リリースノート: 2022年3月20日

最終更新日:

ウェブのリリースノート

既存の機能の変更

  • オンプレミス ユーザーに対して共同ホストがデフォルトで有効に
    オンプレミス ユーザーは、デフォルトで共同ホスト機能を使用できます。 この機能はこれまで、Zoom が有効にしなければならない機能でした。
  • レポートとダッシュボード上の出席者数とミーティング時間の調整
    2022 年 4 月 1 日以降、ダッシュボードとレポート上の出席者数とミーティング時間のデータが調整されます。 出席者のカウント方法の定義が変更されており、また出席者が 500 人を超えるミーティングでのミーティング時間が過小報告されている可能性があるという問題に対処しています。
    • 出席者数: 出席者数のカウント方法が更新され、アカウント レポートとダッシュボード全体で一貫性が保たれます。 これには、参加者を、ミーティングに参加するときに 1 回だけカウントすることや、フェイルオーバー(切断して再接続、または待機室経由でミーティングに参加)で参加した時にはカウントしないことが含まれます。
    • ミーティング時間: 500 人以上の出席者がいるミーティングやウェビナーに対して、より正確なミーティング時間の合計が算出されます。 この変更により、500 人を超える出席者がいるミーティングのダッシュボード上の [ミーティング時間]、[ミーティング時間の上位 10 ユーザー]、および [ミーティング時間の使用状況] のミーティングの分数の値が大幅に増加することがあります。
    アカウント オーナーと管理者は、実際のユーザーの行動に変化がなくとも、ミーティング時間の増加と出席者数の減少を感じるかもしれません。 今回の変更は、ビジネス、教育機関、エンタープライズの各アカウントに適用されます。
    : 今回の変更では、以前お知らせした Zoom の有効化は必要ありません。 これは、前述のアカウントに 2022 年 4 月 1 日から適用されます。
  • 規制対象のユーザーがアーカイブを有効にして内部 E2EE ミーティングに参加すると、ミーティング内チャットが無効になります
    規制対象のユーザーがアーカイブを有効にしてエンド ツー エンドの暗号化(E2EE)ミーティングに参加すると、チャットをアーカイブできないため、すべての参加者に対してミーティング内チャットが自動的に無効になります。 すべての参加者に、ミーティング内チャットが無効になっているという通知が届きます。 アカウント オーナーと管理者は、Zoom ウェブポータルで [規制対象のユーザーが内部のエンド ツー エンド ミーティングに参加したときにチャットを許可する] を有効にして、この設定を上書きできます。
  • ミーティング / ウェビナーのトピック設定のロックがグループレベルで可能に
    アカウント オーナーと管理者は、ユーザー グループのミーティングまたはウェビナーのトピックとして「Zoom Meetings」または「Zoom Webinars」を常に表示することを選択できます。 以前は、この設定はアカウント レベルでのみ使用できました。
  • ウェビナーのパネリストと出席者のプロフィール画像を非表示にする
    アカウント オーナーと管理者は、[ミーティングで参加者のプロフィール画像が非表示する] 設定を有効にすると、ウェビナーのパネリストと出席者のプロフィール画像の使用を制限できます。 ウェビナー中、ホストは必要に応じて [参加者] パネルからこの設定を切り替えることができます。 この機能を使用するためには、バージョン 5.3.2 以降が必要です。 以前、この設定はミーティングにのみ適用されていましたが、有効にするとウェビナーにも適用されるようになりました。

