Zoom では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、24 時間 365 日体制で世界中のお客様に最高のサポート体験を提供するため、努力を積み重ねています。 この継続的な取り組みの一環として、サポートガイドラインの最新版をご覧ください。

ミーティングとウェビナーの登録の管理 フォローする

概要

登録済みのミーティングやウェビナーのホストは、セッションの開始がスケジュールされる前に登録者を表示および管理できるため、望ましくない外部参加者が入室できないようにし、待機しているオーディエンスを迎えることができます。 手動承認を使用する時は、登録者を承認または拒否したり、確認メールを再送信したりすることもできます。 

この記事の内容:

手動承認または登録者の拒否

登録者の手動承認を使用する時、ホストは各登録者を承認または拒否する必要があります。 

  1. ウェブポータルの [ミーティング] または [ウェビナー ページ] に移動してイベントを検索し、トピックをクリックして、[招待状] タブを探します。 
  2.  [出席者の管理] または [] セクションを探し、右側の [編集] をクリックします。 この操作をおこなうと、このミーティングまたはウェビナーの登録者のリストが開きます。 次の 3 つのカテゴリを閲覧することができます。: 承認待ち、[承認済み]、[拒否/ブロック]。 
  3. [承認待ち] タブで、未承認の登録者のリストを表示したり、登録者の名前をクリックして登録の詳細を表示したり、登録を承認または拒否したりできます。 
  4. (オプション)複数の登録者を選択し、[承認] または [拒否] ボタンをクリックして、一括して承認または拒否することもできます。 
  5. (オプション)登録者が拒否された場合、カスタム メッセージを送信できます。 カスタム メッセージを入力し、[送信] をクリックします。 

:

  • CSV でアップロードされた登録者(ウェビナー登録のみ)は自動的に承認されます。 
  • 登録者は削除できず、承認または拒否のみ可能です。 参加者が間違った情報で登録した場合は、正しい情報で再登録する必要があります。そうしないと、レポートのダウンロード後にホストが自分のレコーディングの情報を修正できます。  

確認メールの再送信とアクセス

登録者の承認後、Zoom は、イベントに参加するための固有の参加リンクとその他の関連情報を記載した確認メールを送信します(ホストによって無効にされている場合を除く)。 メールを受信しなかった登録者がいた場合、ホストは、情報をコピーして別のサービスで送信するか、Zoom からそのメールを再送信するために、そのメールに簡単にアクセスできます。 

Zoom からのメール受信に関して依然として問題が発生する場合は、メールのトラブル シューティング ガイドを参照してください。

  1. ウェブポータルの [ミーティング] または [ウェビナー ページ] に移動してイベントを検索し、トピックをクリックして、[招待状] タブを探します。 
  2.  [出席者の管理] または [] セクションを探し、右側の [編集] をクリックします。 この操作をおこなうと、このミーティングまたはウェビナーの登録者のリストが開きます。
  3. [承認済み] タブをクリックし(自動承認を使用している場合は表示されない場合があります)、登録者の名前を見つけます。
  4. (オプション)[コピー] をクリックして登録者の確認メールを表示し、そのメールを必要なだけコピーして他のサービスと一緒に送信できます。
  5. 名前をクリックしてから [確認メールを再送信] ボタンをクリックして、確認メールを登録者に再度送信します。 
  6. (オプション)複数の登録者を選択し、[確認メールの再送信] ボタンをクリックして、確認メールを一括で再送信することもできます。 

 

Powered by Zendesk