Salesforce での Zoom Phone の使用

最終更新日:

Salesforce 内で Zoom Phone アプリを使用して、電話ウィジェットからシームレスに電話をかけることができます。 この統合は、Salesforce Lightning または Classic で機能します。

この記事では、次の項目について説明します。

Salesforce で Zoom Phone を使用するための前提条件

Salesforce アプリで Zoom Phone ウィジェットにアクセスする方法

  1. Zoom クライアントにサインインします。
  2. Salesforce アカウントにサインインします。
  3. Zoom Phone ウィジェットが割り当てられた Salesforce アプリケーションを特定します。
    : Zoom Phone ウィジェットが割り当てられた Salesforce アプリケーションが見つからない場合、Salesforce 管理者にお問い合わせください。
  4. Salesforce アプリの左下で、Zoom Phone ウィジェットの [ Zoom Phone] をクリックします。
  5. Zoom Phone ウィジェットで [サインイン] をクリックします。
    : サインイン中にエラーが発生した場合は、Salesforce 管理者にお問い合わせください。
  6. [Salesforce を追加しようとしています] ページで、[承認] をクリックします。

Salesforce で Zoom Phone ウィジェットを使用する方法

電話番号をダイヤルする

  1. Salesforce アプリで Zoom Phone ウィジェットにアクセスします。
  2. Salesforce アプリの左下で、Zoom Phone ウィジェットの [ Zoom Phone] をクリックします。
  3. 電話のダイヤルパッドから [キーパッド] タブを選択し、必要に応じて発信者 ID を選択 / 非表示にします。
  4. [名前で検索] ボックスに電話をかける相手の名前を入力するか、番号キーを押してから、電話アイコン をクリックします。
  5. (オプション)Salesforce アプリで、[連絡先] タブをクリックし、電話をかける連絡先を特定して、[電話] の下にある番号をクリックすることでその連絡先に直接電話をかけます。
  6. [ユーザーの代わりに Salesforce で通話制御アクションを管理可能にしますか?] で、[OK] をクリックします。
    : ミーティング中の場合、[続行] をクリックするように求めるポップアップ ウィンドウが表示されます(通話の続行を希望する場合)。
  7. (オプション)通話をレコーディングする場合、電話のダイヤルパッドで [レコーディング] をクリックします。
  8. (オプション)[終了] をクリックして通話を終了します。
  9. (オプション)通話を終了すると、[履歴] タブが自動で開き、通話に関連するコメントを入力できます。 [閉じる] をクリックしてコールログを保存することも、[削除] をクリックしてコールログを削除することもできます。

通話を受信する

SalesForce で着信通話を受信するには、次の操作を行います。

  1. Salesforce アプリで Zoom Phone ウィジェットに接続していることを確認します。
  2. 電話のダイヤルパッドで、[受信] をクリックして通話を受信します。
  3. [拒否] をクリックして通話を拒否します。
  4. (オプション)ミーティング中の場合:
    • [ミーティングを終了して受信] をクリックしてミーティングを終了し、通話を受信します。
    • [ボイスメールに送信] をクリックして、通話をボイスメールに送信します。
    • [ミーティングのオーディオを保留にして応答] をクリックして、ミーティングを終了せず、通話を受信します。
  5. [終了] をクリックして、着信通話を終了します。
    : [履歴] タブが自動で開き、着信通話に関するコメントを入力できます。

通話を保留にする

通話の受発信後、通話を保留にできます。

  1. 通話中に、[保留] ボタンをクリックします
    :
    • 保留中は通話をレコーディングできません。
    • 最大 4 件の通話を保留にできます。
  2. [保留解除] ボタンクリックして、通話を再開します
  3. (オプション)別の通話を保留中にしている場合、[履歴] タブをクリックし、保留中としてマークされている目的の通話を選択してから、[保留解除] をクリックして通話を再開します

ボイスメールとレコーディングを管理する方法

通話をレコーディングする

  1. 通話中に、電話のダイヤルパッドから [レコーディング] をクリックして通話をレコーディングします。
  2. [レコーディングの停止] をクリックして、レコーディングを終了します。
    : 管理者が通話を自動レコーディングするように設定している場合、手動でレコーディングを開始 / 停止できません。

ボイスメールとレコーディングにアクセスする

ボイスメールとレコーディングは、[タスク] ページのコールログに添付されます。 オーディオ データは Zoom クラウドに保存されます。 Zoom クライアントにあるボイスメールまたはレコーディングを削除すると、Salesforce でボイスメールまたはレコーディングにアクセスして再生することができなくなります。

Salesforce でレコーディングまたはボイスメールにアクセスするには、次の操作を行います。

  1. Salesforce アカウントで、[タスク] タブを選択します。
  2. レコーディングまたはボイスメールにアクセスする通話を特定し、クリックします。
  3. [詳細] タブを選択し、[ZoomCellLogDetails] で [ボイスメール] または [レコーディング] の右側にある音量アイコンをクリックします。
    :
    • Zoom 管理者がお使いのアカウント向けにボイスメールの文字起こしを有効にしていない場合、ボイスメールの文字起こしを表示できません。
    • Salesforce アカウントからボイスメールまたはレコーディングを削除することはできません。 Zoom アカウントからこれらの項目を削除する必要があります。 Zoom アカウントからボイスメールおよびレコーディングにアクセスするには、こちらの手順を行います

SMS の使用方法

:

