自動受付設定を変更する

最終更新日:

概要

自動受付を作成した後、各自動受付の設定を変更することができます。 詳しくは、自動受付の記事をご覧ください。

:

この記事の内容:

前提条件

  • プロ、ビジネス、または教育機関向けアカウント
  • アカウント オーナーまたは管理者特権
  • Zoom Phone ライセンス

自動受付設定を変更する

: Zoom Phone ロール管理を使用して、Zoom Phone ユーザーがサイトの自動受付設定にアクセスしたり、管理できるようにします。 また、ポリシー設定を変更して、特定の機能を変更することもできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[自動受付] の順にクリックします。
  3. 自動受付の名前をクリックします。
    [プロフィール] タブに、次の情報とオプションが表示されます。
  • 表示名: 自動受付の名前の隣にある [編集] をクリックし、新しい名前を入力します。
  • サイト複数のサイトがある場合にのみ表示される): 自動受付が属するサイトを表示します。
  • 内線番号: [編集] をクリックして、自動受付に割り当てられた内線番号を変更します。
  • 番号: [追加] をクリックして、メインの自動受付に直通番号を割り当てます。 青色で表示されている番号は、メインの自動受付に割り当てられた直通電話番号です。
    : メインの自動受付を編集している場合は、ドロップダウン メニューの電話番号に会社代表番号が表示されます。 会社代表番号を変更するには、ドロップダウン メニューをクリックし、メイン自動受付に割り当てられた別の直通番号を選択します。 複数のサイトがある場合、会社代表番号はメインサイトのメイン自動受付に割り当てられます。
  • タイムゾーン: 以下の [営業時間] のオプションを変更する場合は、[編集] をクリックします。
  • 営業時間 / 営業時間外 / 休日: 営業時間、営業時間外、休日の着信を転送する方法をカスタマイズできます。
  • ボイスメール: 自動受付のボイスメール受信箱を共有します。 
    : 発信者が自動受付のボイスメールにメッセージを残せるようにするには、[営業時間] または [営業時間外] の設定を変更して、現在の内線番号のボイスメールにルーティングします。
  • コミュニケーション コンテンツの保存場所: コミュニケーション コンテンツの保存場所を管理します。

営業時間、営業時間外、休日の設定をカスタマイズ

自動受付で通話を転送できる時間をカスタマイズできます。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[電話システム管理]、[自動受付] の順にクリックします。
  3. 自動受付の名前をクリックします。
  4. 設定のカスタマイズ:
  • 営業時間: [編集] をチェックして、自動受付が電話に応対する時間帯を変更できます。 営業時間は午後 11 時 30 分以降にも設定できます。これは、自動受付が Zoom Phone ユーザーにルーティングする場合、または夜勤をするコールキュー メンバーに電話をかける場合に使用できます。 時間を手動で入力することで、10 分単位で営業時間を設定することもできます(例: 午後 11:10)。
  • 営業時間外: 営業時間を設定した場合、営業時間外の通話を転送する方法をカスタマイズできます。 [編集] をクリックして、営業時間外のルーティング オプションをカスタマイズします。
  • 休日の営業時間: [管理] をクリックして、特定の曜日と時間を休日として指定し、休日の営業時間のルーティング オプションをカスタマイズします。 たとえば、通話をボイスメールに直接ルーティングしたり、またカスタム メッセージを再生して、オフィスが休日で不在であることを発信者に伝えることができます。 

ルーティング オプション

営業時間、営業時間外、休日の着信を転送する方法をカスタマイズすることもできます:

  • 応答メッセージのプロンプト: ドロップダウン メニューから応答メッセージのプロンプトを選択するか、[オーディオ ライブラリ] をクリックして、カスタムのオーディオを選択、録音、またはアップロードします。 応答メッセージは、通話を転送する前に流れます。 また、[無効にする] を選択して、応答メッセージを再生しないようにすることもできます。
    : ルーティング オプションの中には、別のオーディオ メッセージが表示されるものもあります。 たとえば、IVR に転送した場合、応答メッセージのプロンプトに続いて、IVR のオーディオ プロンプトが流れます。
  • 転送先: [編集] をクリックして、応答メッセージのプロンプトを再生した後、自動受付が通話の転送先を選択します。 デフォルトでは、通話は自動受付専用のボイスメール受信箱にルーティングされます。
    [ルーティング] のドロップダウン メニューで、ルーティング オプションを選択し、テキスト ボックスを使用してルーティングを指定します。
    • ボイスメール機能
      • ボイスメール応答メッセージ: [オーディオ ライブラリ] クリックして、カスタムのオーディオを選択、録音、アップロードします。 通話をルーティングする前に、応答メッセージが再生されます。
        :
      • 別の内線のボイスメールに転送する場合、設定したボイスメール応答メッセージは、この内線用の応答メッセージに置き換えられます。
      • 別の内線のボイスメールに転送する場合、ドロップダウン メニューからユーザーのボイスメール応答メッセージに従うを選択し、代替メッセージを選択せず、Zoom Phone ユーザーの応答メッセージを使用します。
    • メッセージ: [カスタマイズ] をクリックして、上記で設定した最初の応答メッセージのプロンプトが流れた後、オーディオを録音またはアップロードします。
    • ユーザー
    • Zoom Room
    • 共用エリア電話機
    • 自動受付: 別の自動受付にルーティング
    • コールキュー
    • 共有回線グループ
    • 自動音声応答システム(IVR)
    • コンタクト センター
    • 外部の連絡先: アカウントに外部ユーザーのディレクトリがある場合は、外部連絡先に通話をルーティングできます。
    • 電話番号: 外部の電話番号にルーティングします。
      :
      • このオプションを有効にするには、自動受付に直通番号を割り当てる必要があります。
      • 外線電話番号に転送された通話は、プラン料金に基づいて請求されます。
      • 外部電話番号を追加できるように、ドロップダウン メニューで正しい国 / 地域を選択してください。 同じ国コードを共有している国もありますが、ドロップダウン メニューには別のエントリが表示されます。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。