Zoom Chat の基本操作(アカウント オーナーと管理者)

最終更新日:

概要

Zoom Chat は、リアルタイムのビデオや電話の通信に最適です。 管理者は、チャットを使用して次のことを行うことができます。

  • 組織内外の安全なコラボレーションにより、すべてのワークフローで生産性を向上させます。
  • 電話やビデオ ミーティングを即座に開始したり、ファイルを共有したり、チャット内でメッセージをピン留めしたりするなどの機能をユーザーが利用できるようにします。
  • 仲間内の智恵や企業のメッセージの持続性と検索可能な状態を維持します。
  • 一元管理の設定ときめ細やかなセキュリティ設定により、徹底してポリシーを施行し、情報を保護します。

前提条件

  • アカウント オーナー、管理者、または同等の権限を有するユーザー

この記事の内容:

Zoom Chat の展開

以下のセクションに従って、Zoom Chat を展開し、アカウントレベルのチャット設定を変更してください。

基本 SAML マッピングの設定

基本 SAML マッピングでは、ユーザーが SSO 経由で Zoom にサインインする際のデフォルトのライセンス タイプを指定できます。 また Zoom では、ユーザーのメールアドレス、名、姓、電話番号、部署に、アイデンティティ プロバイダー(IdP)によって渡される特定の SAML 属性をマッピングすることもできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[詳細設定]、[シングル サインオン] の順にクリックします。
  3. [SAML 応答マッピング] タブをクリックします。
  4. [SAML 基本情報マッピング] セクションで、次の属性が指定されていることを確認します。 これらの属性は、デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリでユーザーが自分のプロフィール画像にカーソルを合わせたときに、ユーザーの連絡先カードに表示される内容に影響します。
    • メールアドレス
    • 表示名
    • 電話番号
    • 役職
    • 場所
    • プロフィール画像
    • 部署

詳しくは、基本 SAML マッピングについてご覧ください。

詳細または自動 SAML マッピングの設定

詳細または自動 SAML マッピングを設定することで、チャット グループとチャンネルを定義または作成できます。 IdP で定義されたグループを既存のチャンネル/チャット グループに同期するように詳細 SAML マッピングを設定するか、自動 SAML マッピングを設定してチャンネルまたはチャットグループを自動で作成および変更することができます。

チャット グループは、デスクトップ クライアントとモバイルアプリでのユーザーの編成方法を指定し、ユーザーが同僚を簡単に探し出してチャットできるようにします。 また、チャット グループを使用すると、ユーザーはグループのチャット設定をカスタマイズすることもできます。 たとえば、請求部門用のチャット グループを作成することで、すべての請求部門の従業員が [連絡先] タブの同じセクションに表示され、同じチャット設定を共有できます。

チャンネルは、ユーザー同士が Zoom でチャットできるスペースです。 主に特定のプロジェクト、チーム、またはトピックで使用されます。 公開チャンネルは誰でも参加でき、プライベート チャンネルは招待者のみが参加できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[詳細設定]、[シングル サインオン] の順にクリックします。
  3. [SAML 応答マッピング] タブをクリックします。
    • [SAML 詳細情報マッピング] セクション:
      • チャット グループ: SAML 属性、SAML 値、結果値を入力して、特定の IdP グループを既存のチャット グループに割り当てます。 たとえば、IdP に会社の請求部門に割り当てられた既存の属性と値がある場合、請求部門を目的のチャット グループに割り当てることができます。
      • チャット: SAML 属性、SAML 値、結果値を入力して、特定の IdP グループを既存のチャンネルに割り当てます。 たとえば、IdP に会社の請求部門に割り当てられた既存の属性と値がある場合、請求部門を目的のチャンネルに割り当てることができます。
    • [SAML 自動マッピング] セクション:
      • チャット グループ: チャット グループを自動的に作成するために、IdP で定義された属性を指定します。 たとえば、IdP にマネージャー属性がある場合、そのマネージャー属性を持つすべての IdP グループに基づいて、Zoom 側で複数のマネージャー チャット グループを自動的に作成できます。
      • チャンネル: IdP で定義された属性を指定して、チャンネルを自動で作成します。 たとえば、IdP にマネージャー属性がある場合、Zoom 側はマネージャー属性を持つユーザーのチャンネルを自動的に作成できます。

