Zoom コミュニティの 70,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。

コミュニティに参加する

[子どもの教育機関ステータス] の設定の基本操作 フォローする

管理者またはオーナーは、[子どもの教育機関ステータス] 設定を使用して自分の Zoom アカウントのプロフィールを特定し、自分の組織が 18 歳未満の子どもに教育サービスを提供しているかどうかを報告することができます。

:

  • Zoom では、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」について、承認済みの教育長、校長、管理者または教員の署名のみ受け付けます。 所属組織が毎年、更新時に Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に署名する必要があります。
  • 自分の組織が Zoom 製品を使用して 13 歳未満の子供に教育サービスを提供している場合:
    • 米国では、Zoom サービスの使用を継続するには、自己特定から 30 日以内に、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」を確認し、電子署名する必要があります。 アカウントにサインインして、画面の指示に従ってください。
    • 米国以外の国では、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に電子署名する必要はありません。
  • ご質問がある場合は、CSM またはサポートにお問い合わせください。

この記事の内容:

[子どもの教育機関ステータス] の設定における自己報告の前提条件

  • 教育機関向けアカウント
  • アカウント オーナーまたは管理者特権

[子どもの教育機関ステータス] の設定を伴う Zoom アカウントを登録する方法

: 米国では、組織が [13 歳未満] チェック ボックスを選択している場合、承認済みの管理者または教員が電子署名プロセスを完了するまで、アカウントは使用できません。

Zoom 教育機関向け有料プラン

学校などの、18 歳未満の子どもに教育サービスを提供するために Zoom 製品を使用する組織の代理人として、教育機関向けの有料アカウントを登録する方法は、次のとおりです。

[プロダクトの設定] セクションの入力を完了する

  1. 教育機関向け Zoom のページに移動します。
  2. [教育機関向け Zoom] で、[今すぐ購入] ボタンをクリックします。
  3. [Zoom Meetings] で以下を実行します。
    1. 必要なライセンス数を選択します。
    2. 教育機関向けプランを選択します。
    3. 年間サブスクリプション サイクルを選択します。
    4. (オプション)必要な追加オプションを選択し、プロンプトに従います。
      • クラウド レコーディング ストレージ: Zoom クラウドからミーティングやウェビナーを保存、ストリーミング、共有、ダウンロードするための月毎の追加ストレージを、100 GB、500 GB、または 3 TB まで増やします。
      • オーディオ カンファレンス: Zoom Meetings、Zoom Video Webinars、または Zoom Rooms に対して、参加者(複数の国で利用可能)のコールアウト機能とフリー ダイヤルイン番号を有効にします。
      • 大規模ミーティング: ミーティングまたはウェビナーのパネリストとしての、インタラクティブな参加者数を最大 1,000 人まで増やします。
        : 大規模ミーティングのライセンスを購入した後、ユーザー管理ウェブポータルのユーザーにそれらのライセンスを割り当てて、容量の増加を許可する必要があります。
      • カンファレンス ルームコネクタ: SIP または H.323 ルームシステムを、デスクトップ PC、タブレット、モバイル デバイス、Zoom Rooms、および他の SIP または H.323 エンドポイントと通信できるようにします。
  4. [続行] をクリックします。
  5. (オプション)他の使用可能な Zoom プランを使用する場合は、追加するプランを選択し、[次へ] をクリックします。
    他の使用可能な Zoom プランを選択せずに続行する場合は、[手順をスキップする] をクリックします。

[アカウントの作成] セクションの入力を完了する

:

  • 既に Zoom アカウントを持っていて、有料プランにこのアカウントを使用する場合は、[サインイン] をクリックします。
    アカウントにサインインすると、[アカウントの作成] セクションが完了し、[支払い] セクションに移動します。
  • アカウントを作成すると、このプランのアカウント オーナーになります。
  1. 生年月日を入力します。
  2. [続行] をクリックします。
  3. 連絡先情報、メールアドレスを入力し、アカウントのパスワードを作成します。
  4. [続行] をクリックします。

[支払い] セクションの入力を完了する

  1. [請求連絡先] セクションで、請求先の連絡先情報を入力します。
  2. [購入者連絡先] セクションで、以下を実行します。
    • [購入者連絡先] 情報が上記の [請求連絡先] 情報と同じである場合は、[請求連絡先と同じ] チェック ボックスをオンにします。 その後、次の手順に進みます。
    • [購入者連絡先] 情報が上記の [請求連絡先] 情報と異なる場合は、[請求連絡先と同じ] チェック ボックスをオフにします。 その後、[購入者連絡先] 情報を入力します。
    • (オプション)[税金控除ステータスの確認] をクリックします。
      ECMS にリダイレクトされ、税金控除ステータスが検証されます。
  3. [支払い方法] セクションで、以下を実行します。
    1. デビットカードまたはクレジットカード情報を入力するか、PayPal での支払いを選択します。
    2. [正式な住所] で、住所が上記の [請求連絡先] 情報と同じ場合は、[請求連絡先と同じ] チェック ボックスをオンにします。
      上記の [請求連絡先] 情報と異なる住所の場合は、住所を入力する必要があります。
  4. [続行] をクリックします。