  • Salesforce で Zoom Phone アプリの SMS 機能を使用すると、管理者から対象の権限が割り当てられている場合、テキスト メッセージ(SMS)を送受信できます。 この機能を利用できない場合は、Zoom 管理者にお問い合わせください。
  • 直通番号の割り当てや削除など、Zoom アカウントに対する変更では、その変更を反映するためにブラウザページを更新する必要があります。
  • メッセージを Salesforce に 1 日あたりの番号ごとのタスクとして自動保存し、一致が見つかった場合は取引先責任者 / リードにリンク可能な電話の SMS の自動保存を有効にできます。 この設定を無効にすると、SMS を手動で保存できなくなります。 この機能を有効 / 無効にする場合は、Salesforce 管理者にお問い合わせください。

電話番号または取引先責任者 / リードにテキスト メッセージを送信する

  1. Salesforce アプリで Zoom Phone ウィジェットにアクセスします。
  2. 電話のダイヤルパッドから、[SMS] タブを選択します。
  3. 鉛筆アイコン をクリックして、新しいテキスト メッセージの書き込みを開始します。
  4. [宛先:] ボックスに、テキスト メッセージを送信する取引先責任者 / リードの電話番号か名前を入力します。
  5. [テキスト...] ボックスに、メッセージを入力します。
  6. 送信アイコン をクリックしてメッセージを送信します。

:

  • 複数の直通番号をお持ちの場合は、SMS の送信元を 1 つの番号で選択する必要があります。
  • SMS は、複数の受信者に同時送信できます。
  • 既存の SMS スレッドにメッセージを送信できます。
  • メッセージで画像を受信できる場合でも、SMS 経由で画像を送信することはできません。

テキスト メッセージを読む

  1. Salesforce アプリで Zoom Phone ウィジェットにアクセスします。
  2. 電話のダイヤルパッドから、[SMS] タブを選択します。
  3. 目的のテキスト メッセージをクリックします。
  4. (オプション)情報アイコン をクリックして、Salesforce でタスクを開き、詳細を確認します。 たとえば、[コメント] フィールドでは、日付のタイムスタンプを含む SMS スレッドを確認できます。

:

  • 送信された SMS で画像を受信できます。 これらの画像は、電話ウィジェットに表示されますが、関連する SMS タスクの [コメント] フィールドでは、[画像] として表示されます。

電話のコールログの管理方法

管理者は、アプリで Salesforce にコールログを自動保存することも、自動保存機能を無効にしてユーザーがコールログを手動保存できるようにすることも可能です。

電話のコールログを自動保存する

アプリでコールログを自動保存する場合、通話の終了後に Zoom Phone ウィジェットの [ Zoom Phone] から次のことができます。

  1. [閉じる] をクリックして、コールログ レコーディングを Salesforce に保存します。
  2. [削除] をクリックして、Salesforce のコールログ レコーディングを削除します。
  3. [タスク] タブを選択して通話レコーディングを表示します

電話のコールログを手動保存する

このアプリからは、コールログが Salesforce に自動保存されません。 通話ごとにコールログを保存するかどうかを選択できます。 通話を終了した後、次の操作が可能です。

  1. [保存] をクリックして、通話レコーディングを保存します。
  2. (オプション)[保存してすべて閉じる] をクリックすることで、同じ発信者からの複数の通話レコーディングを保存します。
  3. [閉じる] をクリックして、通話レコーディングを保存しないようにします。

Zoom クライアントから取得した通話のみを Salesforce に記録する方法

Salesforce にサインインしているかどうかに関係なく、すべての通話を記録できます。 モバイルでクライアントから Zoom 通話を発信する場合も、継続して記録されたすべての通話にアクセスできます。

  1. Salesforce アカウントにサインインします。
  2. Zoom Phone ウィジェットが割り当てられた Salesforce アプリケーションを特定します。
    : Zoom Phone ウィジェットが割り当てられた Salesforce アプリケーションが見つからない場合、Salesforce 管理者にお問い合わせください。
  3. [外部の Zoom コールログ] タブを選択します。
  4. コールログを検索するには、[StartDate] ボックスをクリックしてカレンダーを展開します。
  5. 日付範囲を選択し、[検索] をクリックします。
    : 最大 3 日間のコールバックを表示できます。
  6. (オプション)コールログを保存するには、[Salesforce に保存] をクリックします。
    : すべてのコールログはデフォルトで選択されています。
  7. (オプション)コールログを Salesforce に保存しない場合は、目的のコールログで [却下] をクリックします。
    : 保存を却下すると、通話が受発信されたタイミングのレコーディングのみが削除されます。 コールログは検索に表示されませんが、Zoom から引き続き利用できます。
  8. (オプション)[タスク] タブを選択して、保存済みログを表示します。

コールログ情報の更新

電話番号が Salesforce 内で利用可能な通話レコーディングに関連付けられていない場合、アプリでは空データの [取引先責任者/リード] ボックスが表示されます。

新しい取引先責任者 / リードを作成して電話番号を関連付けるには:

  1. 通話を終了した後、[閉じる] をクリックしてコールログを保存します。
  2. [タスク] タブを選択します。
    アプリには通話レコーディングが表示されます。 [詳細] 画面には、電話番号に関連付けられた取引先責任者の名前 / リードが表示されます。
  3. コールログから更新する電話番号をクリックします。
  4. [名前] の右側にある鉛筆アイコン をクリックして、発信者の名前を更新します。
  5. [新しい連絡先] をクリックして名前を追加します。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。