画面共有時に macOS Big Sur でスクリーンが黒くなる問題について

最終更新日:

macOS 用の Zoom をご使用の場合、Apple の Big Sur オペレーティング システムにアップデートしたデバイス上で、インターネットを有線で接続している場合、ミーティングやウェビナーで他の人とコンテンツを共有しようとすると、スクリーンが黒くなる可能性があります。 macOS Big Sur では、特定のサイズを超えるパケットが UDP プロトコルを介して正しく送信されない場合があります。

問題の解決

Apple による macOS のアップデートでこの問題の修正プログラムは提供されますが、その間は無線での接続をお勧めします。 デバイスを有線で接続する必要がある場合は、Zoom の画面共有設定を変更して、TCP 接続を使用することが可能です。

  1. Zoom デスクトップ クライアントにサインインします。
  2. プロフィール画像をクリックし、[設定] をクリックします。
  3. [画面共有] タブをクリックします。
  4. [詳細] をクリックします。
  5. [画面共有に TCP 接続を使用してください] のチェックボックスをオンにします。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。