リリースノート: 2022年1月23日

最終更新日:

ウェブのリリースノート

既存の機能の変更

  • 管理者機能
    • デフォルトで言語通訳を有効にする
      アカウントの所有者と管理者は、Zoom でミーティングをスケジュールするときに、デフォルトで言語通訳機能を有効にできます。 以前は、新しい Zoom Meeting をスケジュールする場合、言語通訳機能は常にデフォルトでオフになっていました。
    • ダッシュボードの統計に関する変更
      ダッシュボードにある [無料通話時間(分)] タイルは、[オーディオ カンファレンス時間(分)] になりました。 これらの統計には、無料通話ダイヤルイン、コールアウト、プレミアム有料通話ダイヤルイン、および有料通話ダイヤルインの時間(分)が表示されます。

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • トラブルシューティングを支援する特定のコンテンツに対する、顧客へのアクセス許可のワークフロー
      アカウント所有者と管理者は、Zoom 担当者に特定のコンテンツにアクセスするためのアクセス権を付与できるようになりました。 たとえば、技術的な問題への対応に Zoom を使用する場合、アカウントの所有者と管理者は、トラブルシューティングを支援するために、チャットやレコーディングなどの特定のコンテンツへの制限付きアクセス権を Zoom 担当者に付与できます。 承認されると、対象の Zoom 担当者は、指定されたコンテンツを一定期間表示できる権限を持ちます。 期間が経過すると、アクセスできなくなります。 ファイルへのアクセス試行とアクティビティはすべてログに記録されます。
    • ブレイクアウト ルームの起動後にルームを作成、削除、名前変更
      アカウント オーナーと管理者は、ホストがブレイクアウト ルームを開いて使用しているときにルームを作成、削除、名前変更する機能を有効にできるようになりました。 この機能を利用するには、バージョン 5.9.3 以降が必要であり、Zoom で有効にする必要があります。
    • 操作ログ レポートの機能強化
      アカウント オーナーと操作ログ レポートにアクセスできる管理者は、API を介して行われた変更を除き、管理者が行ったすべてのユーザー レベルの設定変更を表示できます。
    • ローカルのレコーディングで字幕とチャットの保存をオフにする
      アカウント オーナーと管理者は、ホストと参加者がチャット メッセージや字幕ファイルをローカルのレコーディングに保存できるかどうかを選択できます。 アカウント オーナーと管理者は、アカウント レベルおよびグループ レベルでこれらの設定を有効または無効にしたり、ロックしたりできます。 ユーザーは、ユーザー レベルで有効または無効にできます。 この設定はデフォルトで有効になっています。
    • 侵害されたアカウントのメール通知
      Zoom から信頼と安全に関する連絡を受信するように設定されたアカウント オーナー、管理者、およびその他の連絡先には、資格情報が侵害されたアカウントのユーザーに関するメール通知が届きます。 また、影響を受けたユーザーは、資格情報が侵害された場合にメール通知を受け取り、パスワードをリセットする必要があります。
    • 各ミーティングの後にバーチャル背景をデフォルトにリセットする
      アカウント オーナーと管理者は、Zoom Meeting の後に、管理者が選択したバーチャル背景をリセットできます。 ユーザーが特定のミーティングの事前承認済みのバーチャル背景を変更すると、その背景はミーティングの後に自動的にデフォルトにリセットされます。 この設定は、アカウント レベルとグループ レベルで使用でき、どちらのレベルでもロックできます。
    • 事前登録ありのミーティングおよびウェビナーの参加者認証の機能強化
      アカウント オーナーと管理者は、ウェビナーおよびミーティングの登録者について、次の新しい認証オプションを設定できます: 招待されたメール アドレスで Zoom にサインインする。 このオプションを使用すると、主催者は参加者に、このセッションに参加するために登録したメール アドレスに関連付けられた Zoom アカウントでサインインすることを要求できます。 サインインせずに参加しようとしたり、間違ったアカウントでサインインしたりすると、通知が届き、サインインまたはアカウントを切り替えるオプションが表示されます。 この機能は、2022 年 2 月 7 日に予定されているバックエンド サーバーの更新に依存するため、現在は利用できません。
    • ユーザーのミーティング中のポリシーに沿った機能の追加
      アカウント オーナーおよび管理者は、アカウント上のユーザーが社内外のミーティングに参加する際にアクセスできるミーティングの機能を制限できます。 管理者は、必要に応じて、外部のミーティングのみ、またはユーザーが参加するすべてのミーティングに対して機能を制限できます。 この機能は、法人以外のアカウントの場合、Zoom で有効にする必要があります。 この機能は、デスクトップ クライアント(Windows、macOS、Linux)、モバイルアプリ(iOS、Android)、およびウェブ クライアントでサポートされています。
