管理者による Zoom 連携アプリの展開

最終更新日:

概要

セキュリティポリシーやその他の要件を遵守するため、アカウント管理者は特定の Zoom 連携アプリへのアクセスを制限したり、アクセスを完全に無効にしたりできます。 これらの懸念事項に対応するため、Zoom では、アカウント レベルおよびグループレベルの無効化、特定の Zoom 連携アプリの管理者事前承認、および MSIplist、およびデスクトップ クライアントでのアクセスを直接制限する GPO オプションを含む、Zoom 連携アプリへのアクセスを制御する複数の方法を提供してきました。

この記事では、Zoom 連携アプリへのデフォルト設定のアクセス、Zoom デスクトップ クライアントで使用する Zoom 連携アプリを有効にする方法、および Zoom 連携アプリの使用を事前承認する方法について詳しく説明します。 Zoom 連携アプリのインストール方法と使用方法ミーティング中のセキュリティ オプション、Zoom 連携アプリの使用を停止する方法、およびその他のよくある質問に関する詳細情報を紹介しています。

本記事では次の項目について説明します。

前提条件

  • オーナーまたは管理者アクセス

デフォルトの Zoom 連携アプリへのアクセス

Zoom 連携アプリにアクセスして使用するためのアカウント要件はありませんが、アカウントのセキュリティとプライバシーのニーズに合わせて構成できる設定がいくつかあります。 アカウント管理者が [Zoom 連携アプリ] ボタンを閲覧可能で、マーケットプレイス アプリの事前承認が無効になっている場合、ユーザーはデスクトップ クライアントで [Zoom 連携アプリ] ボタンを閲覧可能で、デスクトップ クライアントまたはマーケットプレイスからすぐにアプリをインストールできます。

単一ユーザーアカウント(無料または有料)の場合、Zoom 連携アプリはデスクトップ クライアント上で有効になり表示され、事前承認するユーザーがいないため、マーケットプレイス アプリの事前承認は必要ありません。 アカウントに追加ユーザーを追加すると、ユーザーが Zoom 連携アプリをインストールでき、事前承認が無効になっていることが所有者に通知され、新しい複数ユーザー アカウントのオーナーと同様に、アカウントの設定を管理するようにガイドされます。 既存のマルチユーザー アカウントでは、Zoom 連携アプリは有効になっており、デスクトップ クライアントでデフォルトで表示されますが、マーケットプレイス アプリの事前承認がマーケットプレイス設定で必要です。

  デスクトップ クライアント内での表示設定 アプリのマーケットプレイスの事前承認
単一ユーザーアカウント
(無料またはプロ)
はい 該当なし
既存の複数ユーザー アカウント はい 有効

: 一部の大規模アカウントは、セキュリティおよび / またはコンプライアンス上の理由から、各種デフォルト設定から逸脱しています。 Zoom は、これらのデフォルトをこれらのアカウントのオーナーと管理者にすでに通知しています。

Zoom 連携アプリ データへのアクセス

Zoom 連携アプリは、ミーティングのデータ(ミーティングのトピック、参加者リスト、ミーティングの URL、ミーティングのレコーディング)と特定のユーザー データ(ユーザー プロフィール情報など)にアクセスできます。

ミーティング中、Zoom 連携アプリは、アプリのユーザーのロール(ユーザーがミーティングのオーナー(ミーティングが属するユーザー)または参加者であるかどうかに応じてのみ、ミーティング データにアクセスできます。 一部の Zoom 連携アプリは、オーナー出席時にミーティング中に使用できる、ミーティングの元のホストのみが提供可能なミーティング データへのアクセスを要求することがあります。例えば、ミーティングのトピック、参加者全一覧、ミーティング URL、レコーディングなどがあります。 オーナーが出席していない時にこのアプリにアクセスしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

他の Zoom 連携アプリは、ホストが存在しなくても使用できますが、ミーティング中にアクセスできるデータは制限されます。 たとえば、参加者がオーナーがいないままミーティングに参加し、Zoom 連携アプリを開くと、そのアプリは、その参加者の表示名などの参加者データにのみアクセスできます。

ミーティング中のすべての参加者は、ミーティングのコンテンツにアクセスできる現在使用中のアプリとそれらを使用している参加者に関する情報を提供するアクティブ アプリ通知を通じて、任意の Zoom 連携アプリがビデオ、オーディオ、チャット、および / またはミーティングのファイルなどのミーティングのコンテンツにアクセスすると、その旨が通知されます。 一覧に表示されているアプリをクリックすると、アプリのマーケットプレイス ページが開き、アプリとそのアクセス許可に関する詳細情報が表示されます。

また、ミーティングのホストは、ミーティング中のセキュリティ制御機能を操作して、いつでもすべての Zoom 連携アプリの使用を即停止することができます。

Zoom 連携アプリの事前承認の要求

大半のアカウントでは、デフォルトでマーケットプレイス アプリの事前承認が必要です。 ユーザーがインストールする前にアプリを事前承認する必要がない場合や、事前承認が必要なアプリを調整する場合は、アクセス許可を変更できます。