詳しくは、詳細 SAML マッピングチャット グループの管理チャンネルの管理をご覧ください。

チャット管理権限の割り当て

別のユーザーにチャットの管理権限を割り当てるためのロールを作成できます。 これにより、Zoom ウェブポータルでチャットを管理できるようになります。 たとえば、チャットの管理ロールを作成して、別の IT 管理者がチャット グループを作成および編集できるようにすることができます。

  1. アカウント オーナーとして Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理] をクリックしてから、[ロール管理] をクリックします。
  3. [ロールを追加] をクリックします。
  4. ロール名と説明を指定してから、[追加] をクリックします。
  5. [チャット管理] セクションまでスクロールします。
  6. 次の権限の [編集] 列のチェック ボックスをクリックします。
    • チャット グループ: アカウントのチャット グループを表示または編集します。
    • チャット履歴: アカウントにアーカイブされたチャット メッセージを表示します。
    • チャット設定: アカウント内のすべてのユーザーに影響するチャット設定を表示または編集します。
  7. [ロールメンバー] タブをクリックします。
  8. [メンバーの追加] をクリックします。
  9. ロールを割り当てるユーザーのメールアドレスまたは名前を入力します。
  10. [追加] をクリックします。

使用方法の詳細については、ロール管理をご覧ください。

アカウントのチャット設定の変更

Zoom Chat には、すべてのユーザーに適用されるアカウントレベルの設定があります。 ファイル転送やコード スニペットなどの特定のチャット機能を有効または無効にすることができます。 デスクトップ クライアントとモバイルアプリでのユーザーの表示方法をカスタマイズすることもできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[チャット管理] の順にクリックします。
  3. [チャット設定] タブをクリックします。
  4. まずは、次の設定を変更します。
    • 共有: アカウント内のユーザーがチャットで以下を共有することを許可します。
    • 表示/非表示: デスクトップ クライアントとモバイルアプリの [連絡先] タブでのユーザーの表示方法をカスタマイズします。
      : 少なくとも 1 つのオプションを有効にする必要があります。 両方の設定を無効にした場合、Zoom はいずれかの設定を自動で有効にします。
      • 会社連絡先: Zoom デスクトップ クライアントとモバイルアプリで、[連絡先] タブに [会社連絡先] セクションが表示されます。 このセクションには、アカウント内のすべてのユーザーの一覧が表示されます。
      • チャット グループ: Zoom デスクトップ クライアントとモバイルアプリで、指定したチャット グループ別に連絡先を整理します。 たとえば、人事部のチャット グループがある場合、[連絡先] タブに、該当する従業員を含む [人事部] セクションが表示されます。
    • セキュリティ
      • ユーザーが連絡先を追加することを許可: ユーザーが内部ユーザーまたは外部ユーザーを招待するのを許可するかを指定します。 注: これをオフにすると、ユーザーは連絡先を追加できませんが、会社の連絡先ディレクトリは引き続き閲覧できます。 [同じ組織内と指定したユーザーのみ] を選択し、ユーザーが連絡先として追加できる外部連絡先を指定できます。
      • ユーザーが他のユーザーとチャットするのを許可: ユーザーが内部ユーザーとチャットするのを許可するかを指定します。 [同じ組織内] を選択した場合、ユーザーが外部ユーザーとのチャンネルまたはグループ チャットに追加された場合は、引き続き外部ユーザーとチャットできます。[同じ組織内と指定したユーザーのみ] を選択した場合、ユーザーがチャットできる外部連絡先を指定できます。
    • ストレージ: メッセージの保存期間を設定します。 詳しくは、チャット ストレージ セクションをご覧ください。
      • クラウド ストレージ
      • ローカルデータを削除する
      • 編集済みおよび削除済みのメッセージを保存する

