Yealink または Poly のマルチセル DECT システムのセットアップ

最終更新日:

概要

DECT IP マルチセル システムは、複数の DECT ベース ステーションを VoIP PBX に接続するために使用されます。 ローミング機能やハンドオーバー機能がサポートされ、シングルセルと比べて DECT 信号カバレッジが広く、より多くのハンドセットと接続でき、同時通話が可能です。

この記事の内容:

Poly

Poly マルチセル DECT システムについては、Poly のサポートサイトにアクセスしてセットアップ ガイドをご覧ください。

Yealink

: このセクションでは、Yealink マルチセル DECT システムのセットアップ方法を説明します。サンプルには W80DM と W80B を使います。 この記事は、W90DM と W90B のセットアップの際にも参照できます。

以下の表に、認定されている Yealink ベース ステーションを列挙します。

デバイス

説明

W80DM DECT マネージャー

1 つ以上

W80B ベース ステーション

DECT マネージャー 1 台につき最大 30 台

ハンドセット(モバイル デバイス)

DECT マネージャー 1 台につき最大 100 台

デバイス

説明

W90DM DECT マネージャー

1 つ以上

W90B ベース ステーション

DECT マネージャー 1 台につき最大 60 台

ハンドセット(モバイル デバイス)

DECT マネージャー 1 台につき最大 250 台

W80DM は内部ネットワークのみを介して W80B(ベース ステーション)と接続するため、これらの距離に関係なく常に DM と接続し、同期することができます。 ベース間の接続には組み込みの DECT 対応機器から信号を送信するため、ハンドセットは、ベースが提供する DECT 信号のカバレッジ内でローミングやハンドオーバーを行えます。

W80B の電源オン

a または b の方法で、電源とネットワークを接続します。
a. AC 電源を使用する
b. PoE(パワー オーバー イーサネット)を使用する

W80DM / W80B が電源やネットワークに接続すると、LED は以下のような状態になります。

ベースモードの方法

ロール

DECT LED

ROLE LED

LAN LED

1

ベース

オフ

2

DM

オフ

オレンジ

 

W80DM と W80B の IP アドレスの取得

W80B の IP アドレスを取得するには次の 2 つの方法があります。

方法 1(推奨): Yealink Discovery Tool

  1. Yealink Discovery Tool をダウンロードしてインストールします。
  2. [Yealink IP Discovery Tool] を開きます。
  3. W80DM または W80B Base を含む IP セグメントを入力します。 IP セグメントのサンプルを次に示します。
    192.168.[1, 3, 5-10].[2-10, 15-200]。
  4. [スキャン] をクリックすると、W80B の IP および対応する MAC アドレスが表示されます。

例えば、「192.168.0.X」以下の W80B を調べるには、検索欄に「192.168.0.[0-254]」と入力して、[スキャン] をクリックします。 DM やベースを含むすべての W80B がリストに表示され、MAC アドレスと一致する IP アドレスを見つけることができます。

方法 2: DHCP サーバー

  1. ローカル ネットワークが DHCP オプションをサポートしていることを確認します。
  2. アプリケーション情報またはシステム情報を確認し、W80B の IP アドレスを調べます。

W80B ベース ステーションと W80DM の接続

登録プロセス全体は、検出と登録の 2 つの段階に分かれています

W80DM 経由での W80B の検出

  1. W80B ベース ステーションのウェブ UI にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、[ステータス]、[ベースモード] の順にクリックします。
  3. [DM IP] フィールドに、W80DM の IP アドレスを入力して、ベースを DM に向けます。

W80B の W80DM ハンドセットへの登録

  1. W80DM の ウェブ UI にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、[ベース ステーション]、[ベース ステーションの登録] の順にクリックし、[操作] 列のアイコンをクリックします。
  3. いくつかの関連するベース設定を行います。
    ベースは DM に接続して同期し、DM と互換性のあるファームウェアをアップグレードします。 接続が成功すると、ステータスが [アクティブ] であり、同期が完了していることが [ベース ステーションの設定] に表示されます。
  4. ベース ステーションを登録したリストにある [編集] をクリックすると、ベース ステーションの設定を変更できます。

ベースがアクティブで同期されている場合は、W80B の DECT LED を表示してステータスを確認することもできます。

ベースモードの方法

ロール

DECT LED

ROLE LED

LAN LED

1

ベース

2

DM

オレンジ

 

