ミーティングやウェビナーでアバターを使用する

最終更新日:

[アバター] を有効にすると、実際の姿の代わりに、自分の頭部の動きと表情をなぞる 3D バーチャル アバターを相手に表示することができます。 アバターは、若干の楽しさを追加しながらミーティング出席者と関わることができる、手軽で魅力的な方法です。 さらに、カメラをオンにしたくないけれども、ボディ ランゲージや表情で伝わるものの大きさも捨てたくないと感じるユーザーにとって、アバターは丁度よい折衷案となります。

この機能をミーティング中に有効にすると、Zoom のテクノロジーにより、デバイスのカメラで画面上の顔の位置が検出され、選択したアバター効果が適用されます。 この機能を使用している限り、ユーザーの顔の画像が、お使いのデバイスの外に漏れる心配はありません。また Zoom に保存されたり送信されたりすることもありません。 この機能では、顔認識が使用されないため、そもそもあなたが誰であるかが特定されません。 アバター機能には、画像の中から顔をより分ける能力はあるものの、人の顔を認識したり見分けたりする能力がないのです。

この記事では、次の項目について説明します。

アバターの前提条件

  • Zoom デスクトップ クライアント
    • Windows: バージョン 5.10.0 以降
    • macOS: バージョン 5.10.0 以降
  • Zoom モバイルアプリ:
    • Android: 5.11.0 以降
    • iOS: バージョン 5.10.0 以降
  • Windows でのシステム要件: 
    • Windows 7、8、10 以降(64 ビット)
    • サポート対象プロセッサ*
      • Intel: 第 4 世代以降の i3、i5、i7、i9 プロセッサ
      • AMD:
        • Ryzen 3、5、7、9 プロセッサ
        • 6 コア以上、基本周波数 3.0Ghz 以上
        • 8 コア
    • Direct3D 11 対応グラフィックス カード
  • macOS でのシステム要件:
    • macOS 10.13 以降
    • サポート対象プロセッサ*
      • Apple M1 以降
      • Intel:
        • 第 4 世代以降の i3、i5、i7、i9 プロセッサ
        • Xeon 4 コア以上
        • その他のプロセッサ 6 コア以上
      • AMD:
        • Ryzen 3、5、7、9 プロセッサ
        • 8 コア以上
  • Android でのシステム要件: 
    • バーチャル背景のシステム要件を満たす必要があります。
    • デバイスがバーテックス シェーダー ストレージ ブロックに対応している必要があります。
      注: デバイスがバーチャル背景に対応しているにもかかわらず、[アバター] オプションがモバイルアプリ設定に表示されない場合、一番に考えられる理由は、デバイスがバーテックス シェーダー ストレージ ブロックをサポートしていないことです。
  • iOS でのシステム要件: 
    • iPhone 8 以降(iOS 11.0 以降)
    • iPad 2017 以降(iOS 11.0 以降)

: お使いのプロセッサと要件を比較するときは、プロセッサの世代をプロセッサ番号の最初の 1 桁(または 2 桁)で判別し、残りの 3 桁でモデル番号を判別します。 たとえば Intel i7-6700 は i7 プロセッサの第 6 世代に相当するモデル 700 を指します。

アバターの制限

アバターを有効にする方法

アカウント

アカウント内の全ユーザーに対してアバターを有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. アカウント設定を編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[アカウント管理]、[アカウント設定] の順にクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [ミーティングにて(詳細)] で [アバター] を有効または無効に切り替えます。
  5. 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] または [オフにする] をクリックして、変更を確認します。
  6. (オプション)アカウントのユーザー全員に対しこの設定の変更を拒否するには、ロックアイコン をクリックしてから [ロック] をクリックして、設定を確定します。

グループ

ユーザー グループの [アバター] を有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. グループを編集する特権を持つ管理者として、Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、[ユーザー管理]、[グループ管理] の順にクリックします。
  3. リストで該当するグループ名をクリックします。
  4. [ミーティング] タブをクリックします。
  5. [ミーティングにて(詳細)] で [アバター] を有効または無効に切り替えます。
  6. 認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] または [オフにする] をクリックして、変更を確認します。
    : オプションがグレー表示されている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。
  7. (オプション)担当グループのユーザー全員に対しこの設定の変更を拒否するには、ロックアイコン をクリックしてから [ロック] をクリックして、設定を確定します。

ユーザー

自分用に [アバター] を有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. Zoom ウェブポータルにサインインします。
  2. ナビゲーション パネルで、[設定] をクリックします。
  3. [ミーティング] タブをクリックします。
  4. [ミーティングにて(詳細)] で [アバター] を有効または無効に切り替えます。
  5. 認証ダイアログが表示されたら、[有効にする] または [無効にする] をクリックして、変更を確認します。
    注意: オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者にお問い合わせください。

ミーティング中にアバターを適用する方法

ビデオの外観をアバターに変更するには、次の操作を行います。

  1. ミーティング(またはウェビナー)を開始、またはミーティング(またはウェビナー)に参加します。
  2. [ビデオを開始/ビデオを停止] ボタンの横にある ボタンをクリックし、[バーチャル背景を選択...] または [ビデオフィルタを選択] します。
  3. [アバター] タブをクリックします。
  4. 適用しようとするアバターをクリックします。
    : アニマル オプションにはそれぞれ、パーカー着用バージョンと T シャツ着用バージョンが 1 個ずつ含まれています。

選択したアバターで、自分の頭部の動きや顔の表情がそっくりそのまま再現されます。 アバターは、バーチャル背景イマーシブ ビューと同時に使用することもできるため、お互いに一段と楽しくコミュニケーションし、より魅力的なシーンを参加者や出席者にみせることができます。

: アバターで顔認識は使用されず、ユーザーの顔の画像も一切保存されません。

ビデオの外観をアバターに変更するには、次の操作を行います。

  1. Zoom モバイルアプリにサインインします。
  2. Zoom でのミーティング中またはウェビナー中にコントロールで [詳細] をタップします。
  3. [背景とエフェクト] をタップします。
  4. [アバター] タブをタップします。
  5. 適用しようとするアバターをタップします。
    : アニマル オプションにはそれぞれ、パーカー着用バージョンと T シャツ着用バージョンが 1 個ずつ含まれています。

選択したアバターで、自分の頭部の動きや顔の表情がそっくりそのまま再現されます。 アバターは、バーチャル背景イマーシブ ビューと同時に使用することもできるため、お互いに一段と楽しくコミュニケーションし、より魅力的なシーンを参加者や出席者にみせることができます。

: アバターで顔認識は使用されず、ユーザーの顔の画像も一切保存されません。

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。