詳しくは、その他のアカウントレベルのチャット設定についてご覧ください。

Zoom Chat の管理

Zoom Chat を展開した後、特定のチーム、プロジェクト、またはトピックの追加のチャット グループの作成、チャット グループの設定の変更、チャンネルの作成を行うことができます。

チャット グループの作成および詳細設定とチャット グループのプライバシーの変更

チャット グループは、デスクトップ クライアントとモバイルアプリでのユーザーの編成方法を指定し、ユーザーが同僚を簡単に探し出してチャットできるようにします。 また、チャット グループを使用すると、ユーザーはグループのチャット設定をカスタマイズすることもできます。 たとえば、請求部門用のチャット グループを作成することで、すべての請求部門の従業員が [連絡先] タブの同じセクションに表示され、同じチャット設定を共有できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[チャット管理] の順にクリックします。
  3. [チャット グループ] タブで、[チャット グループの追加] をクリックして、必要な情報を入力します。
    • [グループ名]: チャット グループの識別に役立つ表示名を入力します。
    • [グループのプライバシー]: [チャット グループの種類] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。
  5. チャット グループの表示名の下の [詳細設定] をクリックします。
  6. まず、次のチャット グループのプライバシー設定を変更します。
    • [ユーザーが他のユーザーを検索することを許可]: ユーザーが同じアカウントまたは親アカウントで他のユーザーを検索できるかどうかを指定します。
    • ユーザーが連絡先を追加することを許可: ユーザーが Zoom の連絡先を自分の連絡先に直接追加することを許可します。 アクセスのレベルを設定するには、オプションをクリックします。
    • [ユーザーが他のユーザーとチャットすることを許可]: ユーザーが連絡先内外のユーザーとチャットすることを許可します。 アクセスのレベルを設定するには、オプションをクリックします。

詳しくは、チャット グループとその他の詳細設定についてご覧ください。

チャンネルの管理

チャンネルを使用すると、特定のプロジェクト、チーム、またはディスカッションのプライベート スペースまたはパブリック スペースを作成できます。 ユーザーは、チャンネルと使用して、メッセージ、ファイル、および画像を他のメンバーに送信できます。 また、チャンネル メンバーとのインスタント ミーティングを開始することもできます。

: グループ チャットはチャンネルとは異なります。

  • グループ チャットは、ユーザーが複数のユーザーとチャットを開始したとき、または、既存の 1 対 1 のチャットにユーザーを招待したときに開始されます。
  • グループ チャットには、チャンネルと同じプライバシー コントロールが含まれず、トピック名は必要ありません。
  • グループ チャットは、Zoom ウェブポータルで管理することはできません。 グループ チャットの管理者のみが、デスクトップ クライアントまたはモバイルアプリを使用して管理できます。

まず、既存のチャット グループからチャンネルを作成できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理] をクリックしてから、[チャット管理] をクリックします。
    : アカウントで管理者の管理用の新しい UI が利用可能な場合は、[チャット管理]、[チャンネル] の順にクリックします。
  3. [チャンネルを作成] をクリックします。
  4. [チャット グループを選択] を選択して、グループごとにチャンネルを作成します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. チャンネルを作成するチャット グループを 1 つ以上選択します。 選択したグループごとに新しいチャンネルが作成されます。
  7. グループの名前が既にチャンネル名として使用されている場合、ウェブポータルでは、新しいチャンネル名を入力して、名前の競合を解消する必要があります。 競合を解消したら、[続行] をクリックします。
  8. 次の列に必要な情報を指定します。
    • チャンネル名: デフォルトでは、チャンネル名は前回選択したグループの名前と同じになります。
    • タイプ: チャンネルのタイプを選択します。
      • 公開: 組織内の誰でもチャンネルに参加できます。
      • 非公開: 組織内の招待されているメンバーが参加できます。
    • 投稿権限: チャンネルに投稿できるチャンネル メンバーを選択します。
      • 全員: すべてのチャンネル メンバーがチャンネルに投稿できます。
      • 管理者のみ: 管理者のみがチャンネルに投稿できます。
      • 管理者と特定のユーザー: 管理者と指定されたメンバーのみがチャンネルに投稿できます。
    • 外部ユーザーの追加を許可: 組織外のユーザーのチャンネルへの追加を許可するかを指定します。
      : このオプションを有効にする場合は、外部ユーザーのチャンネル権限を確認してください。
      • 許可しない: チャンネルへの外部ユーザーの追加を誰に対しても許可しません。
      • すべてのチャンネル メンバー: 組織内外のメンバーが外部メンバーを追加できます。
      • 組織内のメンバー: 組織内のメンバーのみが外部メンバーを追加できます。
    • 新しいメンバーの履歴の表示を許可: オンにすると、新しいメンバーは、メンバーになる前に送信されたメッセージやファイルを表示できるようになります。
    • チャンネルの管理者: チャンネルの管理者を指定します。 チャンネルの管理者は、チャンネルの名前、説明、設定を変更できます。
  9. [完了] をクリックします。