      次の機能の制限が追加されています。
      • 意思表示アイコン
      • ミーティングでのリアクション
  • ユーザー機能
    • クラウド レコーディングの参加者用に個別のオーディオ ファイルをレコーディングする
      ミーティング主催者とウェビナー主催者は、Zoom ウェブポータルで設定を有効にして、クラウド レコーディングの参加者用に個別のオーディオ ファイルをレコーディングすることができます。 処理されたクラウド レコーディングを表示する場合、主催者は各参加者の個別のオーディオ ファイルを管理できます。
    • ダウンロード センターの Intune(Android)向け Zoom
      ユーザーは、ダウンロード センターから Intune(Android)アプリの Zoom をダウンロードできます。
    • Zoom Webinars Q&A レポート インターフェイスの機能強化
      回答を見やすく表示するために、Zoom Webinars Q&A レポート インターフェイスの体験を向上させる機能強化がいくつか行われています。
    • 事前登録ありのミーティングおよびウェビナーの参加者認証の機能強化
      ミーティングおよびウェビナーの主催者は、ミーティングまたはウェビナーに参加しようとしているユーザーが登録リストに対して検証されていることを確認できます。 ユーザーは、セッションに登録されているアカウントでサインインする必要があります。 この機能は、2022 年 2 月 7 日に予定されているバックエンド サーバーの更新に依存するため、現在は利用できません。 
    • アカウント資格情報が侵害されたユーザーに通知する
      仕事用メールでのログイン タイプのユーザーは、アカウントの資格情報が侵害された場合にメールで通知され、パスワードをリセットするように求められます。 パスワードが 1 日以内に変更されない場合、ユーザーはすべてのデバイスで Zoom からログアウトされ、パスワードをリセットすることを求められます。 アカウント オーナー、管理者、および Zoom から信頼と安全の通信を受信するように設定されたその他の連絡先にも、アカウントが侵害されたユーザーに関するメール通知が送信されます。
    • ビデオを使った待合室のカスタマイズ
      ウェブポータルで待合室の見た目をカスタマイズするときに、ユーザーはビデオを追加できます。 ホストがミーティング参加を承認するまで、待っている間、待機室の参加者はビデオを視聴できます。 この機能を使用するためには、バージョン 5.7.3 以降が必要です。 この機能は、すべての有料アカウントで利用可能です。 アカウント オーナーと管理者は、自分のアカウントのビデオ カスタマイズ オプションを無効にするリクエストを Zoom に送信できます。
    • 各ミーティングの後にバーチャル背景をデフォルトにリセットする
      ユーザーは、Zoom Meeting の前または最中に、事前に承認されたバーチャル背景を選択して使用できます。 ただし、ミーティングが終了すると、ユーザーの背景は自動的に管理者によって選択されたバーチャル背景に変更されます。
  • 開発者向け機能
    • Video SDK クラウド レコーディングのレコーディング時間を記録する
      クラウド レコーディングのアカウント レベルの使用状況レポートは、レコーディング時間に基づいて作成されます。
    • Video SDK アカウントのクラウド レコーディングのサポート
      Video SDK アカウントのアカウント オーナーは、クラウド レコーディングを有効にしてセッションをレコーディングおよび保存し、クラウドのレコーディング ファイルをダウンロードすることができます。
    • Video SDK アカウントのコマンド チャンネル
      Video SDK ミーティングの参加者間でのリアルタイム データとコマンドのチャンネルが実装されます。
  • デバイス管理機能
    • Windows デバイス 用の更新プログラムの分類
      アカウント オーナーと管理者は、Windows を実行しているデバイスを詳しく調べ、今後の更新プログラムを確認して、分類のタイプ(セキュリティ、重要、なし)を確認して、適用日と状態を確認できます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • ポーリングおよび高度なポーリングを編集および作成するための UI が明確に定義されておらず、ユーザーが自動的に高度なポーリングに送信されるという問題を解決しました。
  • チャット履歴レポートの [種類] 列で、グループ チャットとチャンネルが区別されない問題を解決しました。 [種類] 列に 1:1、グループ チャット、またはチャンネルが表示されるようになりました。
  • 一部のユーザーにリマインダー メールが誤った登録者情報で送信される問題を解決しました。

: 展開に関する問題により、[ミーティングの説明を非表示にする] 機能を有効または無効にする機能はリリースから除外されましたが、今後のリリースで使用できるようになります。

