使用するか、または別々の免責事項を使用するかを選びます。
    • 頻度: 免責事項を表示する頻度を指定します。
      • 毎回: ユーザーが [許可する] または [同意する] をクリックしたかどうかに関係なく、ユーザーがミーティングに参加または開始するたびに免責事項を表示します。
      • 初回のみ: [許可する(デスクトップ クライアント)] または [同意する(モバイル アプリ)] をクリックするまで、免責事項を表示します。 [キャンセル] をクリックすると、次のミーティングへの参加または開始時に、同じ免責事項が表示されます。
        :
        • これは、[表示対象] の設定に応じて、内部および外部のユーザに適用されます。
        • 外部ユーザーに対する免責事項を有効にした場合、[許可する] または [同意する] をクリックしたユーザーには、内部ユーザーが主催するミーティングに次回参加するときに免責事項は再度表示されません。
      • 毎月 3 か月ごと6 か月ごと毎年: ユーザーが免責事項に同意した後、指定された間隔で免責事項が再度表示されます。
    • 言語: 免責事項の翻訳版がある場合は、対応している言語を選択します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 免責事項のタイトルと内容を入力します。 デスクトップ クライアントでの免責事項がどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー] をクリックします。
    : デスクトップ クライアントの免責事項には「この免責事項は、アカウント管理者が作成しました」と必ず記載されます。
  6. [保存] をクリックします。

サインイン時の免責事項を有効にする

内部ユーザーが ウェブポータル、デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリから Zoom アカウントにサインインしたときに表示される免責事項を有効にできます。有効にできるのはアカウント レベルのみです。

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[詳細]、次に[セキュリティ]の順にクリックします。
  3. [サインイン方法] で、[Zoom へのユーザーのサインイン時に免責事項を表示する]が有効になっていることを確認します。
  4. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。

サインイン時の免責事項の設定およびカスタマイズ

  1. 免責事項が有効になっていることを確認します。
  2. [免責事項の管理] をクリックします。
  3. 次の設定を変更します:
    • [頻度]: 免責事項を表示する頻度を指定します。
      • 毎回: ユーザーが [同意する] をクリックしたかどうかに関係なく、ウェブポータルにサインインするたびに免責事項を表示します。
      • 初回のみ: [同意する] をクリックするまで免責事項を表示します。 [キャンセル] をクリックすると、ウェブポータルに次回サインインするときに、同じ免責事項が表示されます。
      • 毎月 3 か月ごと6 か月ごと毎年: ユーザーが免責事項に同意した後、指定された間隔で免責事項が再度表示されます。
    • 言語: 免責事項の翻訳版がある場合は、対応している言語を選択します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 免責事項のタイトルと内容を入力します。 [プレビュー] をクリックし、免責事項がどのように表示されるかを確認します。
    : 免責事項には、「この免責事項は、アカウント管理者が作成しました」と必ず記載されます。
  6. [保存] をクリックします。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。