また、SAML マッピングを使用して IdP グループを同期させることでチャンネルを作成することもできます。

詳しくは、チャンネルの管理とチャンネルの設定についてご覧ください。

チャットのストレージ設定の変更

チャット メッセージを Zoom のクラウドおよびローカル デバイスに保存する期間を選択できます。 指定した期間の後に、すべてのメッセージが削除されます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[チャット管理] の順にクリックします。
  3. [チャット設定] タブをクリックします。
  4. まず、[ストレージ] セクションで、次の設定を変更します。
    • クラウド ストレージ: この設定が有効な場合、Zoom はすべての持続チャット メッセージを自動的にクラウドに保存します。 メッセージを保存する期間を指定して、[保存] をクリックします。 指定したクラウドの保持期間が経過すると、持続チャット メッセージとメタデータのすべてがクラウドから削除されます。
    • ローカルデータの削除: この設定が有効になっている場合、Zoom は指定された保持期間の後に、ローカル デバイス上のすべての持続チャット メッセージ、ファイル、画像、およびメタデータが自動で削除します。 Zoom を実行しているデスクトップまたはモバイル デバイスにメッセージが保存される期間を指定し、[保存] をクリックします。
      : ファイルや画像を手動でダウンロードする場合、ユーザーは引き続きローカル デバイスからアクセスできます。
    • 編集済みおよび削除済みのメッセージの改訂を保存: 編集/削除されたメッセージ(および元のバージョン)をクラウドに保存します。

詳しくは、チャットのストレージ設定とチャット履歴の表示についてご覧ください。

Zoom Chat のセキュリティ機能

アカウントレベルのチャット セキュリティ設定の設定

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[チャット管理] の順にクリックします。
  3. [チャット設定] タブをクリックします。
  4. まず、[セキュリティ] セクションで、次の設定を変更します。
    • 高度なチャット暗号化を有効にする
    • ユーザーによる連絡先の追加を許可: オフにすると、ユーザーは外部連絡先を追加できませんが、引き続き会社の連絡ディレクトリを表示することはできます。
    • ユーザーが他のユーザーとチャットすることを許可: 内部ユーザーがチャットできる相手を指定します。
    • ステータスを外部連絡先に表示: ユーザーのプレゼンス状態を、そのユーザーの外部連絡先に対して表示します。

詳しくは、チャット グループとその他の詳細設定についてご覧ください。

外部連絡先の削除

アカウントのユーザーが外部連絡先を追加した場合、これらの外部連絡先を表示し、アカウントから削除できます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[ユーザー] の順にクリックします。
  3. [ユーザー] タブで、テーブルの右上にある歯車ボタンをクリックし、[外部連絡先] を選択します。
  4. 外部連絡先を持つユーザーを検索し、[外部連絡先] 列にある番号をクリックします。
    選択したユーザーが追加した外部ユーザーのリストが表示されます。
  5. (オプション)チャンネル列の番号をクリックすると、メンバーが所属しているチャンネルやグループ チャットが表示されます。
  6. 最後の列の省略記号ボタン(...)をクリックし、[アカウントから削除] をクリックします。

詳しくは、内部ユーザーと外部連絡先の管理についてご覧ください。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。