Zoom Phone のリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • 緊急番号プールで利用可能な予約番号
      アカウントの所有者と管理者は、ポーティング中に電話番号を予約し、割り当てられていない予約済みの電話番号を緊急番号プールに追加したり、ロケーションの ELIN として定義したりできます。
    • デフォルトの発信者 ID 番号として共有回線表示番号を設定する
      アカウントの所有者と管理者は、クライアントと同様に、ウェブポータルで共有回線の表示(コール委任)番号をデフォルトの発信者 ID 番号として設定できます。
    • グループ コール ピックアップ メンバーの不在着信をアラート
      アカウント オーナーと管理者は、不在着信をコール ピックアップ メンバーに通知するアラートを設定できます。 有効にすると、メンバーは、コールを受け入れるまたは終了する小さなサウンド通知を受け取ります。 この機能は、デスクトップ クライアント バージョン 5.9.3 でサポートされています。
  • ユーザー機能
    • 個人の連絡先
      ユーザーは、CSV ファイルをアップロードすることで、名前、メールアドレス、電話番号などを含む個人の連絡先を Zoom に保存できます。 連絡先名を正しく表示するには、電話番号が E.164 形式である必要があります。 連絡先はアカウントに保存され、Zoom デスクトップ クライアントおよびモバイル アプリの [連絡先] > [自分の連絡先] と同期されます。 ユーザーが個人の連絡先を同期するには、クライアントまたはアプリのバージョン 5.8.3 以降が必要です。 個人の連絡先は、メッセージへのスター付けをサポートしていません。
  • デバイス
    • ファームウェアのアップグレード
      一部のデバイスは、ファームウェアのアップグレードを受け取ります。 いくつかのデバイスは自動的に再起動してファームウェアがアップグレードされます。
    • サイレント再同期
      サイレント再同期は、特定のプロビジョニング済みの Poly および Yealink IP 電話に対してデフォルトで有効になります。 サイレント再同期を使用すると、電話機は、IP 電話の再起動回数を減らしてプロビジョニングの変更を更新できます。 注: 変更される設定パラメータによっては、同期処理中に IP 電話が直ちに再起動する場合があります。 この機能は、次の認定モデルでサポートされています。
      • Poly Trio/CCX/VVX シリーズ
      • すべての Yealink モデル
    • Cisco IP 電話でサポートされている管理機能
      アカウント オーナーと管理者は、Cisco MPP(マルチパーティ プラットフォーム)の IP 電話に対して次の管理機能を使用できます。 これらの設定は、デバイスにすぐに送信され、電話機が再同期される可能性があります。 または、オートプリングを使用することができます。
      • 電話のウェブ管理者を有効または無効にする
      • 電話の管理者パスワードを設定する
      • 電話で利用される NTP サーバ情報
      • HTTPS とポート 443 を使用するデバイスへの ウェブ ページ経由のアクセス。 この変更は、Zoom の強化されたセキュリティ要件と一致するように導入されています。
    • Cisco IP 電話でサポートされるユーザ機能
      Cisco MPP(マルチパーティ プラットフォーム)の IP 電話では、次の追加機能がサポートされるようになりました。 短縮ダイヤル、BLF、コール パークは、キーと位置の設定を使用して設定できます。
      • 短縮ダイヤル
      • ビジー ランプ フィールド(BLF)
      • コールパーク
      • ホットデスク
    • Cisco IP 電話の ZTP サポート
      Cisco MPP(マルチパーティ プラットフォーム)の IP 電話では、ゼロ タッチ プロビジョニング(ZTP)がデフォルトで有効になっています。 ZTP は、接続されて起動すると、Zoom Phone サービス用の Cisco MPP IP 電話を自動プロビジョニングします。
    • Cisco IP 電話共通プロビジョニング URL
      Zoom Phone サービスへの Cisco MPP(マルチパーティ プラットフォーム)IP 電話のオンボーディングをさらに強化するために、複数の MPP モデルを持つ顧客が 1 つの URL を使ってプロビジョニングができるようになる、ベース URL が利用可能になりました。 これにより、プロビジョニングに DHCP オプション 66 をサポートする Cisco の電話を導入できます。
    • プロビジョニング後の Cisco IP 電話の「パスワードの設定」画面
      以前は、Zoom Phone を使用して Cisco MPP(マルチパーティ プラットフォーム)電話をプロビジョニングした後、Zoom アカウントにデバイス パスワードが設定されていても、[パスワードの設定] 画面が表示されていました。 この更新は、デバイスのパスワードが ウェブポータルで設定され、変更が電話にプロビジョニングされている場合、IP 電話にこの画面が表示されないようにします。
    • AudioCodes と Yealink の電話機における管理者パスワードのサポート
      以下の固定電話機はカスタム管理者パスワードをサポートしています。
      • AudioCodes: 445HD、450HD、C450HD
      • Yealink: CP965、CP925
    • 認定デバイス
      Yealink T58W IP 電話がサポートされています。 アカウント オーナーと管理者は、プロビジョニング プロセスの一環として、この電話を Zoom ウェブポータルに追加できます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • 共有ボイスメールの受信トレイで、ランダムな時間でメッセージが表示される問題を解決しました