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • アバターのサポート
      : アカウント オーナーと管理者は、ユーザーがミーティング中に自分を表すアバターを選択できるように、設定できるようになりました。 この設定は、アカウント レベル、グループレベル、およびユーザーレベルで使用でき、アカウント レベルまたはグループレベルでロックできます。 この機能を使用するには 5.10.0 以降が必要です。
    • チャット履歴レポートの機能強化
      アカウント オーナーと管理者は、ファイル、画像、絵文字でのリアクション、アニメーション GIF、オーディオ ファイル、コード スニペットなど、アカウントでユーザーが送受信したすべてのメッセージをチャット履歴レポートで表示およびダウンロードできます。 (既存のフラットおよび時系列形式ではなく)スレッド化されたメッセージも、グループ化された形式で表示され、表示と削除が容易になります。
    • ユーザーのメールアドレスを一括更新する
      アカウント オーナーと、ユーザー情報を編集するための適切なロール権限を持つユーザーは、CSV ファイルのインポートを使用してユーザーのメールアドレスを一括更新できます。 この機能は、Zoom で有効にする必要があります。
    • Zoom Chat でのメッセージやチャンネルへの共有リンクのサポート
      アカウント オーナーと管理者は、Zoom Chat でのメッセージやチャンネルへの共有リンクを有効にできるようになりました。ユーザーは、有効になっていると、Zoom Chat からリンクをコピー(ディープリンク)できるようになります。 有効にすると、ユーザーは公開チャンネルまたはチャンネル内の特定のメッセージに対して共有可能なリンクを作成し、Zoom 内外のリンクを共有して、Zoom チャットで直接開くことができるようになります。 既存のアクセス権を持つユーザーと、チャンネル管理者と同じアカウントに属しているユーザーのみが、参照されているチャンネルに参加して表示できます。 この設定は、アカウント レベルとグループ レベルで使用でき、どちらのレベルでもロックできます。
    • Zoom Chat でのビデオ メッセージのサポート
      : アカウントオーナーと管理者は、ビデオ メッセージを有効にできるようになりました。有効にするとユーザーは、ダイレクト メッセージまたはグループ会話の中で他のユーザーに短いビデオ メッセージを送信できるようになります。 非同期のビデオを使用すれば、ユーザーは自分の応答を、必要に応じて検討したうえでレコーディングして、慎重に作成した応答を提供できます。 この設定は、アカウント レベルとグループ レベルで使用でき、どちらのレベルでもロックできます。
    • 参加者パネルに予定参加者リストを表示
      アカウント オーナーと管理者は、参加者パネルに予定参加者リストを表示設定を有効にできるようになりました。有効にすると、ホスト、共同ホスト、および代替ホストは、ミーティングの参加者パネルの [未参加] セクションを表示できるようになります。 このセクションには、ミーティングに招待されているもののまだ参加していない人と、その人のカレンダーの応答が一覧表示されます。 この機能を使用するためには、ホストとユーザーがユーザー プロフィールで、カレンダー連携と連絡先の連携(Google カレンダーまたは Outlook カレンダー)を構成する必要があります。 この設定はアカウント単位、グループ単位、ユーザー単位で使用でき、アカウント単位またはグループ単位でロックできます。 この機能を使用するためには、バージョン 5.9.6 以降が必要です。 この機能は、当初は限られた種類のアカウントのみで利用できましたが、現在はすべての種類のアカウントで利用できます。
    • ホスト / 共同ホストに待機室の参加者の名前変更を許可する
      アカウント オーナーと管理者は、ホストと共同ホストが、参加者が待機室にいる間に名前を変更できるようにすることができます。 この設定は、アカウント レベル、グループレベル、およびユーザーレベルで使用でき、アカウント レベルまたはグループレベルでロックできます。 この機能を使用するにはバージョン 5.10.0 以降が必要です。
    • ダッシュボードでミーティングの暗号化の種類を表示する
      アカウント オーナーと管理者は、ダッシュボードで、ミーティング クライアントに表示される状態と同等の詳細な暗号化状態を表示できます。 ミーティングで拡張暗号化、エンド ツー エンド暗号化(E2EE)が使用されているかどうか、または暗号化に例外があるかどうかを確認できます。
    • ウェビナー セッションのブランディングの有効化 / 無効化
      アカウント オーナーと管理者は、ホストがウェビナー セッションを視覚的にカスタマイズできる機能、ウェビナー - セッションのブランディングを有効化または無効化できます。 この機能を使用して、ブランディングを表示するにはバージョン 5.10.0 以降が必要です。 それ以前のバージョンを使用して参加するパネリストは、バーチャル背景や名前タグにアクセスできません。
    • プッシュ通知で機密コンテンツを非表示にするためのサポート