W80DM でのハンドセットの登録

ハンドセットを登録するには 2 つの方法があります。

  • W80DM に登録したいハンドセットが 1~2 台だけの場合は、ハンドセットを手動で登録することをおすすめします。
  • W80DM に登録したいハンドセットの数が多い場合は、Registration Center を使うと、複数のハンドセットを一括で登録できます。 システムは自動的にハンドセットを登録し、そのハンドセットにバインドされている対応する SIP アカウントを割り当てます。

ハンドセットの手動での登録

  1. W80DM の ウェブ UI にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、[ハンドセットとアカウント]、[ハンドセットの登録] の順にクリックします。
  3. [ハンドセットを追加] をクリックします。
  4. [ハンドセットの登録を開始] をクリックして、DM を登録モードに設定します。
  5. ハンドセットで、[OK] > [設定] > [登録] > [ハンドセットを登録] を押します。
  6. 任意のベースを選択してハンドセットを登録します。
    ペアリング用の PIN コードはデフォルトでは「0000」です。 登録が完了すると、ハンドセットには「Handset Subscribed」と表示されます。

Registration Center を使ったハンドセットの一括登録

  1. W80DM の ウェブ UI にサインインします。
  2. 左側のナビゲーション メニューで、[ハンドセットとアカウント]、[ハンドセットの登録] の順にクリックします。
  3. [ハンドセットを追加] をクリックします。
  4. (省略可)ハンドセットの IPUI を追加して SIP アカウント情報を入力すると、ハンドセットが W80DM に登録され、それと同時に、この SIP アカウントは対応するハンドセットにバインドされます。
  5. W56H / W53 ハンドセットで、[OK] > [ステータス] > [ハンドセット] > [IPUI コード] に移動して、IPUI を確認します。
  6. ウェブ UI に戻り、[ハンドセットとアカウント]、[Registration Center] の順にクリックして、ハンドセットを一括で登録します。

: 現時点では、1 つの SIP アカウントは 1 つのハンドセットにしか割り当てることができません。

ベース ステーションの配置

ローミングとハンドオーバーは、マルチセル DECT システムにおいて最も重要な機能です。 W80B ベース間で DECT 信号が切り替わったときの通話品質をテストする必要があります。 このハンドセットには、ベース ステーションが近くにある場所で DECT 信号の強度をチェックするための測光モードが用意されています。

信号カバレッジの確保と同期のために、測光データに基づいて W80B を最適な場所に配置することができます。

W80B の信号強度の測定

  1. ハンドセットをベースに登録し、測光モードを使います。
  2. 所定の位置にベースを固定します。
  3. ハンドセットで「*1383201#」または「*1234203#」をダイヤルします。
  4. [メニュー] > [設定] > [テレフォニー] > [測光モード] に移動して、測定モードを有効にします。
  5. このときに、ハンドセットの画面で信号を確認します。
  6. 通話中は、画面の上部に情報が表示されます。 音声品質と接続性(ベース間のローミング機能やハンドオーバー機能が正常に動作しているかどうか)を確認できるようになりました。

測光モードの詳細なパラメータ

  • RSSI: 受信信号強度表示。 受信状態が最良のベース ステーションの信号受信強度を dBm で表したもの。
    • 推奨値: -27~-85dBm。 (実際の通話に応じて決まります)
      : RSSI 値は標準では dBm で表示されますが、パーセント値での表示に変更することができます。
    • 良好な音声品質のためには、RSSI 値は -80dbm を超えている必要があります。
    • 良好な基地同期のためには、RSSI 値は -85dbm を超えている必要があります。
  • Fr. 品質: フレーム品質。 直近の測定間隔でエラーを伴わずに受信されたパッケージの割合。 パケット損失を防ぐには、フレーム品質を 100% にする必要があります。
    推奨値: 100%。
  • ベース ステーション: ベース ステーションの RPN(Radio Fixed Part Number)。 ハンドセットが接続されている基地局の識別子。
  • 周波数: 受信した信号のキャリア周波数。
    値の範囲: 0~30。
  • スロットペア: 測定を行った受信チャンネルのタイムスロット。
    Duplex Slot ペア(0~11)を使用。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。