  1. https://marketplace.zoom.us/ に移動して、管理者またはアカウント オーナーとしてサインインします。
  2. マーケットプレイスの右上の [管理] をクリックします。
  3. [マイ管理者ダッシュボード] セクションで、[権限] をクリックします。
  4. [Zoom アプリ マーケットプレイスで公開されているアプリを要求する] 設定を、必要に応じてユーザーに事前承認されるように調整します。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  6. (オプション)Zoom が作成したアプリを管理者による事前承認から除外するには、[Zoom が作成したアプリを管理者の事前承認なしでインストールすることを許可する] チェック ボックスをオンにします。
  7. (オプション)あなたの組織のメンバーが作成したアプリを管理者による事前承認から除外するには、[自分のアカウント内のユーザーが作成した公開リスト内アプリを、管理者の事前承認なしでインストールすることを許可する] チェック ボックスをオンにします。

Zoom 連携アプリの事前承認

オーナーまたは管理者は、マーケットプレイスで任意のアプリを検索し、事前承認します。 アプリが事前承認されると、そのアプリをアカウントまたは特定のグループの他のユーザーがインストールでき、デスクトップ クライアントで表示されます。

: アプリ マーケットプレイスでアプリを承認していない場合、アカウントのユーザーはアプリのインストールをリクエストできます。その後、noreply@zoom.us から詳細を記載したメールが届きます。

  1. https://marketplace.zoom.us/ にサインインします。
  2. アプリを検索し、アイコンをクリックして選択します。
  3. [インストール可能なユーザー] セクション内で、[事前承認] トグルを有効にします。

デフォルトでは、[自分のアカウントのすべてのユーザーがこのアプリをインストールすることを許可] が選択されます。 特定のユーザーまたはグループのアプリを事前承認する場合は、次の手順を実行します。

  1. [特定のユーザーまたはユーザーグループがこのアプリを使用することを許可] を選択します。
  2. [ユーザーの追加] をクリックします。
  3. 次のオプションでユーザーを追加します: 
  • 個別のユーザーを追加する: アカウントのユーザーのメールアドレスを入力し、[追加] をクリックします。必要に応じてこの手順を繰り返し、追加のユーザーを含めます。
  • ユーザー グループを追加する: アカウント内のユーザー グループのグループ名を入力し、[追加] をクリックします。必要に応じてこの手順を繰り返し、ユーザー グループを追加していきます。

: 個々のユーザーとユーザー グループの組み合わせで、事前承認されたアプリへのアクセス権を付与できます。

Zoom 連携アプリをデスクトップ クライアント上で閲覧可能にする

デスクトップ クライアントの [Zoom 連携アプリ] ボタンへのアクセスは、以下に示すように、アカウント、グループ、およびユーザーレベルで制御できますが、これはユーザーがアカウントにサインインしている場合にのみ影響します。

デスクトップ クライアントで直接 Zoom 連携アプリを無効にする必要がある場合は、サインインしているアカウントに関係なく、MSIplist、および GPO の展開で利用できる DisableZoomApps オプションを参照してください。

アカウント

Zoom 連携アプリをアカウント内のすべてのユーザーのデスクトップ クライアントで表示できるようにするには:

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [Zoom 連携アプリ] タブをクリックします。
  4. Zoom 連携アプリのクイック起動ボタンが有効になっていることを検証します。 これにより、アカウントのユーザーはデスクトップ クライアントで [Zoom 連携アプリ] ボタンを表示できます。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] を選択して、変更を確認します。
  6. (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にする場合は、ロック アイコンをクリックし、[ロック] をクリックして設定を確定します。

グループ

Zoom 連携アプリをデスクトップ クライアントでユーザー グループに表示できるようにするには:

  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[ユーザー管理]、次に [グループ管理] をクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  4. [Zoom 連携アプリ] タブをクリックします。
  5. Zoom 連携アプリのクイック起動ボタンが有効になっていることを検証します。 これにより、このグループ内のユーザーはデスクトップ クライアントで [Zoom 連携アプリ] ボタンを表示できます。
  6. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  7. (オプション)この設定をアカウントの全ユーザーに対して必須にする場合は、ロックアイコンをクリックしてから [ロック] をクリックして、設定を確定します。

ユーザー

Zoom 連携アプリをデスクトップ クライアントで自分用に表示できるようにするには:

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[設定] をクリックします。
  3. [Zoom 連携アプリ] タブをクリックします。
  4. Zoom 連携アプリのクイック起動ボタンが有効になっていることを検証します。 これにより、デスクトップ クライアントで [Zoom 連携アプリ] ボタンを表示できます。
  5. 設定が無効の場合、切り替えて有効にします。 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更を確認します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者にお問い合わせください。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 83,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。