      アカウント オーナーと管理者は、[プッシュ通知コンテンツの非表示] 設定を有効にして、予定されているミーティングやチャット コンテンツの名前などの機密性の高いコンテンツを、iOS デバイスと Android デバイスの両方のプッシュ通知に表示しないようにすることができます。 この設定は、アカウント レベルで使用できます。
    • Twitch へのライブ ストリーミングの許可
      アカウント オーナーと管理者は、ホストが、カスタムのライブ ストリーミング サービスとしてストリームを手動で設定するのではなく、ミーティングやウェビナーを直接 Twitch にライブ ストリーミングすることを許可できます。 この設定は、アカウント レベル、グループレベル、およびユーザーレベルで使用でき、アカウント レベルまたはグループレベルでロックできます。
    • ウェビナーのリアクションを有効 / 無効にする
      アカウント オーナーと管理者は、ウェビナーのリアクションの使用を有効または無効にできます。 有効にすると、ホストは、ミーティングのリアクションと同様に、出席者とパネリストがウェビナーでリアクションを使用できるタイミングを制御できます。 送信されたリアクションのストリームは、メインのウェビナー ウィンドウの右下隅に表示され、ホスト、パネリスト、出席者に表示されます。 この設定は、アカウント レベル、グループレベル、およびユーザーレベルで使用でき、アカウント レベルまたはグループレベルでロックできます。 この機能を使用したリアクションの送信および表示には、バージョン 5.9.6 以降が必要です。
    • ウェビナーバックステージを有効 / 無効にする
      アカウント オーナーと管理者は、ホストがウェビナーで、バックステージへのアクセスを有効にすることを許可できます。 ウェビナーのホストと他のパネリストは、出席者からは見えず音も聞こえないバックステージ領域と、出席者が見て音を聞くことができるメインステージの間を移動できます。 バックステージのパネリストは、メインステージを視聴することができ、プレゼンテーションを確認し、再参加するタイミングを知ることができます。 この機能を使用するには、バージョン 5.10.0 以降が必要であり、ホストには Zoom Events ライセンスが必要です。 この機能は、2022 年 4 月 17 日に予定されているバックエンド サーバーの更新に依存するため、現在は利用できません。
  • ユーザー機能
    • ウェビナー セッションのブランディング
      アカウント オーナーまたは管理者によって有効になっていると、ホストは、ビデオタイルの後ろに壁紙の画像をアップロードする、バーチャル背景を設定する、パネリストに名前タグを適用するなど、ウェビナー セッションの外観をカスタマイズできます。 この機能を使用して、ブランディングを表示するにはバージョン 5.10.0 以降が必要です。 それ以前のバージョンを使用して参加するパネリストは、バーチャル背景や名前タグにアクセスできません。
    • ブレイクアウト ルームの割り当てを保存して定期的な会議をスケジュールする
      ホストは、Zoom Meetings 中にブレイクアウト ルームの構成と参加者の割り当てを保存するときに、ウェブポータルで定期的なミーティングをスケジュールするときに使用する保存済みのブレイクアウト ルームの割り当てを選択できます。 保存できる構成はアカウント / ユーザーごとに 10 個までに制限されています。
    • すべてのプラットフォームで Apple ID でサインインするためのサポート
      ユーザーは、Zoom デスクトップ クライアント、モバイルアプリ、およびウェブポータルで Apple ID を使用してサインインできます。 この設定はデフォルトで有効になっていますが、アカウント オーナーと管理者は、[ユーザーが Apple ID でサインインすることを許可] 設定を無効にして、ユーザがこの方法でサインインできないようにすることができます。
  • 統合機能
    • サードパーティのクラウド ストレージ サービス(SharePoint および Box)のサポート
      アカウント オーナーと管理者は、新しく作成されたチャンネルのデフォルトのファイル ストレージ オプションとして SharePoint または Box を選択できます。 この設定は、アカウント レベルで使用できます。 この機能を利用するには、バージョン 5.10.0 以降が必要になり、Zoom が有効にする必要があります。
  • 開発者向け機能
    • 使用状況レポートにクラウド レコーディングを追加
      クラウド レコーディング プランの Video SDK アカウントの場合、クラウド レコーディング メトリクスは [使用状況レポート] で確認でき、ホストによるクラウド ストレージの使用状況に関する詳細情報を表示できます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • シングル サインオン(SSO)方式を無効にしようとする複数のログイン方式を持つアカウントに対して、誤った警告が表示されるという問題を解決しました
  • ウェビナーのフォローアップ メールにカスタム テキストが表示されない問題を解決しました