Outlook アドインのリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • パーソナル オーディオ カンファレンスをスケジュールする
    ユーザーは、Outlook アドインでミーティングをスケジュールするときに、パーソナル オーディオ カンファレンス(PAC)をスケジュールできます。

解決済みの問題

  • セキュリティ強化
  • マイナーなバグ修正

Zoom Events のリリースノート

既存の機能の変更

  • 一般的な機能
    • Zoom Events Expo
      Expo 機能により、イベント主催者は参加者とブースの代表者(スポンサーと出展者)を結ぶバーチャル展示会を開催し、その製品やサービスについての詳細を紹介することができます。
  • ホストの機能
    • 登録者管理
      登録者管理システムは、主催者がイベント レベルで登録者を管理するためのサポートを提供します。 ホストは、イベントの特別なロールを持つ出席者、および通常の出席者情報と登録状況を、表示、並べ替え、およびフィルタリングできます。
      : エクスポート機能は、[イベントの概要] から新しい [登録の管理] ページに移動しました。
  • 支払いと請求機能
    • 部分的な払い戻し機能
      主催者と出席者は、イベントのキャンセルやチケットの払い戻しの柔軟性をサポートする、部分的な払い戻し機能が利用できます。

新機能と既存機能の強化

  • ハブ機能
    • レコーディング ライブラリ
      イベント主催者は、イベントを見逃したユーザーがイベントのレコーディングを視聴できるようにするオプションが利用できます。
  • イベント設定機能
    • 複数の特別なロールを持つ参加者に対して、1 つの通知メールを送信する
      複数の特別なロールを持つイベント参加者は、イベントの変更または更新の通知に関して、1 つのメールのみを受信します。 以前は、複数のロールを持つイベント参加者は、イベントの変更に関する複数の通知を受信していました(ロールごとに 1 メール)。
  • ホストの機能
    • [セッション] タブにライブストリームおよびレコーディングのメトリックを追加する
      ロビーでのライブストリーミングとレコーディングのユニーク ビューのメトリックが、ホスト分析ダッシュボードの [セッション] タブに含まれるようになりました。
    • イベント セッション CSV ファイルの機能強化
      すべてのイベント詳細とイベント セッション データが CSV ファイルのダウンロードに含まれるようになりました。
    • 制限付きゲスト リストのメール通知
      公開イベントの場合、CSV ファイルを使用してアップロードされたゲストにメール通知を送信できます。
    • [重複イベント] オプションの機能強化
      イベント主催者がイベントを複製すると、イベント、セッション、チケットの開始日 / 時刻は、自動的に現在の日付に調整されます。
  • Zoom Meetings / Zoom Webinars 連携機能
    • イベント登録ソースの追跡リンク
      主催者は、各キーワードに対して一意のイベントリンクを生成し、各リンクを通じて登録者と訪問者のイベントビューのメトリックを追跡できるようになりました。
    • セッション ポーリングの機能強化
      高度なポーリングのZoom ウェブポータル設定が有効になっている場合、ホストはより多くの種類のポーリング質問(単一選択、複数選択など)を作成し、より高度なポーリング オプションを持つことができます。
      : バージョン 5.8.3 未満のユーザーは、高度なポーリングを表示したり、参加したりすることはできません。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化

OnZoom のリリースノート

既存の機能の変更

  • 支払いと請求機能
    • 部分的な払い戻し機能
      主催者と出席者は、イベントのキャンセルやチケットの払い戻しの柔軟性をサポートする、部分的な払い戻し機能が利用できます。

新機能と既存機能の強化

  • ホストの機能
    • 制限付きゲスト リストのメール通知
      公開イベントの場合、CSV ファイルを使用してアップロードされたゲストにメール通知を送信できます。
    • [重複イベント] オプションの機能強化
      イベント主催者がイベントを複製すると、イベント、セッション、チケットの開始日 / 時刻は、自動的に現在の日付に調整されます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティの強化

クラウド ルームコネクタ(CRC)のリリースノート

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • 特定の Poly デバイスで共有画面が正しく表示されない問題を解決しました。

機能強化した SIP/H.323 用 Zoom コネクタのリリースノート

既存の機能の変更

  • Webex に登録されたデバイスのサポート
    Zoom でプロビジョニングされていて、同時に Webex に登録されているデバイスに対するサポートが追加されました。 これにより、Webex または Zoom のミーティングに参加するときに、デバイスが適切なコール プロトコルを使用できます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • 特定のデバイスが、H.323 プロトコルを使用してスケジュール ミーティングに自動的に参加できないという問題を解決しました。
  • Zoom でプロビジョニングすると、ユーザーが手動で作成したお気に入りが削除されてしまう問題を解決しました。

Cisco/Polycom 用 Zoom コネクタのリリースノート

解決済みの問題

  • セキュリティ強化

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。