Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

クライアントベースのカレンダー統合 フォローする

概要

Outlook クライアント上の Zoom Meetings とウェビナーが Windows Zoom デスクトップ クライアントと同期されるように、クライアント側のカレンダー統合をセットアップできます。 このカレンダー統合のモードには MAPI フレームワークの使用が必須であり、他のカレンダー同期方法とは異なり、サーバー接続を通さずに Outlook クライアントと直接通信する Zoom デスクトップ クライアントに依存します。 これは、組織がオンプレミスの Exchange 環境を利用している場合に特に役立ちます。この環境では、顧客は Exchange サーバーからカレンダーデータへの直接アクセスを Zoom に提供できない場合があります。

: ご所属の組織内にモバイルデバイスまたは Mac デバイスが多数存在する場合、現時点では、MAPI はこれらのプラットフォームをサポートしていないため、カレンダーの統合に MAPI を使用することは推奨されません。

前提条件

アカウント設定からカレンダー連携の MAPI を有効にする

  1. 管理者またはオーナーは、Zoom ウェブポータル にサインインします。
  2. ナビゲーション パネル内で、[ アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3.  [ミーティング] タブで、カレンダーと連絡先 セクションまで下にスクロールします
  4. [カレンダーと連絡先の統合] を有効にします。
  5. [Exchange] を選択します。
  6. [MAPI を使用して Zoom デスクトップ クライアント と統合する(Windows 専用)] を有効にします。
  7. [保存] をクリックします。
  8. (オプション)アカウント上のユーザーがカレンダー統合に MAPI のみ使用するように強制するには、ロック  アイコンをクリックします。
    : この設定がロックされている場合、アカウントのすべてのユーザーに対して自動的に設定され、Windows ユーザーのみがカレンダー統合を使用できます。 この設定がロック解除されている場合、macOS ユーザーは O365 または Google 認証をカレンダー連携に使用できます。 

MAPI カレンダー統合を使用する認証

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. [プロフィール] をクリックします。
  3. [カレンダーと連絡先の連携] セクションで、[カレンダーと連絡先のサービスへ接続] をクリックします。

    : アカウント管理者によって設定がロックされている場合、サービスに接続するオプションが表示されないのではなく、次のメッセージが表示されます: 「カレンダーはご利用の Zoom Windows アプリケーション用に自動的に統合されます」
  4. [Exchange] を選択します。 
  5. [完了] をクリックします。
Powered by Zendesk