PWA のリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • ミーティングとウェビナーの機能
    • 十分なハードウェアを備えたデバイスのバーチャル背景のサポート
      十分な CPU コアを持つデバイス上のユーザーに対しては、現在のマスク機能の代わりに、バーチャル背景を有効にすることができます。 少なくとも 4 つの論理コア(4 つの実コアまたは 4 つのスレッドを持つ 2 つのコアを含む)を持つデバイスでのみ使用できます。 これにより、低電力のデバイスでパフォーマンスの問題が発生する可能性があり、ユーザーは以前のマスク機能に簡単に切り替えることができます。
    • オーディオ / ビデオの統計
      ミーティングに接続すると、ウェブ クライアント ユーザーは、待機時間、ジッター、パケット損失、1 秒あたりのフレーム数、ビットレートなどのミーティングの統計を表示できます。
  • ミーティング機能
    • 待機室の参加者の名前を変更する
      ホストおよび共同ホストは、ミーティングに入る前に待機室のミーティング参加者の名前を変更できます。 参加者リストの待機室セクションで、参加者の名前の [...] メニューに、その参加者の名前を変更するオプションが表示されます。 参加者には、この変更が通知されます。
    • 今後の使用のためにブレイクアウト ルームの割り当てを保存する
      ブレイクアウト ルームが作成されると、ホストは現在の構成と参加者の割り当てを保存でき、今後のセッションで使用できます。 これは定期的なミーティングでのみ使用でき、保存できる構成はユーザーごとに 10 個までに制限されています。
    • ブレイクアウト ルームを自動的に割り当てるときに共同ホストを含めるオプション
      ブレイクアウト ルームを作成し、参加者を自動的に割り当てることを選択した場合、共同ホストは自動的には割り当てに含まれませんが、ホストは含めるかどうかを選択できます。
  • ウェビナーの機能
    • ウェビナー セッション ブランディング
      ホストは、ビデオタイルの後ろに壁紙を追加し、すべてのパネリストに共通のバーチャル背景を設定し、各パネリストに名前タグを付けるなど、ウェビナー内の体験の外観をカスタマイズできます。
    • ウェビナー出席者のリアクション
      ウェビナーの出席者は、ミーティングでのリアクションのようなリアクションを使用できます。 送信されたリアクションのストリームは、メインのウェビナー ウィンドウの右下隅に表示され、ホスト、パネリスト、出席者に表示されます。 これは、ウェビナー内の、およびアカウント、グループ、ユーザーレベルの設定でコントロールできます。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • ミーティングに再参加する際に待機室にバイパスされる問題を解決しました