[注文の確認] セクションの入力を完了する

  1. 注文の詳細をレビューし、料金が正しいことを確認します。
  2. [注文する] をクリックして注文を確定します。
    注文を編集する必要がある場合は、[戻る] をクリックします。

Zoom 教育機関向け無料ベーシック プラン

学校などの、18 歳未満の子どもに教育サービスを提供するために Zoom を使用する組織の代理人として、教育機関向けの無料アカウントを登録する方法は、次のとおりです。

  1. zoom.us/signup にアクセスします。
  2. 認証情報とメールアドレスを入力します。
    Zoom(no-reply@zoom.us)からメールが届きます。
  3. そのメールで [アカウントのアクティベート] をクリックします。
    この操作で Zoom へようこそのウェブページに移動します。
  4. 連絡先とパスワードの情報を入力します。
  5. [教育機関向け] チェック ボックスを選択します。
  6. 所属組織が教育サービスを提供する年齢グループに該当するチェック ボックスを選択します。
  7. [続行] をクリックします。
  8. [組織情報を追加する] で、必須情報を入力します。
    1. [組織内の担当ロール] で担当ロールを選択します。
      • 米国のユーザーで、以前に [13 歳未満] チェック ボックスを選択し、現在は [その他] を選択している場合は、組織に対する Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に電子署名する教育長、校長、管理者または教員の氏名とメールアドレスを入力します。
      • 対象年齢グループとして、以前に 13~15 歳 のチェック ボックス、および / または 16~17 歳 のチェック ボックスを選択し、現在は [その他] を選択している場合、控えの承認済み当事者の入力は要求されません。
  9. [追加] をクリックします。
    :
    • 組織情報を追加した後は 、13~15 歳のチェック ボックスおよび / または 16~17 歳のチェック ボックスを選択したユーザーは、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に電子署名する必要はなく、自分のアカウントを使用できます。
    • [13 歳未満] チェック ボックスをオンにしたユーザーにには、教育アカウントのアクティベーション プロセスを完了するための指示を記載したメールがお客様または同意者に送信されることを通知するウェブページが表示されます(手順 8.1 を参照)。 自分またはメールの受信者が Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意した後、所属組織はこのアカウントを使用できるようになります。
  10. (オプション)[13 歳未満] チェック ボックスをオンにしていて、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意する受信者を変更する必要がある場合は、[受信者を変更] をクリックします。
    1. [受信者を変更] で、組織に対する Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に電子署名する教育長、校長、管理者または教員の氏名とメールアドレスを入力します。
    2. [変更] をクリックします。
      この教育機関向けアカウントのアクティベーション プロセスを完了する手順が記載されたメールが、同意者宛てに送信されます。 メールの受信者が Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意した後、所属組織はこのアカウントを使用できるようになります。

[子どもの教育機関ステータス] の設定を更新する方法

同意した認証済みユーザーが毎年、再度同意する必要があります。 この機能を有効にするか、開始してから 335 日経過すると、30 日以内に再同意を完了する必要があるという通知が、アカウント オーナーまたはアカウント管理者に届きます。 教育機関向けアカウントのアクティベーション プロセスを完了する手順が記載されたメールが、同意者に送信されます。このメールの受信者が、Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意する必要があります。

通知が届いてから何も対処しないまま 30 日が経過すると、アカウントがロックされます。 さらに 30 日が経過すると、アカウントが削除される場合があります。

アカウントがロックされる前に認証を更新

Zoom の教育機関向けアカウントにサインインした後、通知のウェブページが表示されます。 この教育機関向けアカウントのアクティベーション プロセスが記載されたメールが、同意者宛てに送信されるという通知を受けます。 次のオプションをクリックできます。

  • メールを再送信: 同意者にメールが届いていない場合は、メールを再送信します。
  • 受信者を変更: Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意することになる受信者の氏名とメールアドレスを入力します。
  • スキップしてアカウントに移動: Zoom ウェブポータルのアカウント設定で、教育機関向けアカウントのアクティベーション手順が記載された通知のとおりに対処します。

アカウントがロックされた後に認証を更新

Zoom の教育機関向けアカウントにサインインした後、通知のウェブページが表示されます。 アカウントがロックされたという通知を受けます。 アカウント オーナーまたは管理者は、アカウントを使用できるように、アカウントがロックされてから 30 日以内に Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に対する同意を更新し、署名する必要があります。 次のオプションをクリックできます。

  • メールを再送信: 同意者にメールが届いていない場合は、メールを再送信します。
  • 受信者を変更: Zoom の「Consent to Educational Data Collection Practices(教育データ収集への同意書)」に同意することになる受信者の氏名とメールアドレスを入力します。

アカウントのロックを解除

Zoom アカウントにサインインしようとすると、アカウントが無効になっているというアラートを受けます。
アカウント管理者または組織の管理者にお問い合わせいただく必要があります。 アカウント管理者または組織の管理者が、アカウントがロックされてから 30 日以内に電子署名プロセスを完了すると、アカウントは再び有効になります。

アカウントにサインインして、画面の指示に従ってください。 うまくいかない場合、またはご質問がある場合は、CSM またはサポートにお問い合わせください。

Powered by Zendesk