Zoom Phone のリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • 管理者機能
    • グループ管理ポリシー
      アカウント オーナーと管理者は、グループ管理を使用して、グループレベルで Zoom Phone のポリシーを設定できます。 ウェブポータルの [電話システム管理] の下にある特定のポリシー設定は、[ユーザー管理] > [グループ] > [Zoom Phone] タブにも表示されます。 これにより、ポリシー設定をよりきめ細かく制御できます。 通常、サイトは場所(サンノゼサイトなど)を反映し、グループは組織(会計グループなど)を反映します。 Zoom Phone グループ管理ポリシーを使用すると、Zoom Phone ユーザーは複数のサイトに属することができますが、グループレベルで設定されたポリシーを継承できます。 これは、スタンドアロン アカウントでは使用できません。 アカウント オーナーと管理者は、グループまたはサイトレベルで、アカウントのポリシー設定をロックすることもできます。 この機能では、ポリシー設定の既存の構成は変更されません。
      重要: この機能は 3 月 20 日に表示され、3 月 27 日までに展開が完了します。 3 月 27 日まで待って、グループレベルの Zoom Phone ポリシーを有効にすることをお勧めします。
    • 論理削除機能の強化
      論理削除が有効になっている場合、アカウント オーナーと管理者は、事前に定義された期間が経過すると、論理削除を行ったユーザーを完全に削除できます。 完全に削除されると、通話プランと番号はユーザーから削除されます。
    • ロール管理の強化
      Zoom Phone のロール管理について、アカウント オーナーと管理者の体験を向上させるために、いくつかの機能が強化されています。
      • 新しいコンプライアンス管理者のデフォルトのロールを Zoom Phone ユーザーに割り当てることができます。 この新しいロールは、通話履歴、レコーディング、ボイスメール、および SMS にアクセスして管理できます。
      • ロールにメンバーを追加するときに、既存のメンバーリストを別のロールからコピーできます。 また、ターゲット タイプが一致する場合は、関連するターゲットをコピーすることもできます。
      • アクセス権を持つボイスメール受信トレイを表示すると、個人用ボイスメール ページではなく [ログ] ページでボイスメールを表示できます。
    • ユーザー、自動受付、コールキューのテンプレートを作成する
      アカウント オーナーと管理者は、テンプレートを使用して、ユーザー、自動受付、コールキューを簡単に作成できます。 モジュラー構成が営業時間でサポートされるようになり、ターゲットに営業時間のみを適用するようになりました。 テンプレートは、サイトレベルに加えて、アカウント レベルでも作成できます。
    • ユーザー機能エンタイトルメント レポート
      アカウント オーナーと管理者は、アカウントの Zoom Phone ユーザーに対して有効になっている機能を表示および追跡できます。 たとえば、通話レコーディングが有効になっているユーザーを表示できます。
    • リアルタイム分析と履歴レポートの機能強化
      分析とレポートについて、体験を向上させ、新しいメトリックを追加するために、いくつかの機能強化があります。
      • リアルタイム分析で、不在着信の名称がオーバーフロー通話に変更されました。 アカウント オーナーと管理者は、営業時間内にオーバーフローした通話と営業時間外にオーバーフローした通話のメトリックを表示することもできます。
      • コールキューのリアルタイム分析履歴レポートを、部門とコストセンター別(これらが構成されている場合)にフィルター処理します。
    • コールログの機能強化
      次の詳細がコール履歴ログに表示されます。
      • 三者間通話に 3 番目に参加した人物。
      • 通話がコールキューから PSTN の宛先に転送されるときの、コールキューが関連付けられたサイト。
      • 通話をコールキューにルーティングした、関連付けられた自動受付。
    • 通話使用状況レポートの UI の機能強化
      通話に他のエージェントが応答した場合、これは新しい [他のエージェントによる応答] 列に記録されます。 以前は、これらは不在着信メトリックに含まれていました。
    • 未応答の通話への通話処理設定
      アカウント オーナーと管理者は、通話が他の内線番号にルーティングされ、それでも応答されない場合、発信者が通話先にボイスメールを残すことを許可できます。
    • コールキューの「グループ ローテーション」着信呼分配モード
      アカウント オーナーと管理者は、着信呼び出しを同時に鳴らしてローテーションし、より大きなコールキューの対応可能なすべてのメンバーに通話を公平に分散するように、コールキューを構成できます。 テクニカル サポートに連絡して、この機能を有効にしてください。
    • オーディオ インターコム
      アカウント オーナーと管理者は、ハンズフリーのピアツーピア会話を可能にするオーディオ インターコムを設定できます。 インターコム コールが受信されると、電話はユーザーに着信インターコム コールを通知し、自動的にそのインターコム コールに応答します。 一般的なユースケースとして、パークした通話のアナウンスやエリア内の訪問者への通知などがあります。 デスクトップ クライアント(5.9.3 以降)と固定電話のみがインターコム コールを受信できます。
  • デバイス
    • ファームウェアのアップグレード
      次の Poly デバイスは、ファームウェアのアップグレードを受け取ります。 デバイスは自動的に再起動してファームウェアがアップグレードされます。
      • Poly OBi302(3.2.5.8732)
      • Poly OBi508(4.0.5.7707)
      • Poly Rove B2/B4/30/40(8.0.2、Build: 0003)
      • Poly VVX101/VVX150/VVX201/VVX250/VVX301/VVX311/VVX350/VVX401/VVX411/VVX450/VVX501/VVX601(6.4.2.3176)
    • 認定デバイス
      Zoom Phone は、次のデバイスをサポートしています。 アカウント オーナーと管理者は、プロビジョニング プロセスの一環として、Zoom ウェブポータルに以下の電話を追加できます。
      • AudioCodes RX50 Conference Phone
      • Poly OBI 300 ATA
      • Poly OBI504 ATA
      • Cisco マルチ プラットフォーム デバイス:
        • CP-6821-3PCC-K9
        • CP-6851-3PCC-K9
        • CP-6861-3PCC-K9
        • CP-6871-3PCC-K9
        • CP-7861-3PCC-K9
        • CP-8811-3PCC-K9
    • Cisco IP 電話キー拡張モジュールのサポート
      Zoom Phone は、Cisco IP 電話キー拡張モジュール(CP-8800-A-KEM-3PC および CP-68KEM-3PCC)をサポートしており、これらの認定 Cisco IP 電話(6851、8851、および 8861)の機能を拡張します。 拡張モジュールには、BLF、短縮ダイヤル、およびコールパーク取得用の追加のキーが用意されています。
    • Zoom デスクトップ クライアントからの固定電話の通話制御
      ユーザーは、Zoom デスクトップ クライアントから、通話の発信や応答など、固定電話の通話制御アクションを実行できます。 また、どの IP 電話を通話制御に使用するかを簡単に選択 / 選択解除することもできます。 この機能を使用するためには、バージョン 5.8.0 以降のクライアントが必要であり、また特定の Poly および Yealink の固定電話でサポートされています。
    • Yealink のコール モニタリングへの変更
      Yealink デバイスをサポートし、コール モニタリング グループに属している Zoom Phone ユーザは、コール モニタリング ロール(エグゼクティブまたはアシスタント)に関係なく、すべてのコール モニタリング機能(リスニング、ウィスパー、割り込み、引き継ぎ、カンファレンス割り込み)を使用できます。
    • コールパークのシーケンシャル キー割り当てまたはランダム キー割り当て
      アカウント オーナーと管理者は、Zoom Phone ユーザーの固定電話の BLF(ビジー ランプ フィールド)キーにパークされた通話を割り当てる方法を選択できます。 シーケンシャル割り当ては、次に応答可能な BLF キーでコールをパークします。 ランダム割り当ては、ランダムに選択された BLF キーでコールをパークします。 ユーザが固定電話機でコール パーク BLF キーを使用する場合は、キー割り当てをシーケンシャルに設定する必要があります。
    • 通話ピックアップ グループのダイレクト コール ピックアップ
      アカウント オーナーと管理者は、通話ピックアップ グループに対してダイレクト コール ピックアップ オプションを有効にできます。 これにより、グループ メンバーは、関連する BLF キーを押すことによって、別のメンバーの呼び出しに応答できます。 無効の場合は、グループ メンバーは DTMF コード(*97)を押してから別のメンバーの内線番号を押すことで、グループ ピックアップ コールに応答します。 これは、Poly VVX、Yealink、および AudioCodes の固定電話でサポートされています。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正

Outlook アドインのリリースノート

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正

クラウド ルームコネクタ(CRC)のリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • Zoom Webinars 練習セッションのサポート
    パネリストとしてウェビナーに参加する SIP/H.323 デバイスは、ウェビナーの練習セッションに参加し、ホストや他のパネリストと対話できるようになりました。 
  • 認証プロフィールを使用するミーティングやウェビナーへの参加のサポートSIP/H.323 デバイスは、代理参加機能を使用して、認証プロフィールを利用するミーティングやウェビナーに参加できるようになりました。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • ビデオが共有コンテンツ チャンネル経由で送信されていた問題を解決しました。
  • ミーティング参加のスプラッシュ画面で音量が変動する問題を解決しました。
  • Pexip クラウド サービサーを介して接続しているユーザーが 720p ではなく 360p の解像度で受信するという問題を解決しました。
  • Zoom Meetings に断続的にノイズが聞こえる問題を解決しました。
  • Huawei デバイスが H.323 プロトコルを介して画面共有コンテンツを受信できないという問題を解決しました。

機能強化した SIP/H.323 用 Zoom コネクタのリリースノート

新機能と既存機能の強化

  • デバイス ファームウェアが古いという通知
    デバイスのファームウェアが複数バージョン遅れている場合、管理者はウェブポータルでデバイスを表示するときにファームウェアを更新するように求められます。
  • プロビジョニングされたデバイスのアカウント レベルの設定拡張
    Zoom Connector を使用してプロビジョニングされたデバイスの設定を、アカウント レベルで管理できるようになりました。 これは、デバイスレベルではなく、複数のデバイスに対する構成の変更を同時に行えるようにするためです。

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティ強化
  • 新しいバージョンの Zoom Connector を展開した後、Zoom Connector がオフラインとして表示される問題を解決しました。

Cisco/Polycom 用 Zoom コネクタのリリースノート

解決済みの問題

  • マイナーなバグ修正

Zoom コミュニティ

Zoom コミュニティの 100,000 人のメンバーの一員になってください! Zoom アカウントの認証情報でログインして、コラボレーションを始めましょう。